三鷹駅南口 (武蔵野市、吉祥寺)、とある税理士事務所職員の日常 自転車レース

フレッシュ・ワロンヌ 2018

2018年04月20日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

アルデンヌクラシック第2戦目のフレッシュ・ワロンヌは
ベルギー東部のリエージュの南で行われるレースで、
通称「ユイの壁」と言われる名物の坂で知られています。

何しろ「壁」というくらいですから、TV画面で見るだけで
これは歩いて上るだけでもかなりキツそうだなと
思える勾配と長さのとんでもない坂なのですけれども、
このレースの厳しいところはそのような坂が
「ユイの壁」だけではないというところにあります。

ゴール直前の激坂を高速で走り抜ける走りを得意とする
モヴィスターのアレハンドロ・バルバルデが昨年まで
4連勝を飾っているこのフレッシュ・ワロンヌ。

当然、各チームはいかにしてバルベルデに
まともに勝負をさせないかを狙ってきます。

その為、レースは最後まで落ち着きの少ない展開に。

最後の「ユイの壁」に入るまでにバルベルデ本人と
アシスト選手たちに仕事をさせてその足を
少しでも削っていこうという意図は、明らかです。

それが功を制してレース終盤にはバルベルデの
アシストとして集団に残っていられた選手が
ほとんどいないという、まさしく丸裸状態に
ディフェンディングチャンピオンを追いこみます。

さすがのバルベルデもこれには勝つことができません。

それでも最後の「ユイの壁」で彼らしさの欠片を
見せる登坂をしてみせたバルベルデでしたけれど、
アシストを豊富に残したクイックステップ・フロアーズの
ジュリアン・アラフィリップには適いませんでした。

アラフィリップは2015年、2016年とバルベルデに敗れて
悔しい2位となっていたので、今年はまさしく念願の、
といっていいフレッシュ・ワロンヌの初制覇となりました。


公式サイトはこちらから

カテゴリ : 自転車レース
テーマ : 自転車ロードレース ジャンル : スポーツ

パリ~ルーベ 2018

2018年04月11日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

毎週のようにビッグレースが続くこの時期に、
いわゆる「北のクラシック」のラストを飾るのが、
「北の地獄」との異名を持つパリ~ルーヴェ。

何が地獄なのかというと、レース全体の距離や
連続して登場する荒れた石畳といった
どこをとっても気を抜けない厳しい設定の
難易度最高のコース設定が地獄になるのです。

今年のクラシックシーズンはここまで無敵といえる
圧倒的チーム力を見せつけ勝利数を稼いでいる
クイックステップ・フロアーズの選手たちと
それに対抗して勝利を狙う他のチームという
大きな構図の中で行われたことしのレース。

予想通りにクイックステップによる支配が
レースを最後まで圧倒するかと思われた、
まさにその直後にタイミングよくスルスルと
抜け出したのはボーラ・ハンスグローエの
現世界選手権覇者のペーター・サガンで、
他のチームはその逃げを見送ってしまいます。

サガンは後続がお見合い状態で追えない中、
そのままゴールの競技場まで逃げ切って
念願だったパリ~ルーヴェの勝利を獲得しました。

クイックステップのゼネク・スティバルのことを
個人的には応援していたのですけれども、
残念ながら今年も彼は最後の勝負には
上手く絡めずじまいで終わってしまいました。

勝負はそういうものだから仕方ありませんが……


公式サイトはこちらから

カテゴリ : 自転車レース
テーマ : 自転車ロードレース ジャンル : スポーツ

ロンド・ファン・フラーンデレン 2018

2018年04月03日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

春に開催されるベルギー、オランダのワンデイレース、
いわゆる北のクラシックのクライマックス第1弾が
先の日曜に行われたロンド・ファン・フラーンデレン。

フランス語でいうとツール・デ・フランドルという
このレースは、その名前の通りベルギー北部の
オランダ語圏フランダース地方を舞台にしていて、
自転車ロードレースが国技であるともされている
同国での最大のレースと言われています。

そんなビッグレースをネット放送大手のDAZNが
レース開始直前からゴールまで今年は生中継。

春のクラシックにおいてここまで絶好調で既に
チーム30勝を挙げたクイックステップ・フロアーズが
今回もいい感じにレース展開を進めて行く中、
アタックをして飛び出していったのが同チームの
単独逃げ切りを得意としているニキ・テルプストラ。

