三鷹駅南口 (武蔵野市、吉祥寺)、とある税理士事務所職員の日常
FC2ブログ

アークティック・レース・オブ・ノルウェー2019

2019年08月21日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

ノルウェーで行われており、今年で7回目となる
アークティック・レース・オブ・ノルウェーが
今年も開催され、いつものように J-Sports が
その全4日の日程を生中継してくれました。

カテゴリーが2.HCなのでこのレースには
トップカテゴリーではないチームや選手も
多く出場していて、これまで目にしなかった
名前等も出てきているのですけれども、
それは逆に、こういうレースの中継を
見る際の楽しみでもあると言えます。

そんなレースは初日に31名という人数の
大逃げが決まって総合争いを早くも決定づけ、
注目の若手選手であるコレンドン・サーカスの
マチュー・ファンデルポールが勝利しました。

そのファンデンポールは第3ステージの
山頂ゴール争いで事前予想通りに脱落し、
アルケア・アムシックの現フランスチャンピオン、
ワレン・バルギルが2位とわずか3秒差で
総合首位の座を手にして最終ステージへ。

結局、この秒差の争いを中間スプリントや
ゴールラインのボーナスポイントによって
ひっくり返すことに成功したアスタナの
アレクセイ・ルツェンコが1秒差という
僅差で総合首位を逆転獲得しました。

第1ステージが始まる前に想像していたより
ずっと面白かったレースになったのは、
やはり、この秒差の争いがあったからでしょう。

来年も同じように熱い大会になることを
是非とも期待したいなと思っています。


公式サイトはこちらから

カテゴリ : 自転車レース
テーマ : 自転車ロードレース ジャンル : スポーツ

渋谷で、YAPOOS

2019年08月19日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

私がここで紹介しているCDやライブの話には
かなりメジャーなものも存在する一方で
マニアックで知名度の低いものも多いです。

もちろん、自分自身では素晴らしい音楽だと
思うからCDを購入しライブに行くのですが、
ここをお読みの方がそれに同意するかどうかは
当然ですけれども未知数の話になります。

そんな中でも、今回ライブに行ったと報告する
YAPOOS(ヤプーズ)というグループは
マニアックであることのある方向での極致。

バンド名の由来が沼正三の「家畜人ヤプー」
であるということから分かるかもしれませんが、
このバンドの音楽はかなり刺激的なものであり、
その意味で、お勧めとは言い難かったりします。

音楽ジャンルとしてはテクノ・ニューウェーブで、
ボーカルの戸川純を中心に結成されて、
休止期間や幾度かのメンバーチェンジを経て
今でも活動を続けているそのYAPOOSの
先週末に渋谷で行われたライブに行ってきました。

中学生の頃からのファンであるバンドですが、
実はライブに参加したのは今回が初めて。

それは、戸川純が様々な事情から現在は
ベストコンディションとは言い難いことだったり、
TVの音楽番組で流れていたPV等で観ていた
昔の姿があんまり印象に強く残っていることから
それを大事にしたいという気持ちが強かったから。

しかし今回のライブはYAPOOS名義での
かなり久しぶりのものであると同時に
戸川純40周年のメモリアルなものであって
ライブレコーディングもされるということであり、
それならばさすがに熱心なファンの1人として
参加しないわけにはいかないですよね。

そうして出かけた渋谷CLUB QUATTRO。

ファンであるが故の補正、思い入れ補正が
かかっているのは否定できないところですが、
率直に言って、かなり良かったです、ライブ。

YAPOOSの音楽はさすがにマニアック過ぎるので、
普通の人にはお勧めはしていませんけれど……


カテゴリ : ライブ・CD
テーマ : 音楽のある生活 ジャンル : 音楽

文明開化の近代化遺産

2019年08月16日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

今週は大型台風が襲来していますけれども、
猛暑、酷暑という言葉に聞き飽きてしまうくらいに
今年は蒸し暑くてたまらない夏が続いています。

皆さまは熱中症にならずに過ごせていますか。

おそらく来年もこんな感じの夏になるのでしょうし、
そんな中でオリンピックをやってしまうというのも
本当に大丈夫だと言えるのか不安になりますし、
国の威信がかかった外国選手が無理をして
熱中症で亡くなったりしなければいいけれどと、
それがすごく心配になってきてしまいます。

