三鷹駅南口 (武蔵野市、吉祥寺)、とある税理士事務所職員の日常 日記
FC2ブログ

天高く、馬肥ゆる……

2019年10月10日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

秋といえば「天高く馬肥ゆる秋」だろうということで、
手持ちの(自分が撮影した)画像ファイルの中から
いかにもな秋の空の写真を探し出してみました。

大きな書店で写真集のコーナーでも確認すれば、
日本人が本当に空の写真が好きだと分かります。

ポップス等でも、空や雲が関係する曲は多いですし。

こうなると、日本以外の国の人たちが同じように
空や雲に興味を抱いているのか、ということが
気になってきたりもするのですけれど……

空と雲、つまり天気がどうなっているかということは
農業に関わる他、狩猟にだって関係がありますから、
要するに人間の生存活動の色々なことに対して
大きく影響を及ぼすことだと言えるはずです。

そのように考えてみると、空八雲に限らず、
おそらく、多くの言語で様々な状況に応じて
名前等が使い分けられていると思うんですよね。

名前の種類の多さは、すなわちその対象に対する
興味の深さとイコールで繋げたりもするでしょう。

そうすると、それなりに多くの言葉において、
空や雲に関する表現が色々あるのではないか
という推測が成り立つことにもなるかもしれません。

その一方で、空を表す言葉の種類が極めて少ない、
例えば「晴れた空」「曇り空」「雨の空」というくらいの
区別しかないような言語も世界にはありそうで、
そういうものがどういう自然環境、社会環境の中で
成立してきた言語なのか、そういうのを調べるのも
ちょっと面白そうだなと思ったりもするわけです。

問題は、そこに割く時間が無いということですが……


カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

この、大根が良い感じなのです

2019年10月05日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

人と会う用事があって府中に行ってきたので、
昼食には、私が気に入っている蕎麦屋の
府中砂場に行って軽く蕎麦を堪能してきました。

写真は、当日注文した盛上げ蕎麦。

これは、文字通り「府中の持ちを盛り上げよう」と、
確か2010年に府中の蕎麦屋が立ち上げた
メニューであり、「もりそば」と「かきあげ」を
セットにする(すなわち「もりあげ」)という以外は
それぞれの店舗にアレンジが委ねられてるという
かなり自由度の高いものとなっています。

府中砂場の盛上げ蕎麦は写真のようなもので、
2枚のもりそばの1枚目の上に乗せられた
細切りの大根が特徴になっていると言えるでしょう。

この、大根が実にいい感じなのです。

1枚目を食べる時には蕎麦と大根を一緒に
ツユに浸して啜りこむのですけれども、
みずみずしい大根のシャキシャキした食感が
蕎麦と絶妙にマッチして素晴らしく美味しい。

そして2枚目では本来の蕎麦だけの味も
しっかりと楽しむことができるのもいいですね。

天麩羅は、青森産のゴボウのかき揚げに、
めごち、プチトマト、インゲン豆となっていて、
なかなかのボリュームで楽しませてくれます。

値段もリーズナブルですし、府中に行くことが
もしあるならば寄ってみていただきたい店です。


カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

かなり楽しんで観ています。

2019年10月03日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

先日、仕事帰りに夜の新横浜駅を通過したら
駅の構内には下に掲載した写真のように、
現在絶賛開催中のラグビーワールドカップの
垂れ幕やラッピングが施されていました。

そういえば、決勝戦は横浜で行われるんですよね。

全く問題が起きていないわけではないですけれども、
今回の大会は総じてここまで良い試合が多くて、
非常に盛り上がっているのではないでしょうか。

我らが日本代表も、ここまでの2試合は
かなり良い感じに戦えていますよね。

サモア戦、イングランド戦の結果次第では、
決勝トーナメントに進出できる可能性も
十分にあるわけですし、是非とも、
このままこの感じで戦い続けてほしいもの。

11月2日に横浜で行われる決勝戦は、
どういう対戦になるか、楽しみです。




カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

神保町「ろしあ亭」

2019年09月12日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

過去に何度かこのブログでも書いてきているので
ご存知の方も多いのではないかと思いますが、
私は昔からロシア料理のことがかなり好きです。

都内のロシア料理店もいくつか回っていて、
これまで紹介してきたのはそういった店ですが、
さすがに全てのロシア料理店を網羅している
というレベルまでは行っていません。

