武蔵野市(三鷹市)吉祥寺、とある税理士事務所職員の日常

ブエルタ・ア・エスパーニャ 2016、途中経過

2016年08月28日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

スペイン1週のブエルタ・ア・エスパーニャは
現時点で全3週間の日程のうちの約1/3が
大体終わったというところになります。

ブエルタといえば山岳、というのが特徴で、
今年も全21ステージのうちの10ステージが
コースの最後に登りがある山頂ゴールという、
スプリンターのことなどまるで考えていない
かなり偏ったコース設定となっています。

ですのでこの第1週目から厳しいステージが
いくつも登場してくるというキツいレースは、
毎度のこととはいえかなり刺激的。

実は今回は初日のチームタイムトライアルと
続く第2ステージとで優勝候補である
ティンコフのアルベルト・コンタドールが
大きくタイムを失うという展開から始まりました。

もちろん前述のように山が多いレースだけに
今後それを挽回して行く可能性は
まだまだ残されているのは確かなことです。

とはいえ、ライバル達だってあっさりと簡単に
それを許してくれるわけがありません。

率直に、かなり大きなマイナスと言えるでしょう。

第7ステージではスプリンターによる
ゴールスプリントの開始直前に起きた落車で、
身体を打ち付けてしまっていましたし、
その影響がどれくらい出ているかも心配です。

一方でここまで好調さを見せているのは
モヴィスターのナイロ・キンタナや
チームスカイのクリストファー・フルーム。

キンタナのチームメイトのアレハンドロ・バルベルデや
オリカ・バイクエクスチェンジのエステバン・チャベスも
いまのところ悪く無い走りを見せています。

第8ステージが終了した時点で総合首位はキンタナで、
19秒差の2位にバルベルデ、27秒差の3位がフルーム、
ちょっと開いて57秒差の4位がチャベスで、
コンタドールは1分39秒差の6位となっています。

これから先も厳しいステージが続くので、
勝負は、まだまだ分かりませんね。

なお、今大会に出場している2人の日本人選手、
トレック・セガフレードの別府史之と
ランプレ・メリダの新城幸也はどうかというと、
ひとまず順調に日程を進めていますが、
彼等も欲を言えばどこかのステージで
逃げを打ちたいと思っていることでしょうし、
その辺りはこれからに要期待、というところです。


公式サイトはこちらから

カテゴリ : 自転車レース
テーマ : 自転車ロードレース ジャンル : スポーツ

「天空の約束」

2016年08月27日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

このブログを始める前に読んだ作品なので
残念ながらここで紹介することはしていないのが
さすがにちょっと申し訳なくもあるのですが、
2012年に刊行された川端裕人の「雲の王」と
同じ世界を舞台に、そこに登場した一族に係る
別のストーリーを描いている「天空の約束」を読みました。

作者自身のブログで書かれていた宣伝文句が
作品の内容を端的に書いているかなと思うので、
それを転記させてもらうことにします。

「身の回りの空間の気候、すなわちの研究者である八雲助壱。元教え子と共に「雲の倶楽部」なる会員制のバーを訪れた彼は、不思議な小瓶を預かることに──。戦時にも遡る、空の一族の壮大な物語」


目次を見てみると本作は全9章立てになっており、
それもあって、読み始めた当初は一族を主人公にして
様々なエピソードを並べていくといったスタイルの
短編集みたいなものかなと思っていました。

ですが、ページをめくって1つ2つと
そこに紡がれているものを読み進めて行くうちに、
これはつまりエピソードが積み重ねられて行って
全体として1つの大きな物語を形成するタイプの
物語構造になっていると気が付きました。

ちなみに、前述の通り全部で9つある章の内
この作品の中核と言えるものになるのは、
6つ目のエピソードである第5章の
「分教場の子ら、空を奏でる」です。

これだけで86ページ。

本作は全266ページの作品なので、
およそ1/3を占めている計算になります。

ボリュームの点だけではなく内容的にも
この章が全体の印象、作品の傾向を決定付けている
ということからも、この章こそが「天空の約束」である、
ということも言えなくもないと感じました。

