三鷹駅南口 (武蔵野市、吉祥寺)、とある税理士事務所職員の日常 自転車レース
FC2ブログ

アークティック・レース・オブ・ノルウェー2019

2019年08月21日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

ノルウェーで行われており、今年で7回目となる
アークティック・レース・オブ・ノルウェーが
今年も開催され、いつものように J-Sports が
その全4日の日程を生中継してくれました。

カテゴリーが2.HCなのでこのレースには
トップカテゴリーではないチームや選手も
多く出場していて、これまで目にしなかった
名前等も出てきているのですけれども、
それは逆に、こういうレースの中継を
見る際の楽しみでもあると言えます。

そんなレースは初日に31名という人数の
大逃げが決まって総合争いを早くも決定づけ、
注目の若手選手であるコレンドン・サーカスの
マチュー・ファンデルポールが勝利しました。

そのファンデンポールは第3ステージの
山頂ゴール争いで事前予想通りに脱落し、
アルケア・アムシックの現フランスチャンピオン、
ワレン・バルギルが2位とわずか3秒差で
総合首位の座を手にして最終ステージへ。

結局、この秒差の争いを中間スプリントや
ゴールラインのボーナスポイントによって
ひっくり返すことに成功したアスタナの
アレクセイ・ルツェンコが1秒差という
僅差で総合首位を逆転獲得しました。

第1ステージが始まる前に想像していたより
ずっと面白かったレースになったのは、
やはり、この秒差の争いがあったからでしょう。

来年も同じように熱い大会になることを
是非とも期待したいなと思っています。


公式サイトはこちらから

カテゴリ : 自転車レース
テーマ : 自転車ロードレース ジャンル : スポーツ

ツール・ド・フランス2019 の勝者は

2019年08月01日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

2019年のツール・ド・フランスが終わりました。

毎年のように色々なことが起きるのというのが
ツールという大会ですが、今回も同じでした。

レースの最終盤まで総合首位をキープしたのは
ドゥクーニンク・クイックステップのフランス人エース、
ジュリアン・アラフィリップだったのですけれども、
彼は今年は春先から絶好調で、そのままの勢いで
今年のツールに乗り込んできていました。

昨年と同じように山岳賞を狙っていくのか、
それとも複数のステージ優勝を狙っていくのか、
そんな感じなんだろなと思っていたのですけれど、
想定通りに第3ステージでステージ優勝を獲得して
ボーナスのようにマイヨ・ジョーヌを着用できたことが、
彼とチームの今年のツールを大きく変えました。

つまり、その後もシーズン開始以来の好調さを維持し
ライバル達の攻撃を交わして総合順位を守る
ということをアラフィリップが見事に達成し続けて、
チームもそれを積極的にアシストしていったのです。

そしてアラフィリップもそのチームの動きに応え、
実力の限界を押し上げる走りを見せてくれました。

具体的には、第19ステージまで。

第19ステージと第20ステージはアルプス山脈での
山岳ステージでライマーではないアラフィリップには
もともと荷が重いステージだったのですけれども、
ライバルに置いていかれたのを得意のダウンヒルで
何とか挽回しようとしたところで、アルプスを襲った
時ならぬ集中豪雪(雹)によりステージが途中終了。

続く第20ステージもコースが大幅に短縮されました。

このこともあって、総合優勝は第19ステージで
集団からアタックをかけて一気に抜け出していた
チーム・イネオスの若きコロンビア人ライダー、
エガン・ベルナルが獲得することになりました。

