三鷹駅南口 (武蔵野市、吉祥寺)、とある税理士事務所職員の日常 日記

バンカラ

2018年06月18日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

何となく「バンカラ」という言葉が脳裏を渦巻いて
どうやても離れなくなってしまいましたので、
ならばいっそのことそこを追求してみみようかと
「バンカラ」について色々と調べてみました。

さて、そもそも「バンカラ」というものに皆さんは
どのようなイメージを抱いているでしょうか。

個人的には、一時期の番長マンガのそれだったり
旧制高校生のイメージだったりするのですけれど、
この後者は北杜生の「どくとるマンボウ青春期」を
小学校の高学年くらいに初めて読んだ際に
拭いきれないほど強烈に刷り込まれたものですね。

つまり、ボロボロの詰襟学生服と破れた学帽に
薄汚れたマントを羽織って、高下駄をはき、
腰には醤油で煮しめたような色の日本手ぬぐい、
髪の毛は長髪であまり洗っておらずにボサボサで
街中を堂々と闊歩している、というような感じです。

そして肩を組んで校歌や応援歌、寮歌などを
調子っぱずれな大声で皆で歌いまくって、
一見すると粗暴で荒っぽいのだけれど
根は純情で女性にめっぽう弱い……

うーん、テンプレートな番長キャラですね。

もちろん因果関係はむしろ逆なのであって、
旧制高校に生息していた典型的なバンカラ学生を
そのままシフトしたものが応援団長キャラであり、
典型的な番長キャラであるわけです、実際は。

そんなイメージの「バンカラ」なのですけれど、
ならば、そもそも「バンカラ」という言葉は
どういう経緯でできあがったものなのでしょうか。

これは、ネットで調べたらすぐに答えが出てきました。

明治末期の最先端のファッションムーブメント、
「ハイカラ」のもじりなのだということです。

お洒落で洗練された「ハイカラ」に対して
野暮ったくて野蛮な「蛮カラ」というわけで、
それは「ハイカラ」のアンチテーゼにも
なっているということも言われている模様。

外見だけでなく、内なる精神も含めた行動様式、
「生き様」を指す言葉が「バンカラ」であると。

ちなみに「ハイカラ」はどのような語源かというと、
これは高襟、すなわち「ハイカラー」から来ていて、
明治時代から大正時代にかけて西洋風の
お洒落な服装がすなわちハイカラーだったのです。

カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

深大寺蕎麦 「湧水」

2018年06月16日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

いわゆる「蕎麦道楽」の人には勝てませんが
私もそれなりに蕎麦が好きな人間ですので、
行動範囲内に「名店」と呼ばれる店があれば
それはやはり行ってみたくなったりします。

また、蕎麦が名物になっている場所があれば、
当然にそこにも出かけて行ったりするわけです。

ですから、深大寺にも何回も行っています。

先日も、ふと蕎麦が食べたくて仕方がなくなったので
ふらりと愛車に乗って深大寺まで出かけました。

電車・バスの公共交通機関を利用する場合には
接続によって1時間~1時間半くらいかかりますが、
自動車で移動する場合はその 1/3 から 1/2
という適度の所要時間で深大寺に到着できます。

今回食べたのは、深大寺に数多くある蕎麦屋の中で
1、2を争う人気店といってもいいのかもしれない、
休日には開店待ちの人も出たりする「湧水」です。

値段的には少し高いので財布には痛いのですが、
どうせならと注文した 天もり が、下の写真です。

蕎麦はそんなにゆっくりと食すものではないので
配膳されたら写真だけ撮ってサッとすすって、
店を出ましたけれど、相変わらず美味しかったです。



カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

ガス欠

2018年06月10日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

何らかの「やらなければいけないと」だったり
「やりたいこと」を抱えているのが常になっていて、
仕事が終わって帰宅した後の深夜や休日とか、
そういったゆっくりとくつろげばいいような時間でも
それ等の「己に課している任務的なもの」を
やっているのが通常運転となってしまっています。

そのように絶えず何かしらをやっている私でも、
たまに、何もやる気がしなくなってしまう日、
どうにもダルくて仕方ない日というのがあります。

無気力はいけないという考えは根底にあれど、
どうしても気力の出ない日はあるわけで、
場合によってはマンガを読む気もおきないような、
完全な虚脱状態になったりもするわけです。