ですから、いつかは行ってみたいと思いつつも
まだ利用していないロシア料理店というのも
それなりの数、まだまだ存在しているのです。

今回紹介するのは、そんな未体験だった店の
1つである、「ろしあ亭」という店になります。

店の所在地は千代田区神田神保町1-13。

神保町交差点から少しだけ南に歩いて
すずらん通りに入ったすぐのところにある、
今年で創業25周年だという店です。

神保町辺りにちょうど用事があったので、
ランチタイム開始に合わせて行ってみました。

私がついたのは開店5分前くらいでしたが
既に店の前で待っている人がいましたし、
開店してすぐに席が埋まるくらいの人気です。

ランチセットは値段も手頃でいい感じ。

まずは複数のメニューを味わいたかったので、
さすがにスペシャルセットは止めておきましたが、
今回は通常セットの中では最も品数が多いと
思われるSランチを奮発してオーダーしました。

「ロシアサラダ」「壺焼きマッシュルーム・クリーム」
「ボルシチ」「ロールキャベツ」「自家製パン」に
「デザート」がついて税込みで1,400円というのは
結構リーズナブルな値段ではないでしょうか。

サラダの量が少なすぎるのは気になりましたが
それ以外の料理は普通のボリュームでしたし、
これでこの値段はお手頃だと思います。

肝心の味も良くて、なるほどこれは人気が
出るわけだなと納得させられました。

以前にここでも紹介した新宿のスンガリーで
修行した人がシェフらしいのですが、
そう言われれば、そういう味かもしれません。

私も機会を見つけてまた行ってみたいですし、
もし神保町界隈に行かれる予定がある場合は
すずらん通りに行ってこの「ろしあ亭」で
食事をして見るというのもお勧めですね。

神保町(正確には小川町ですが)にはもう1軒
有名なロシア料理店があるのですけれども、
そこもいつかは行ってみたいなと思っています。




カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

紫金飯店 原宿店

2019年09月02日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

先日、原宿方面に行く用事がありましたので、
以前から気になっていた中華料理店である
紫金飯店原宿店に行ってみることにしました。

将棋会館の棋士たちが出前を取っている
店の1つであり、藤井聡太七段の勝負飯が
話題になった時にここも取り上げられていたので
ああ、それなら聞いたことあるという人も
結構いらっしゃるのではないかと思います。

私自身はそれよりも何年も前から紫金飯店の
存在自体は把握していたのですけれども、
昼時はいつも行列ができている人気店であり、
それを観ただけで敬遠してしまっていました。

しかし今回は、意を決して入店したのです。

列に並んでいた時間も、5分ちょっとくらいで
そんなに長くかからなかったですし、
客の回転は思っていたより早いようです。

メニューをざっと見て注文したのは五目焼きそば。

シャツを汚すわけにはいかなかったので
汁物は避けるのが前提だったのもあり、
それでも麺モノが食べたかったものですから、
人気メニューの1つというこれを頼みました。

この店ならでは、というほどまででは
なかったものの美味しかったです。

次は別のメニューも試してみたいですね。

神宮前(千駄ヶ谷) 紫金飯店 原宿店
神宮前(千駄ヶ谷) 紫金飯店 原宿店

カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

「区市」?