コロンビア人がツール・ド・フランスを制したのは
これが初めてということで母国から大挙して
フランスに来た応援団も大喜びでした。

3週間、全21ステージの勝負。

終わってみれば、あっという間だった気もしますが、
ここ数年で一番面白いツールだったと思います。


公式サイトはこちらから

カテゴリ : 自転車レース
テーマ : 自転車ロードレース ジャンル : スポーツ

ツール・ド・フランス2019 途中経過

2019年07月16日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

2019年のツール・ド・フランスも、ステージ数が
2ケタになってきて、全21ステージの日程の
折り返し点がやってきたところになります。

今年のツールはポイント賞の争いでは
ピーター・サガンが頭一つ抜きんでていますし、
総合優勝争いも、多くの有力選手が
横風の影響で遅れてタイムを大幅に失って、
残念ながら戦いは一部の選手に限定されて
きたかなという感じになっています。

これを逆転するには上位選手にトラブルが
あることを期待するしかないというのは
さすがに考えたくはないことですが、
最低でも他のチームがお互いの争いを
ひとまず横に置いて一致団結することで
相手のアシスト選手を何とか疲弊させ、
1対1の状況を作り出すしかないかも。

もちろん、圧倒的な強さの選手、チームが
存在するということそれ自体は別に、
悪いというようなことではありませんが。

実力・タイムの拮抗しているレースの方が
見ていて面白いというのはあるにせよ。

総合争いで後れを取った選手とチームが
どのように挽回を図っていくのか、
山岳賞の争いなどはどうなっていくのか、
残りのステージも大いに楽しみです。


公式サイトはこちらから

カテゴリ : 自転車レース
テーマ : 自転車ロードレース ジャンル : スポーツ

ツール・ド・フランスの季節

2019年07月03日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

梅雨はまだ明けず曇天続きですけれど、
自転車ロードレースの年間シーズンで
最大のレースが今週末に開幕します。

そう、ツール・ド・フランスです。

今年はベルギーの首都ブリュッセルで始まり、
フランスの主に右斜め下方面を走って行き、
それでも最終ステージだけは例年通りに
パリの近郊からシャンゼリゼを目指します。

総合優勝最有力候補の1人と目されていた
チーム・イネオスのクリス・フルームは
今年勝てれば通算5度目の総合制覇で
いわゆる「5勝クラブ」入りが叶ったのですが、
このブログでもお伝えしたように前哨戦で
落車して大けがを負い、欠場となりました。

しかし、優勝候補はフルームだけではありません。

チーム・イネオスにも、それ以外のチームにも、
総合首位の座を狙っている選手は多くいて、
それぞれが3週間のレースの最終日に
シャンゼリゼで表彰台の中央に立つことを
虎視眈々と狙っているのは間違いありません。

ポイント賞や山岳賞もなかなか熱い戦いが
繰り広げられそうな予感が強くしていますし、
これは、面白いものが観られそうです。


公式サイトはこちらから

カテゴリ : 自転車レース
テーマ : 自転車ロードレース ジャンル : スポーツ

ツール・ド・スイス2019

2019年06月25日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

7月のツール・ド・フランスの前哨戦の1つであり、
スイスで行われて第4のグラン・ツールとも言われる
ツール・ド・スイスが、その全日程を終えました。

もう1つの前哨戦であるクリテリウム・ドゥ・ドーフィネ
でツール・ド・フランスの総合優勝最有力とされる
チームイネオスのクリス・フルームが大怪我をして
ツール・ド・フランスへの出場ができなくなりましたが、
このスイスでも、フルームに次いでチームイネオスの
エース候補であるゲラント・トーマスが落車をして、
これはツール・ド・フランスはどうなってしまうのかと
なかなかどきどきさせられる展開のレースでした。

しかし、そこで頭角を現してきたのが同じチームで
今後はグラン・ツールで活躍すると見込まれている
若手の有望選手であるエガン・ベルナルでした。

厳しい山岳の多いスイスでのレースでしたから
それが彼に合っていたというのもあるのでしょう。

登りで上手い具合にライバル達にタイム差をつけ、
最終日前日の個人タイムトライアルにおいても
いい感じにタイムをまとめあげることに成功して、
結局、総合2位のタイムトライアル世界チャンピオン、
バーレーン・メリダのローハン・デニスの猛追を
躱して総合優勝を獲得することに成功しました。