そういう時には下手にあがいても仕方が無いので
何も考えないで済むバラエティー番組でもつけて、
それを漠然と眺め時間を過ごしたりもします。

だったらいっそ寝てしまえばいいのではないか
という指摘ももっともではあるのでしょうけれども、
中途半端な時間に睡眠をとってしまうと、
夜になって、眠らなければいけないが眠れない
という、それはそれで困った事態に陥ってしまいます。

それも避けたいですよね。

だから勢い、ただただ呆ける時間を過ごしてしまい、
ただし一人で呆けているだけというのも寂しいから
その隙間を埋める為にバラエティー番組を活用する
という流れになるというわけなのです。

望まずしてそんな時間を送ってしまった翌日の
「1日を無駄にした」脱力感といったらありません。

体力や気力が回復すれば、御の字なのですが……

カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

ホーム番号

2018年05月28日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

この間、駅で電車を待っていてふと思ったのですが、
そういえば、ホームに付いているホーム番号って、
どのようなルールに則っているものなのでしょうか。

そこで、早速ネットで調べてみたのですけれども、
どうやらJRでは、駅長室に近いホームから順番に
ナンバリングがされているといことのようであり、
一方、私鉄はそれぞれの基準がある模様でした。

そういえば、以前に行った京都ではJRの構内で
0番線と30番線が隣り合わせのようにありましたが、
あれはどういうことになるのかなと思いつつ、
なる程、そういうものか、と頷いていたのですが、
確か京都は33番線まであったはずなので、
日本で一番ホームが多いのはどの駅なのか
ということも気になってきてしまいました。

そこでこちらも調べた結果、JRと私鉄を全て含めれば
1日の乗降客数世界一を誇る新宿駅が36本で最多、
JRだけならば東京駅が28本で最多になるそうです。

ならば京都駅で見た33番線はどういうことかというと、
実は、あそこは1番線と15~29番線までが欠番であって、
JRのみで19本、近鉄や地下鉄を含めても25本と、
さすがに新宿や東京には太刀打ちできないようです。

こういう、ホーム番号の欠番というのは実際のところ
そんなに珍しいことというわけではないらしく、
実は東京駅も11~13番線が抜けているのだそう。

線路は敷設されているけれどもホームが無い場合とか、
欠番には色々と理由があるようなのですけれど、
京都駅の例は山陰本線(“3”いんほんせん)だから
30番台という付け方をしたからということらしいですね。

それが悪いとは言いませんが……まさかの駄洒落ですか。


カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

新潟カツ丼 タレカツ

2018年05月14日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

私は不勉強であまりよく知らなかったのですけれど、
新潟県のご当地B級グルメとして「タレかつ丼」が
結構有名ならしいということを聞きました。

そんなタレかつ丼を出す店が水道橋にもあり、
今回、水道橋の食事処紹介第3弾としてそこを
選んだのですが、手軽に食べることもできるので、
ちょこちょこと利用させてもらっています。

店の名前は、「新潟カツ丼 タレカツ」。

タレかつ丼というのは、要は卵でとじたりせずに
甘辛の醤油だれをかけて食べるカツ丼です。

福井のソースカツ丼とも、また違っていますね。

下の写真は、夜の時間になると販売されるセットのうち
オーソドックスなヒレかつ丼セットになるのですけれども、
サラダと香の物、味噌汁がついて920円と、
昼間に食べるよりも少しお得な値段設定になっています。

普通ならランチタイムにやりそうなサービスですが、
それを17時以降閉店までという時間帯にやるのは、
店長を捕まえて確認したわけではありませんけれど、
学生が多い場所に店を構えていることが
幾らかでも影響しているのかもしれませんね。

使っている油や米もいいものなのでしょう、
揚げ物なのに口の中がしつこくなったりせずに、
かなりさっぱりした食後感になるのが良いところ。

油の悪いトンカツ屋だったりすると、食後しばらくの間、
鼻に油っ気が残って気持ち悪かったりしますしね。

L字型のカウンターのみで席数は多くないので
人数で行くのには適さないのですけれども、
時々、ふらりと行って食べたくなる味だと言えます。

私が利用した西神田2丁目の本店の他に、
吉祥寺、渋谷、中野、神保町すずらん通り、の
4つの店舗があるとホームページにありましたが、
吉祥寺店とか渋谷店であれば、訪問するお客様の
所在地次第では昼食に寄ることもできそうです。




カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

本と小冊子の境界線

2018年04月30日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

JR中央線の全てのドアの上にあるモニターに
流れた情報によると、ユニセフ(国際連合児童基金)の
内部定義では「本」というのは、表紙などを除いて
49ページ以上のもののことを言うのだそうです。

では48ページ以下は一体何になるのかというと、
その場合は「小冊子」に該当するのだそう。

それ自体は「はあ、そうですか」という程度に感じた
1つのネタくらいにはなるなというくらいの雑学ですが、
ユニセフのような、ああいう組織がこの手の定義づけを
必要とすることの事情は、分からなくもありません。

公式、非公式問わず、文書その他を作成する時には
その辺りの「用語の定義」がルールとしてあった方が、
絶対的に便利ですし、何より誤解も生まないですからね。

とはいえ、何が「本」で「小冊子」なのかは、
本来ページ数だけで決めてしまうことでは
ないのではないかと疑問を覚えてしまうのは、
多分、私だけでは無いのではないでしょうか。

それが「本」なのか「冊子」なのかというのは、
実物を目にし、手に取り、装丁なども含めて
確認して総合的に判断することであって、
単純なページ数云々はそこでは重視されないと、
読書好きの1人として個人的には思っています。


カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

バスとシートベルト

2018年04月17日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

この間、調べ物の為に某専門図書館に向う途中で
ふと思ったのですが、そういえば路線バスの
運転手って、シートベルトをしていませんよね。

乗客も、ですし。

道交法上は運転席、助手席、後部座席ともに
一部の特殊な事情がある場合を除いて
シートベルトの着用の義務があるはずだったなと
免除要件について調べると、第71条の3にて
「疾病のため座席ベルトを装着することが
療養上適当でない者が自動車を運転するとき、
緊急自動車の運転者が当該緊急自動車を運転するとき、
その他政令で定めるやむを得ない理由があるときは、
この限りでない」という規定がありました。

政令で定めているものとは、負傷、障害、妊娠中で
シートベルトの装着が療養や健康保持上適当でない場合、
駐車場等で自動車をバックさせる為に後方を振り向く場合、
体型的に適切なベルト装着ができない場合などです。

あとは、消防用車両を運転している消防士とか、
犯人護送中で逃亡を阻止する義務のある捜査官とか、
パレードの警備の警官とか、選挙カーの中の運転手や候補者、
そういうケースも着用義務が無いと書かれていますが、
こういうのは、それこそ本当に特殊事例ですよね。

「頻繁に当該自動車に乗降することを必要とする業務として
国家公安委員会規則で定める業務に従事する者」というのも
詳細を見ると違いそうですし、根拠規定はどの辺なのでしょう?

なお、さらに調べるのを進めていったところ、もともと路線バスは
保安基準のところでシートベルト設置が義務付けられない
という話も出てきたのですが、客席等の後部座席だけでなく、
運転席も同様に義務付けられていないのでしょうか。

これが高速バスやチャーターバスになると話が違って、
こちらは全席完全に着用が義務化されている模様。

大きな事故もありましたから、これは納得の話ですよね。

路線バスの場合、乗客もシートベルトをしていられないし、
そもそも席がいっぱいだったら立って乗車しますし、
シートベルトの義務化は現実的ではないのかもしれません。

路線バスが事故を絶対に起こさないということでは無いのは
これまでの統計がはっきりと明確に示していますし、
自爆事故でなくとも、もらい事故だってあるのですから
路線バスにシートベルトは必要ない、絶対に安全だ、
というようなことは言えないのですけれど、
そこは、利便性その他の点を重視したのでしょう。

これを、安全軽視として批判するかどうか。

そこは個々人の自由ですが、私としては、
この辺はやむを得ないかな、と思うわけです。


カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

水道橋 ちゃんぽん亭総本家

2018年04月13日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

水道橋での食事処紹介第2弾は、ちゃんぽん。

といっても、一般的に思い浮かぶ長崎のものではなく
彦根で生まれたという近江ちゃんぽん の店で、
昭和38年に「麺類をかべ」として開業したという
「ちゃんぽん亭総本家」の水道橋店になります。

ホームページで確認したところ首都圏への進出は
一昨年の2016年であり、都内ではこの水道橋と
銀座インズの2店舗を出店しているようです。

看板メニューは、当然 近江ちゃんぽん。

豚骨と鶏ガラで出汁を取ってる長崎と違って
近江は鰹節や昆布で出汁を採っている
和風醤油仕立てのスープなのが特徴らしく、
三鷹にある「味のグラバー亭」でしばしば食べる
本格長崎ちゃんぽんとは、一口ですぐに
味が全然違うということが分かります。