それだけ強烈な読後感のあるエピソードなのですが、
これを読む際に私の脳裏に浮かんで離れなかったのが
恩田陸の「光の帝国 -常野物語」でした。

パクリだとか二番煎じになっているとかは言いませんが、
わりと似たような題材になっているように思えます。

その分だけ、本作を読んで受けるインパクトが
薄れてしまったというのは否定でない事実であり、
それはちょっとばかり残念なことかもしれません。

本作が単体で楽しめないとは言いませんが、
「光の帝国」についてはともかくとしても
できれば事前に「雲の王」については
読んでおいた方がいいような気がします。

2015年には集英社文庫になっていますし。

 天空の約束
 (2015/9/25)
 川端 裕人
 商品詳細を見る

カテゴリ : 読書
テーマ : 読んだ本の感想等 ジャンル : 小説・文学

夏の甲子園といえば

2016年08月25日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

夏の甲子園も終わりましたね。

猛暑酷暑の中で球児たちは大変ですが、
それでも本人達はただプレーすることに懸命で
暑いからしんどいというようなことは
感じていなかったかもしれませんね。

さだまさし に「甲子園」という曲がありますが、
そこで歌われているように予選を含む全参加校の中で
1度も負けなかったチームはただ1つだけですけれど、
負けたチームも負けた回数は1回だけであり、
その一発勝負であることによる勝負の絢のようなもの、
実力が強ければ必ず勝つわけでは無いということが
この大会の魅力の1つと言っていいのでしょう。

この さだまさし の曲と同様に、私の中には、
夏の高校野球といえばコレというように
強烈に結びついて連想されるものがあります。

それが実は、崎陽軒のシウマイ弁当。

何でだ、と思われる人が多いでしょうけれども、
これには大学時代からの友人の存在が
大きくかかわっているのです。

その彼は当時写真部に所属しており、
確か神奈川新聞から、県大会が行われる
球場に行って試合の様子を撮影するという
アルバイトをしていたのですけれども、
そこで支給される弁当がいつもコレだったそう。

最近の私は仕事で疲れて料理をしたくない時など、
シウマイ弁当などを買って家に帰ることも
たまにあったりするのですが大学生当時は
地元にいながら全く食べたことがありませんでした。

それでもCMソングその他で馴染みはありましたし、
横浜名物と言えばとりあえず崎陽軒のシウマイか
有明のハーバーかというようなイメージはあったので、
そうか、やっぱりこういう時はシウマイ弁当が
鉄板なんだなと強く印象付けられたのです。

それ以来、シウマイ弁当と甲子園とは私にとって
切っても切り離せない間柄となったのでした。

というわけで、2016年の夏の甲子園が
終わったことを(何となく)記念するということで、
一昨日の夕食は崎陽軒のシウマイ弁当を
美味しくいただくことにしたのでした。



カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

「DEBUT AGAIN」

2016年08月24日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

大瀧詠一が他人に提供した楽曲について、
彼が亡くなった後に作者である自分自身で
カバーして録音していた音源が見つかり、
それ等と、ライブで演奏された音源とを
アルバムとして1枚にまとめたものが、
今年の3月に出た「DEBUT AGAIN」。

ちなみに私がこれを買おうと思ったのは、
6月の頭に町田で友人がサポートメンバーとして
出演した大瀧詠一コピーバンドのライブを聴いて、
改めて良いなあと思ったことがきっかけです。

そこで買うのがオリジナルアルバムではなくて
これだという辺りはどうなんだろうと思いますが、
小林旭の「熱き心に」とか薬師丸ひろ子の「探偵物語」、
松田聖子の「風立ちぬ」を、作者である大瀧詠一が
どう歌っているのか、大いに興味があったのです。

一般論としてこういうものを聴くような場合には
オリジナルの方を聴き込んでいればいる程に、
どうしても違和感が出てきたりもするものですよね。

ですが、この大瀧詠一バージョンについては、
それをほとんど感なかったのは面白いところ。

ただ、「探偵物語」についてはサビの部分が
もうちょっと切なく響く歌い方をしている方が、
私の個人的な好みではありますけれど。

大瀧詠一という才能を改めて確認するのに
なかなかいいアルバムだったと思います。

ちなみに私が一番好きな彼の楽曲である
「さらばシベリア鉄道」は収録されていませんが
まあ、あれは傑作アルバム「A Long Vacation」に
以前から通常収録されていますしね。