2019年08月31日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

ちょっと前ですが、ニュースで東京都が行う
独自の支援事業のことが報じられていました。

そのニュースにおいてアナウンサーが、都の全域が
対象となることを「区市町村の全て」というような
言い方をしていたのが、ちょっと気になりました。

というのも、生まれこそ東京都ではあるものの、
物心つく頃から神奈川県で育ってきた私にすれば、
それを言うのでなら「市区町村」なのではないか、
という違和感がどうにも拭えなかったからです。

これは「市」が先か「区」が先かというだけの
単純な違いに過ぎないと言えばそれまでです。

とはいえ、何故そんな差異が出るかは気になります。

都などに確認をとったわけではないのですが、
これは、都の場合の「区」は道府県における「区」が
政令指定都市における「行政区」を指しているのと違い、
地方自治法第281条第1項に定められている
「特別区」のことを指しているからなのでしょう。

行政区と違って特別区は自前の議会を持っているなど、
独自の政策を施行することができたりしますよね。

そこから考えれば、確かに「市」と「区」のどちらを
先にするのかといえば、東京都の場合は
「区」が先になるのが妥当ということになるのでしょう。

それに、東京都には政令指定都市はありませんからね。

カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

文明開化の近代化遺産

2019年08月16日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

今週は大型台風が襲来していますけれども、
猛暑、酷暑という言葉に聞き飽きてしまうくらいに
今年は蒸し暑くてたまらない夏が続いています。

皆さまは熱中症にならずに過ごせていますか。

おそらく来年もこんな感じの夏になるのでしょうし、
そんな中でオリンピックをやってしまうというのも
本当に大丈夫だと言えるのか不安になりますし、
国の威信がかかった外国選手が無理をして
熱中症で亡くなったりしなければいいけれどと、
それがすごく心配になってきてしまいます。

そんなことを書いておきながらアレなのですが、
先日、よく晴れた空を見てふと思い立ったので
横浜にある根岸森林公園に行ってきました。

目的は、日本初の洋式競馬場だったこの地に
残されている「旧根岸競馬場一等馬見所」。

近代化遺産にも指定されているこの建物、
なかなかに趣のある格好良いものなのですが、
戦後は米軍に接収されていたりもしたのが
返還されてからもそのまま放置されているので、
内部を見学したりすることはできません。

しかし、ここに関してはむしろ変に修理せず
朽ちるに任せて放置されている現状の方が
いい味が出ていているような気もします。

周囲が芝生の公園になっているのが、
また、実にいい感じなんですよね。

この日はJRの根岸駅から徒歩で
崖の上の森林公園まで向かって
写真の競馬場跡を見物した後に、
山手の洋館街、港の見える丘公園、
そして山下公園と歩いて回りました。

途中でコンビニに立ち寄ったりしながら
計4本のペットボトルを空けたのに、
1回もトイレには行きませんでした。

つまり、歩きながら摂取した水分は全部、
汗として流れてしまったわけです。

いやあ、さすがに疲れました。



カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

神楽坂で馬肉

2019年08月08日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

結構前のことになるのですけれども、
いつも誘ってくださる先生主催の飲み会で
神楽坂(正確にはその隣の軽子坂ですが)の
ゆうゆう という店で馬肉料理を食べてきました。

この店は別に馬肉専門店ではないのですが、
昔から馴染みだという人が予約を入れてくれて
特別に馬肉尽くしのコースとなっていた、
その最初に出てきた馬刺しと最後に出てきた
桜鍋を写したものが下の写真になります。

もちろん、これだけ特盛な量になっているのは
特別コースの予約であったことに加えて
それなりの大人数で行ったからになります。

馬肉は例えばいくつかの居酒屋などで
過去に食べたことがありましたけれど、
今回の ゆうゆう で食べた馬肉料理は
これまでのどんなものより美味しかったです。

馬肉に対する認識を改めなければならないだろう。

そんなことを考えたなと、2~3日前に
吉田うどんを食べて思い出した次第です。



カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

光が丘 桔梗屋

2019年07月27日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

先月、光が丘美術館でオペラ歌手2名の
コンサートを聴いてきたという話を書いた時に
うっかりと書き忘れていたことがありました。

実は光が丘美術館はその敷地内に「桔梗屋」
という名前の蕎麦屋が併設されていまして、
ネットで見たところでは、これがわりと評判も
良かったので、是非寄ろうと思っていたのです。