そんなことを書いておきながらアレなのですが、
先日、よく晴れた空を見てふと思い立ったので
横浜にある根岸森林公園に行ってきました。

目的は、日本初の洋式競馬場だったこの地に
残されている「旧根岸競馬場一等馬見所」。

近代化遺産にも指定されているこの建物、
なかなかに趣のある格好良いものなのですが、
戦後は米軍に接収されていたりもしたのが
返還されてからもそのまま放置されているので、
内部を見学したりすることはできません。

しかし、ここに関してはむしろ変に修理せず
朽ちるに任せて放置されている現状の方が
いい味が出ていているような気もします。

周囲が芝生の公園になっているのが、
また、実にいい感じなんですよね。

この日はJRの根岸駅から徒歩で
崖の上の森林公園まで向かって
写真の競馬場跡を見物した後に、
山手の洋館街、港の見える丘公園、
そして山下公園と歩いて回りました。

途中でコンビニに立ち寄ったりしながら
計4本のペットボトルを空けたのに、
1回もトイレには行きませんでした。

つまり、歩きながら摂取した水分は全部、
汗として流れてしまったわけです。

いやあ、さすがに疲れました。



カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

消費税法改正について その6

2019年08月13日  
国税庁ホームページJR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

いよいよ目前に迫ってきている
消費税率の10%への改正ですが、
これまではそれに伴って
請求書の書式が変わることや
仕入税額控除についての変更点を
5回に分けて説明してきました。

今回は、少し視点を変えて、改正により
一般消費者の税負担が増加して
消費が冷え込むことへの対策と同時に
キャッシュレス決済を推進せんとする
「消費税還元事業」の話をしたいと思います。

既にご存知の方も多い事と思いますが、
これは、対象となる中小・小規模事業者の
店舗等(ECサイト含む)で買い物をして
キャッシュレスで決済をした消費者には
購入金額の5%(FC等の場合は2%)を
ポイントの形で還元するという制度です。

増税により負担が増えるところを
ポイントを付与することで軽減し、
キャッシュレス決済の普及も
推進しようという狙いがあります。

対象となる中小・小規模事業者は業種により
資本金又は出資金の総額と従業員数で
制限がかかることになっていますけれども、
さらに、課税所得が15億円以下という
こともその要件の1つとなっています。

還元の対象となるキャッシュレス決済は
クレジットカードやQRコード決済、
電子マネーの利用などになります。

一般的なものは対象になっていますけれど、
自分が普段使っているものが対象に
なっているかどうかについて事前に一応
確認しておいた方がいいかもしれませんね。

ポイントの還元は決済事業者が行いますし
決済事業者には国から補助金が出るので、
民間の側には基本的に費用負担はありません。

しかし、中小・小規模事業者がこれを機に
キャッシュレス決済を導入しようとすると
インバウンドの外国人観光客を始めとした
新たな顧客獲得を期待できると同時に、
決済手数料が発生する等のデメリットも
新たに発生することになりますから、
慎重に検討する必要があるでしょう。

一方で、キャッシュレス決済に必要となる
端末を購入する為の費用の援助であったり、
還元期間中の決済手数料の一部免除といった、
導入企業に対する施策も講じられています。

このポイント還元事業へ参加する為の手続や、
ここでは書き切れなかった細かい話については
経済産業省の専用サイトをご覧になったり、
リーフレットを見たり、税理士等の専門家に
ご相談いただくのがいいのではないでしょうか。

カテゴリ : 税金・税法
テーマ : 税金 ジャンル : 政治・経済

「ヒト夜の永い夢」

2019年08月11日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

あちこちで作者の最高傑作ではないかと言われ、
読んでみて実際その通りだなと私も思ったのが、
今年の4月に出た柴田勝家の「ヒト夜の永い夢」。

彼の著作は単行本・文庫になっているものは
これまでに一通りを読んできているのですが、
ジャンル的に昭和伝奇SFといえる本作は
過去の作品に感じてきた物足りなさもなく、
かなり厚めの文庫を最初から最後まで
一気に読み切らせる面白さがありました。