 DEBUT AGAIN
 (2016/3/21)
 大瀧 詠一
 商品詳細を見る

カテゴリ : ライブ・CD
テーマ : 音楽のある生活 ジャンル : 音楽

後部座席も義務です

2016年08月23日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

中央線沿線というのは色々と便利な環境ですし、
そこまであちこち出かけるようなことも
最近はちょっと控えめにしていたりので
愛車の運転もあまりしてはいませんでした。

しかし、試験も終わって実家に顔を出すのに
久し振りに愛車に乗って思ったことがあります。

そもそも私が車を運転する時は
同乗者なしというのがほとんどなので
これまでほとんど意識していなかったのですが、
そういえば、一般道・高速道に関わらず、
後部座席のシートベルトの着用も
義務化されているんでしたよね。

ちょっとネットを調べたら、道交法がこの点について
改正されたのは平成20年6月のことでした。

高速道での後部座席シートベルトは罰点もあるので
普段でも意識することがあったりしますけれど、
この改正で一般道でも義務化されてから
かれこれ6年以上も経っているというのに
それに対する意識が我ながら低かったかもしれません。

で、それを調べる過程でこれも知ったのですが、
後部座席も着用警報(アラーム)が義務化する方針を
国交省が固めたと7月半ばに報じられていたのですね。

運転席と助手席は今までもありましたが、
それを後部座席にも拡大する、と。

と、なると、買い物をした後などに後部座席に
重い荷物を載せたらアラームが鳴り響いた、
なんていうことにならないかが気になります。

そもそも、どういう状況がそこに生まれた時に、
搭乗者がシートベルトをしていないというように
判定するような仕組みになっているのかを調べると、
座面に一定以上の荷重がかかっていれば
そこに搭乗者がいるという判定がされて、
その上でシートベルトが金具に差し込まれてなければ
アラームが鳴るというシステムになっているようです。

となればセンサーの位置と精度が気になりますが……

とはいえ、写真のようにシートベルトをした状態で
そこに荷物を載せるようなことにしてしまえば、
それで問題は解消されるわけですから
私としてもそんなに大変だとは思っていません。

むしろ、シートベルト非着用をそのままにする方が、
単に法律に違反するかどうかだけではなくて、
安全上の問題が大きいわけですしね。


カテゴリ : ニュース
テーマ : 気になったニュース ジャンル : ニュース

事務所のHPはこちらから
プロフィール

管理者:tap

武蔵野市吉祥寺にある税理士事務所、宮内会計事務所に勤める税理士の卵のブログです。
仕事やプライベートを通じて思ったことなどを綴っています。


[ tapのプロフへ ]
税法・会計etc. 過去ログ倉庫

過去に書いてきたエントリの内、税法や会計などに関する話題で特に大事だろうと思うものを抜粋して別途掲載している、部分的ミラーサイトのような別ブログです。

最近投稿した記事

  全タイトルを表示
月別アーカイブ
カレンダー
ブログ内検索
カテゴリ一覧
リンク

響金太郎のラジオブログ
「ジバ☆ラジ」

高校時代からの付き合いで、今は九州博多で演劇の夢を追う友人、響金太郎のブログ。
わざわざ言わなくてもそれくらい分かるよ、と言われるかもしれませんが、芸名です。
どこかで見かけたら、応援してあげてください。


私の尊敬する経営者の一人、㈱AGTの社長が書かれているブログです。
写真もふんだんに使われていますし、見て楽しく、読んで楽しいブログだと思います。
私も、いつかこんなジュエリーを誰かに贈る日が来るのでしょうか……?



国税庁

税務行政に関する企画・立案。国税局・税務署の指導監督省庁です。


国税庁タックスアンサー

各種税金の仕組みや届出書、様式の説明、用語解説や各地の税務相談室の案内を記した国税庁サイト内のコーナーです。キーワード検索もできます。


内閣府

Topページの下部に、政府税制調査会のページへのリンクがあります。そこに掲載されている議事録などから、今後の税制改正の動向を知ることができます。


国税不服審判所

国税に関する法律に基づく処分に係る審査請求について裁決を行い、納税者の正当な権利利益の救済を図る機関です。ネット上で判例集が利用できます。



宮内会計事務所

吉祥寺にある税理士事務所。私の勤務先です。

(別サイト)

上記勤務先の、新規起業者向けの特別サイトです。



最新のトラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク
Ranking
QRコード
QR
管理者
  • 管理画面