光が丘美術館自体も古い蔵を改装した建物に
なっていましたけれどもこの「桔梗屋」も
下の写真のように古民家を使った店でした。

養蚕農家っぽい建物だけど練馬区は養蚕業が
盛んだっただろうかと疑問に思っていたところ、
どうやらこの建物は埼玉県小川町にあった
養蚕農家を移築してきたものだったようです。

やはりね、という感じです。

私は農業とか農家の建築といったものに
詳しいわけでは全然ないのですけれども、
養蚕農家の建物については過去に幾つか
保存されているものを見学したりしているので、
その様式についてちょっと知識があるのです。

ともあれ、その日に食べた蕎麦が下の写真。

「ざるそば」に単品メニューの「そば豆腐」を
追加して注文したものになるのですが、
量が少ないものの、美味しくて良かったです。




カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

2019年、夏越の祓

2019年06月30日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

1年の前半で得ることになった心身の穢れや
災厄といったものを祓うのが夏越の祓で、
皆さんもお近くの神社に出かけてみると、
そこに茅の輪が設置されているかもしれません。

茅の輪を左回り、右回り、左回りという順番に
八の字を描くようにくぐっていくとというのが
一般的な作法ですが、神社によっては
それとは違うくぐりかたを求めているところも
あるので、事前に確認をするのがいいでしょう。

ちなみに私は今年も時間を作ってきっちりと
茅の輪を八の字にくぐってきています。

下の写真は、その時に撮影したもの。

さあ、2019年の残り半分、7月以降も
精一杯に頑張ってやっていくぞ!!


カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

事務所のHPはこちらから
プロフィール

管理者:tap

武蔵野市吉祥寺にある税理士事務所、宮内会計事務所に勤める税理士の卵のブログです。
仕事やプライベートを通じて思ったことなどを綴っています。


[ tapのプロフへ ]
税法・会計etc. 過去ログ倉庫

過去に書いてきたエントリの内、税法や会計などに関する話題で特に大事だろうと思うものを抜粋して別途掲載している、部分的ミラーサイトのような別ブログです。

最近投稿した記事

  全タイトルを表示
月別アーカイブ
カレンダー
ブログ内検索
カテゴリ一覧
リンク

響金太郎のラジオブログ
「ジバ☆ラジ」

高校時代からの付き合いで、今は九州博多で演劇の夢を追う友人、響金太郎のブログ。
わざわざ言わなくてもそれくらい分かるよ、と言われるかもしれませんが、芸名です。
どこかで見かけたら、応援してあげてください。


私の尊敬する経営者の一人、㈱AGTの社長が書かれているブログです。
写真もふんだんに使われていますし、見て楽しく、読んで楽しいブログだと思います。
私も、いつかこんなジュエリーを誰かに贈る日が来るのでしょうか……?



国税庁

税務行政に関する企画・立案。国税局・税務署の指導監督省庁です。


国税庁タックスアンサー

各種税金の仕組みや届出書、様式の説明、用語解説や各地の税務相談室の案内を記した国税庁サイト内のコーナーです。キーワード検索もできます。


内閣府

Topページの下部に、政府税制調査会のページへのリンクがあります。そこに掲載されている議事録などから、今後の税制改正の動向を知ることができます。


国税不服審判所

国税に関する法律に基づく処分に係る審査請求について裁決を行い、納税者の正当な権利利益の救済を図る機関です。ネット上で判例集が利用できます。



宮内会計事務所

吉祥寺にある税理士事務所。私の勤務先です。

(別サイト)

上記勤務先の、新規起業者向けの特別サイトです。



最新のトラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク
Ranking
QRコード
QR
管理者
  • 管理画面