ちょっと粗筋を紹介してみましょう。

昭和2年。稀代の博物学者である南方熊楠のもとへ、超心理学者の福来友吉が訪れる。福来の誘いで学者たちの秘密団体「昭和考幽学会」へと加わった熊楠は、そこで新天皇即位の記念行事のため思考する自動人形を作ることに。粘菌コンピュータにより完成したその少女は天皇機関と名付けられるが―時代を築いた名士たちの知と因果が二・二六の帝都大混乱へと導かれていく、夢と現実の交わる日本を描いた一大昭和伝奇ロマン。


本作は一部で「昭和やべえ奴大集合」だと
言われたりもしているらしいのですけれど、
登場する実在人物たちのキャラが濃くて、
クラクラしそうになりつつ読了しました。

物語は、大きく2部に分かれてる構成です。

まず第一部は、熊楠が「昭和考幽学会」に
誘われて天皇機関の完成に協力し、
昭和天皇にそれをお披露目しようとするまで。

第二部は、お披露目が意図せぬ結果に
終わってしまった後に、天皇機関を巡って
様々な人々の思惑が錯綜していって
陰謀・野望が渦巻いていく様を描いています。

そして550ページを超える物語のヤマ場は
昭和史に残る一大事件となっています。

最後に熊楠の前に立ちはだかるのは、北一輝。

これをさながら南北対決と評した紹介記事も
あったというのはさすがに余談ですけれども、
天皇機関は、そして熊楠達はどうなってしまうのか、
それは、是非ともこれから本作を読むことで、
ご自身の眼で確認してもらいたいところです。

面白い作品だということは、保証いたします。

こうなると、帝都を舞台にして実在の人物が
活躍する伝奇モノ繋がりということで、
以前から一度読んでみようかと思いつつ
保留にしてきてしまっていた荒俣宏の
「帝都物語」も読まなければなりませんね。



カテゴリ : 読書
テーマ : 読んだ本の感想等 ジャンル : 小説・文学

事務所のHPはこちらから
プロフィール

管理者:tap

武蔵野市吉祥寺にある税理士事務所、宮内会計事務所に勤める税理士の卵のブログです。
仕事やプライベートを通じて思ったことなどを綴っています。


[ tapのプロフへ ]
税法・会計etc. 過去ログ倉庫

過去に書いてきたエントリの内、税法や会計などに関する話題で特に大事だろうと思うものを抜粋して別途掲載している、部分的ミラーサイトのような別ブログです。

最近投稿した記事

  全タイトルを表示
月別アーカイブ
カレンダー
ブログ内検索
カテゴリ一覧
リンク

響金太郎のラジオブログ
「ジバ☆ラジ」

高校時代からの付き合いで、今は九州博多で演劇の夢を追う友人、響金太郎のブログ。
わざわざ言わなくてもそれくらい分かるよ、と言われるかもしれませんが、芸名です。
どこかで見かけたら、応援してあげてください。


私の尊敬する経営者の一人、㈱AGTの社長が書かれているブログです。
写真もふんだんに使われていますし、見て楽しく、読んで楽しいブログだと思います。
私も、いつかこんなジュエリーを誰かに贈る日が来るのでしょうか……?



国税庁

税務行政に関する企画・立案。国税局・税務署の指導監督省庁です。


国税庁タックスアンサー

各種税金の仕組みや届出書、様式の説明、用語解説や各地の税務相談室の案内を記した国税庁サイト内のコーナーです。キーワード検索もできます。


内閣府

Topページの下部に、政府税制調査会のページへのリンクがあります。そこに掲載されている議事録などから、今後の税制改正の動向を知ることができます。


国税不服審判所

国税に関する法律に基づく処分に係る審査請求について裁決を行い、納税者の正当な権利利益の救済を図る機関です。ネット上で判例集が利用できます。



宮内会計事務所

吉祥寺にある税理士事務所。私の勤務先です。

(別サイト)

上記勤務先の、新規起業者向けの特別サイトです。



最新のトラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク
Ranking
QRコード
QR
管理者
  • 管理画面