三鷹駅南口 (武蔵野市、吉祥寺)、とある税理士事務所職員の日常
FC2ブログ

光が丘美術館で

2019年06月20日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

東京都練馬区の光が丘にある光が丘美術館は
世界に12台しかないベーゼンドルファー社の
1000年祭モデルのグランドピアノをオーナーが
所有していることで一部で有名ですけれども、
そのベ-ゼンドルファーを多くの音楽家に
使ってもらおうということで定期的に
様々な音楽イベントが開かれていもいます。

16日の日曜日、そんな音楽イベントの1つとして
ソプラノの高橋薫子とメゾソプラノの但馬由香の
コンサートが行われたのを聴いてきました。

いわゆるサロンコンサート的なものになりますが、
古い蔵を改装した美術館という舞台効果もあり、
また、すぐ目の前で歌われることもあってか、
なかなか独特の雰囲気を楽しめる時間でした。

大ホールでのコンサートや、劇場でのオペラも
もちろんいいのですけれども、今回のような
演者と観客との距離が非常に近くて
こじんまりとしたコンサートというのも
なかなかに堪らないものがありますから、
機会を見つけてまた行ってみたいものです。



カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ 2019 の勝者は

2019年06月18日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

7月のツール・ド・フランスの前哨戦の1つである
クリテリム・ドゥ・ドーフィネの2019年大会が
16日の日曜日に全日程を終了しました。

ここで「無事に」修了と言えないのは、今大会が
悪天候続きなど色々と厳しいコンディション
だったということも大きな理由ではありますが、
なにより、本番であるツールでチームイネオスの
エースとして総合優勝を狙うはずだった
クリス・フルームの負傷リタイアが痛い出来事です。

それも、レース中に発生したできごとではなくて、
個人タイムトライアルの当日にコースを試走して
ダウンヒルで落車しての大腿骨骨折というのは、
起こり得るアクシデントとしては最悪の部類でしょう。

選手生命に関わりかねない場所の骨折ですし、
フルームの年齢も考えればこれで引退となっても
おかしくないかもしれないのが、嫌なところです。

そんな大事件もあった今年のドーフィネにおいて
最終表彰で総合優勝のジャージを纏ったのは
アスタナのヤコブ・フグルサングでしたが、
他の選手もツールに向けてそれなりにきちんと
コンディションを上げてきていると分かるレースでした。

個人的には、ドゥクーニンク・クイックステップの
ジュリアン・アラフィリップが積極的に狙ってきた
山岳賞ジャージを獲得したのが注目事項です。

アラフィリップは昨年のツールにおいて初めて
山岳賞を獲得しましたが、今年も狙うのかな……


公式サイトはこちらから

カテゴリ : 自転車レース
テーマ : 自転車ロードレース ジャンル : スポーツ

梅雨といえば、これですよね

2019年06月15日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

関東に梅雨入り宣言が出たのは7日でしたから
もう1週間が経過したことになるわけですけれども、
梅雨とえいばと言われて一般的に想像するような
シトシトと降りつづける日は今のところありませんね。

そう思って振り返ると、ここのところ毎年のように
梅雨らしくない梅雨が続いているような気がしてきて、
それも気候変動の表れなのかと思ったりもします。

それでゲリラ豪雨や局地的集中豪雨があることが
いかにも当たり前で通常のことであるような
気象状況になってしまうようでは困りますけれど、
私がそれに対して何かできるのだろうかと考えると、
残念ながら特に思い浮かぶことはありません。

ワールドワイドな自然現象に個人は無力ですね。

もちろん、こういった気候変動に人間の活動が
及ぼしてきたであろう影響の事を思えば、
全く無関係で責任の無いことでもないのでしょうが。

そんなことを考えつつ、梅雨の合間の晴れの日に
ちょっと税務署まで歩いていた道すがらに、
三鷹駅前の玉川上水のところで下の写真のように
紫陽花が綺麗に咲いているのを見かけました。

こういうのを見ると、ああ、確かに今は梅雨なんだな、
と季節の事を改めて実感させられるものですね。

玉川上水の紫陽花

カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

スンガリー 新宿東口本店

2019年06月12日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

以前から一度行ってみたいと思っていた
新宿にあるロシア料理の名店スンガリーの
新宿東口本店に少し前に友人と行ってきました。

会の趣旨としては彼のお祝いになるのですが、
どういうお祝いなのかは個人情報にもなるので
さておくとして、どちらかというとそれにかこつけて
私が行きたいと思っていた店に誘った形です。

もちろん、美味しい料理を出す店であることや
雰囲気も素晴らしくて、かつカジュアルな服装で
大丈夫であることと値段も高くないということ、
それが一番大事なことであるのに間違いはなく、
その点でスンガリーは私の大のお薦めなのです。