ベルナルはまだ新人賞の対象になるような年齢で、
これは今後がますます楽しみだと言えるでしょう。

山岳賞は、100キロ程度のコースに超級山岳3連続、
獲得標高3.000メートル超という最終ステージで
ほぼ最初から1人で逃げて最後まで走り切った
EFエデュケーションファーストのヒュー・カーシーが、
ポイントを荒稼ぎして、見事にジャージを獲得しました。

ポイント賞は、ツール・ド・フランスでの活躍も
大いに期待されるボーラ・ハンスグローエの
ペテル・サガンが予想通りの獲得となっています。

また、ポイント争いに関しては、ジロ・デ・イタリアで
不本意な降格から調子を大きく崩してしまっていた
ドゥクーニンク・クイックステップのスプリンター、
エリア・ヴィヴィアーニが2連続ステージ勝利するなど、
復調を見せていたのも非常に嬉しいことでした。

ツール・ド・フランスでの、サガンとヴィヴィアーニ、
他の有力選手の争いが今から非常に楽しみです。


公式サイトはこちらから

カテゴリ : 自転車レース
テーマ : 自転車ロードレース ジャンル : スポーツ

クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ 2019 の勝者は

2019年06月18日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

7月のツール・ド・フランスの前哨戦の1つである
クリテリム・ドゥ・ドーフィネの2019年大会が
16日の日曜日に全日程を終了しました。

ここで「無事に」修了と言えないのは、今大会が
悪天候続きなど色々と厳しいコンディション
だったということも大きな理由ではありますが、
なにより、本番であるツールでチームイネオスの
エースとして総合優勝を狙うはずだった
クリス・フルームの負傷リタイアが痛い出来事です。

それも、レース中に発生したできごとではなくて、
個人タイムトライアルの当日にコースを試走して
ダウンヒルで落車しての大腿骨骨折というのは、
起こり得るアクシデントとしては最悪の部類でしょう。

選手生命に関わりかねない場所の骨折ですし、
フルームの年齢も考えればこれで引退となっても
おかしくないかもしれないのが、嫌なところです。

そんな大事件もあった今年のドーフィネにおいて
最終表彰で総合優勝のジャージを纏ったのは
アスタナのヤコブ・フグルサングでしたが、
他の選手もツールに向けてそれなりにきちんと
コンディションを上げてきていると分かるレースでした。

個人的には、ドゥクーニンク・クイックステップの
ジュリアン・アラフィリップが積極的に狙ってきた
山岳賞ジャージを獲得したのが注目事項です。

アラフィリップは昨年のツールにおいて初めて
山岳賞を獲得しましたが、今年も狙うのかな……


公式サイトはこちらから

カテゴリ : 自転車レース
テーマ : 自転車ロードレース ジャンル : スポーツ

ジロ・デ・イタリア2019の勝者は

2019年06月04日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

2019年のジロ・デ・イタリアが終わりました。

グラン・ツールの中でも熱い戦いを見せてくれる
ことが多いのがジロという印象がありますけれど、
今年もそれを裏切らない内容だったと思います。

各賞の中でさしたる争いが無かったのは、
序盤から逃げに乗るなどして順当に
山岳ポイントを稼いだトレック・セガフレードの
ジュリオ・チッコーネだけと言ってもいいです。

それ以外の総合優勝、スプリントポイント賞、
新人賞は激しい争いが展開されました。

まず、総合優勝は初日の個人タイムトライアルで
圧倒的な強さを見せたチームユンボ・ヴィスマの
プリモシュ・ログリッチェが中盤まで弱みを見せず
しっかりと睨みを聴かせていたものの、
後半にかけて(落車もあって)脱落してしまって、
モビスターチームのリチャル・カラパスの手に。

ポイント賞は、後半の山岳ステージに入って
多くのスプリンターが自主的にレースを去って、
残った数少ないスプリンターで争われた結果、
ボーラ・ハンスグローエのドイツチャンピオン、
パスカル・アッカーマンが取得しました。