長崎にしろ近江にしろ、ちゃんぽんのいいところは
具材に野菜がとにかく豊富であるということで、
独り暮らしで外食が多く、どうしても野菜の摂取量が
少なくなりがちな私としては、非常に助かります。

出汁が鰹節と昆布だからか、食後の口の中が
割とさっぱりしているのも、いいですよね。

この店には何回も行っていながら、今のところ、
近江ちゃんぽん以外は食べたことが無いので、
今度は別のメニューにも挑戦してみようかな?




カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

年度の変わり目に

2018年03月31日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

3月も今日で終わりですね。

ということは、明日から年度が変わるということで、
納付書や税務署への提出書類に記入する
年の記載も「29」から「30」に変更になります。

例えば源泉所得税を毎月納付している場合に
納付書を書こうとした当初に戸惑ったことで、
1月に「年」が変わっても「年度」が替わる4月までは
右端の支給月とか、左側の支給日の欄には
今年を例に挙げて言えば「30」と記載をするものの、
左上の年度は「29」と書かなければなりません。

まあ、改めて考えれば当たり前のことなのですが、
最初は疑問符が頭を離れなかったことの1つです。

さて、年度が変わるということは、つまり人によって
転勤や就職、進学などで異なる環境に引っ越しての
新生活を始めることになっていることもあるということ。

新しい生活リズムに慣れるまでは大変ですけれど、
おそらく1ヶ月もすれば心身に馴染んでくるでしょう。

その頃には、5月病という魔物も潜んでいますが……


国税庁HP 「納付書の記載のしかた」 より

カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

春、来たれり

2018年03月29日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

仕事や勉強に追われる日々を送っていると
なかなか季節の移り変わりに疎くなってしまったり
してしまうことも多いのが実情なのですけれど、
それでも町を歩いていてちょっとしたしるしを
見つけ季節の移り変わりを感じることがあります。

例えば、先日道端で見かけた、下の写真とか。

ほとんど実感も無いまま月日が過ぎましたが、
そうですよね、もうすっかり春なんですよね。

2018年の桜
2018年春 つくしんぼ

カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

事務所のHPはこちらから
プロフィール

管理者:tap

武蔵野市吉祥寺にある税理士事務所、宮内会計事務所に勤める税理士の卵のブログです。
仕事やプライベートを通じて思ったことなどを綴っています。


[ tapのプロフへ ]
税法・会計etc. 過去ログ倉庫

過去に書いてきたエントリの内、税法や会計などに関する話題で特に大事だろうと思うものを抜粋して別途掲載している、部分的ミラーサイトのような別ブログです。

最近投稿した記事

  全タイトルを表示
月別アーカイブ
カレンダー
ブログ内検索
カテゴリ一覧
リンク

響金太郎のラジオブログ
「ジバ☆ラジ」

高校時代からの付き合いで、今は九州博多で演劇の夢を追う友人、響金太郎のブログ。
わざわざ言わなくてもそれくらい分かるよ、と言われるかもしれませんが、芸名です。
どこかで見かけたら、応援してあげてください。


私の尊敬する経営者の一人、㈱AGTの社長が書かれているブログです。
写真もふんだんに使われていますし、見て楽しく、読んで楽しいブログだと思います。
私も、いつかこんなジュエリーを誰かに贈る日が来るのでしょうか……?



国税庁

税務行政に関する企画・立案。国税局・税務署の指導監督省庁です。


国税庁タックスアンサー

各種税金の仕組みや届出書、様式の説明、用語解説や各地の税務相談室の案内を記した国税庁サイト内のコーナーです。キーワード検索もできます。


内閣府

Topページの下部に、政府税制調査会のページへのリンクがあります。そこに掲載されている議事録などから、今後の税制改正の動向を知ることができます。


国税不服審判所

国税に関する法律に基づく処分に係る審査請求について裁決を行い、納税者の正当な権利利益の救済を図る機関です。ネット上で判例集が利用できます。



宮内会計事務所

吉祥寺にある税理士事務所。私の勤務先です。

(別サイト)

上記勤務先の、新規起業者向けの特別サイトです。



最新のトラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク
Ranking
QRコード
QR
管理者
  • 管理画面