以前に西口店(今は移転して新宿三丁目店)には
何回か行ったことがあるのですけれども、
本店については今回が初めての訪問であり、
個人的にも凄く楽しみにしていました。

実際に食べた料理の一部が下の写真ですが、
今回も安定した美味しさを味わえました。

「東口本店」の場所は西武新宿駅の横、
どちらかというと「西武新宿本店」と呼んでも
いいのではないかという場所にあります。

是非、一度行ってみて欲しい店の1つです。


カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

「零號琴」

2019年06月09日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

以前から読みたかった飛浩隆の「零號琴」を読了。

昨年秋に発売されてからあちこちで話題になっており
どこかで読まなければなるまいと感じていたのですが、
実際に読んでみると、確かに凄いですね、これは。

人物名やガジェット名等の独特の命名センスが
作品に浮世離れしたような酩酊感を生んでおり、
頭がクラクラくるような、めくるめくイメージの奔流に
満ち満ちている本作は、ひとたび、それに呑まれ
流されるままにページをめくりだすと止まれません。

まさしく、読み進めることを止められなくなる、
そんな麻薬的な力も有している作品と言えます。

それは全て、飛浩隆という一個人の脳から生じた
イマジネーションの為したことになるわけですが、
何をどうすればこのような物語が思い浮かぶのか、
率直に申し上げて、驚愕するしかありません。

奔放なイメージを物語に投入してみせるだけなら
実はそこまで難しくないかもしれませんけれど、
異質で異様な要素を無意味に放り込んで
物語をカオスに堕としこむのではなくてきちんと
整合性や必然性を持ってまとめるのは難しいでしょう。

この奔流に流される楽しさを存分に味わえるのは、
本作が小説という媒体を採っているからでしょう。

これがマンガであったり、実写などであったり、
とにかく何らかの「映像」を伴う媒体だったならば
半ば強制的に与えられてしまう「画」によって
受け手側の自由な想像を巡らせることが
阻害されてしまっていただろうと思います。

もちろん、作者側と読者側でのイメージの共有を
ヴィジュアルで成すことにも意味はあるでしょう。

ただ本作の場合、それはむしろ逆に働きそうです。

「零號琴」は独特な言語感覚で綴られる文字を
読むことから浮かび上がってくるイメージを、
自分の脳内で自由に膨らませるところにこそ、
読書の快感があると思える作品ではないでしょうか。




カテゴリ : 読書
テーマ : 読んだ本の感想等 ジャンル : 小説・文学

事務所のHPはこちらから
プロフィール

管理者:tap

武蔵野市吉祥寺にある税理士事務所、宮内会計事務所に勤める税理士の卵のブログです。
仕事やプライベートを通じて思ったことなどを綴っています。


[ tapのプロフへ ]
税法・会計etc. 過去ログ倉庫

過去に書いてきたエントリの内、税法や会計などに関する話題で特に大事だろうと思うものを抜粋して別途掲載している、部分的ミラーサイトのような別ブログです。

最近投稿した記事

  全タイトルを表示
月別アーカイブ
カレンダー
ブログ内検索
カテゴリ一覧
リンク

響金太郎のラジオブログ
「ジバ☆ラジ」

高校時代からの付き合いで、今は九州博多で演劇の夢を追う友人、響金太郎のブログ。
わざわざ言わなくてもそれくらい分かるよ、と言われるかもしれませんが、芸名です。
どこかで見かけたら、応援してあげてください。


私の尊敬する経営者の一人、㈱AGTの社長が書かれているブログです。
写真もふんだんに使われていますし、見て楽しく、読んで楽しいブログだと思います。
私も、いつかこんなジュエリーを誰かに贈る日が来るのでしょうか……?



国税庁

税務行政に関する企画・立案。国税局・税務署の指導監督省庁です。


国税庁タックスアンサー

各種税金の仕組みや届出書、様式の説明、用語解説や各地の税務相談室の案内を記した国税庁サイト内のコーナーです。キーワード検索もできます。


内閣府

Topページの下部に、政府税制調査会のページへのリンクがあります。そこに掲載されている議事録などから、今後の税制改正の動向を知ることができます。


国税不服審判所

国税に関する法律に基づく処分に係る審査請求について裁決を行い、納税者の正当な権利利益の救済を図る機関です。ネット上で判例集が利用できます。



宮内会計事務所

吉祥寺にある税理士事務所。私の勤務先です。

(別サイト)

上記勤務先の、新規起業者向けの特別サイトです。



最新のトラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク
Ranking
QRコード
QR
管理者
  • 管理画面