最後に新人賞ですが、これは最終日前日の
第20ステージで新人賞ジャージを着た
アスタナのミゲルアンヘル・ロペスが
観客と接触して落車し大きくタイムを失うなど
大きなアクシデントもあったものの何とか
最終日にジャージをキープすることに成功。

とはいえ、総合表彰台への夢はその落車で
奪われてしまったので、問題が無かったとは
到底言えないのが実情といえましょう。

今回のジロには日本人選手も2人出場していて、
1人は初日にタイムアウトになってしまったものの
もう1人の初山翔は2ステージで逃げにも乗り、
現地の観客の心も掴むことに成功したばかりか、
最終日には、かつて最下位の選手に与えられた
黒色のジャージ、マリア・ネーラを貰うという
サプライズもあるなど、充実した結果となりました。


公式サイトはこちらから

カテゴリ : 自転車レース
テーマ : 自転車ロードレース ジャンル : スポーツ

ジロ・デ・イタリア2019 途中経過

2019年05月26日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

2019年のジロ・デ・イタリアも後半であり、
勝負どころである厳しい山岳ステージに
突入してきているのですけれども……

勝負事が事前の予想通りに行かないことは
決して珍しくないというよりもむしろ当たり前で、
むしろ開幕前の想像のままの展開になると
それはそれでつまらないと感じてしまいます。

人は身勝手でワガママなものだからと言えば
反論の余地も確かに存在しないとはいえ、
少し業が深いなと思わないでもありません。

今年のジロは、総合首位争いの選手は
概ね予想された選手が残っているのですが、
それでも最有力選手が落車でリタイアしたり
若手が大きなタイム差を獲得していたりと、
なかなか面白い展開を見せていると言えます。

一方のスプリント賞争いにおいては最有力だった
ドゥクーニンク・クイックステップのヴィヴィアーニが
一度の降格処分でスプリントの感覚を狂わせて、
結局一勝もできないままレースを去っています。

イタリアのナショナルチャンピオンジャージを
着用して挑んだジロ・デ・イタリアであるだけに、
ヴィヴィアーニの意気込みは相当だったはず。

それが、一度もステージを獲れずにリタイアする。

レースというのはいかにも非情なものですし、
例え高い実力を持っている選手だとしても
ちょっとしたことでリズムを崩してしまって
目的を果たせずに終わってしまうもの。

残りの期間は1週間とちょっとになるわけですが、
どのような勝負を観させてくれるのだろうかと、
色々と空想・妄想の類が膨らんで止みません。


公式サイトはこちらから

カテゴリ : 自転車レース
テーマ : 自転車ロードレース ジャンル : スポーツ

ツアー・オブ・カリフォルニア 2019

2019年05月21日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

ジロ・デ・イタリアの裏で開催されるレース、
アメリカのカリフォルニア州を舞台にした
ツアー・オブ・カリフォルニアが終わりました。

時差の関係でヨーロッパ開催のレースは
日本では夕方から深夜の時間帯になるので
生中継を観戦するには最適なくらいなのですが、
アメリカ西海岸のレースは早朝の放送。

その日の仕事に及ぼす影響を考えると、
これをそのまま生で観てはいられません。

ですので、どうしても録画をしておいたものを
後から見るという形になってしまうしかなくて、
臨場感という点で少し欠けることになるのが
残念なのですが、こればかりは仕方ありません。

さて、そんなツアー・オブ・カリフォルニアですが、
全体的にはドクゥーニンク・クイックステップが
大いに活躍した大会だったという感じです。

何しろ、中盤のステージを3連勝していたので、
それはどうしても強く印象に残りますよね。

ただし、最終的な総合優勝を手にしたのは
それとは別チームであるUAEチームエミレーツの
スロベニア人若手選手であるタデイ・ポガチャル。

クイックステップは3勝といっても勝った選手は
それぞれのステージでみんな違っていましたし、
何より勝負を決めた第6ステージにおける
ポガチャルの走りが良かったのでこれは妥当。

ポガチャルは20歳9ヶ月でワールドツアーの
ステージレースを総合優勝したわけですが、
これは実は最年少記録になるのだそうです。

ポガチャル、色々なレースを名前を聞くことに
なりそうですね、今後が楽しみな選手です。


公式サイトはこちらから

カテゴリ : 自転車レース
テーマ : 自転車ロードレース ジャンル : スポーツ

ジロ・デ・イタリア 2019

2019年05月11日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

自転車ロードレースの年間スケジュールの中で
単に総走行距離や開催日数という点だけでなく
様々な意味で最大のレースを言えるのが
グラン・ツール(または3大ツール)と呼ばれる大会。

その第1弾となるのがイタリアで今日11日から
来月の2日まで開催されるジロ・デ・イタリア。

今年はサルディーニャ島やシチリア島は含まず、
またブーツの形をしたイタリア半島についても
つま先や踵の方には行かないのですけれども、
まずまず、イタリア一周と言ってしまっても
いいのかなというようなコースになっています。

なおこのレースは、スポーツのネット配信大手、
DAZNが全ステージを生中継してくれています。

もちろん無料ではなくて有料放送ですが……

そこまで高い代金というわけでもありませんし、
それで自転車ロードレースを年間通じて
楽しめるのであれば有難い話とも言えそう。

ともあれ、これから3週間、毎日かっちりと
中継を見るのは難しいでしょうけれども、
出来る限りの範囲でこのビッグレースの様子を
楽しんでいければいいなと思っています。


公式サイトはこちらから

カテゴリ : 自転車レース
テーマ : 自転車ロードレース ジャンル : スポーツ

事務所のHPはこちらから
プロフィール

管理者:tap

武蔵野市吉祥寺にある税理士事務所、宮内会計事務所に勤める税理士の卵のブログです。
仕事やプライベートを通じて思ったことなどを綴っています。


[ tapのプロフへ ]
税法・会計etc. 過去ログ倉庫

過去に書いてきたエントリの内、税法や会計などに関する話題で特に大事だろうと思うものを抜粋して別途掲載している、部分的ミラーサイトのような別ブログです。

最近投稿した記事

  全タイトルを表示
月別アーカイブ
カレンダー
ブログ内検索
カテゴリ一覧
リンク

響金太郎のラジオブログ
「ジバ☆ラジ」

高校時代からの付き合いで、今は九州博多で演劇の夢を追う友人、響金太郎のブログ。
わざわざ言わなくてもそれくらい分かるよ、と言われるかもしれませんが、芸名です。
どこかで見かけたら、応援してあげてください。


私の尊敬する経営者の一人、㈱AGTの社長が書かれているブログです。
写真もふんだんに使われていますし、見て楽しく、読んで楽しいブログだと思います。
私も、いつかこんなジュエリーを誰かに贈る日が来るのでしょうか……?



国税庁

税務行政に関する企画・立案。国税局・税務署の指導監督省庁です。


国税庁タックスアンサー

各種税金の仕組みや届出書、様式の説明、用語解説や各地の税務相談室の案内を記した国税庁サイト内のコーナーです。キーワード検索もできます。


内閣府

Topページの下部に、政府税制調査会のページへのリンクがあります。そこに掲載されている議事録などから、今後の税制改正の動向を知ることができます。


国税不服審判所

国税に関する法律に基づく処分に係る審査請求について裁決を行い、納税者の正当な権利利益の救済を図る機関です。ネット上で判例集が利用できます。



宮内会計事務所

吉祥寺にある税理士事務所。私の勤務先です。

(別サイト)

上記勤務先の、新規起業者向けの特別サイトです。



最新のトラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク
Ranking
QRコード
QR
管理者
  • 管理画面