これはエースであるフィリップ・ジルベールの為の
陽動的な動きであり彼等の常套手段なのですが、
それがそのまま逃げの動きになっていくのも
クイックステップがよく使う手になります。

だからこそ他のライバル達は彼のその動きを
充分に警戒していたはずなのですけれども、
それでも逃げを成功させるところがプロの仕事。

テルプストラはそのまま先行する選手もパスして
ゴールまでの独走を成功させてしまいました。

いやあ、強かった。

テルプストラ個人の強さももちろんなのですけれど、
クイックステップというチームの結束力の高さと
誰が行っても勝てるという戦略の高さが際立ちました。


公式サイトはこちらから

カテゴリ : 自転車レース
テーマ : 自転車ロードレース ジャンル : スポーツ

ヘント~ウェヴェルヘム 2018

2018年03月27日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

先週末に行われたヘント~ウェベルヘムは、
フランドル・クラシックで連勝街道を驀進している
クイックステップ・フロアーズが北のクラシックの
最大イベントであるロンド・ファン・フラーンデレンを
翌週に控えてどんな走りを見せてくれるか、
そして他チームがどう出てくるかが、
非常に興味を惹かれたレースでした。

そのクイックステップ・フロアーズは20数名に絞られた
先頭集団に複数のタイプの選手を4名残しているという、
どういう戦略をとっても有利に戦える体制を確立。

終盤、スプリント系以外の選手がアタックをかけるなど
駆け引きもありつつ突入した集団スプリントで、
クイックステップ・フロアーズのエリア・ヴィヴィアーニは
前をふさがれてスタートが少し遅れ、その隙をついて
反対側からかけたボーラ・アルゴンのペテル・サガンに
すぐそこまで来ていた勝利をかっさらわれてしまいました。

チームメートに完璧なおぜん立てをしてもらいながら
位置取りの悪さで勝利を獲れなかったヴィヴィアーニが
ゴール後に座り込んでむせび泣く姿が実に印象的な、
今年のヘント~ウェベルヘムとなりました。


公式サイトはこちらから

カテゴリ : 自転車レース
テーマ : 自転車ロードレース ジャンル : スポーツ

ミラノ~サンレモ 2018

2018年03月19日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

現在行われているワンデイレースの中で
最長の距離(何と、294キロメートルもあります)を
誇っているのが、ミラノ~サンレモになります。

昨年から放送権が J-Sports から DAZN に移り、
思うところもあって契約は迷っていたのですが、
やはりこのレースは見ておきたいという欲求を
断ち切ることはどうしてもできませんでしたので、
ドコモユーザー向けの割引契約でネット観戦をしました。

昨年のこの時期の DAZN 中継は不満の多く出る
何とも言えない微妙なものになっていましたけれど、
そのマイナスポイントはすっかり改善されていました。

これくらいのクオリティーで放送してくれて、
なおかつ、小さなレースも中継されるのであれば、
DAZN での自転車ロードレース中継というのも
そんなに悪いものではないと言えそうです。

さて、今年のミラノ~サンレモですけれども、
まず言えるのはNIPPOヴィーニファンティーニの
初山選手が逃げに乗って楽しませてくれたこと。

逃げ集団内で見せ場は作れませんでしたが、
本人にとって大きな経験になったと思われます。

今年の勝負はサンレモ手前のポッジオの登りで
そこまで大きな動きが無いままにゴールでの
スプリント合戦になるかと思わせておいて、
バーレーン・メリダのヴィンツェンツォ・ニーバリが
1人で抜け出してアタックをするという展開に。

他の有力選手がこれを追いかけるのですが
ニーバリは下りを大の得意としている選手。

しかし集団もさすがにこれを逃がしてはくれません。

各チーム、各エースが必死の追走をかけるのですが、
しかしニーバリも負けじと全力で逃げ続けており、
最終的には秒差もつかないところでゴールラインを
見事に逃げ切りの先頭で通過して見せてくれました。

この伝統のレースで地元イタリア人が勝利したのは、
なんと2006年のフィリッポ・ポッツァート以来の
実に12年振りということになるのだそうです。

ニーバリが勝つならこれしかない、というような、
まさに完璧な勝ち方だったといっていいでしょう。


公式サイトはこちらから

カテゴリ : 自転車レース
テーマ : 自転車ロードレース ジャンル : スポーツ

パリ~ニース 2018 の結果は

2018年03月13日  
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

「太陽に向かうレース」の異名にもかかわらず
最終局面はあまり天候に恵まれないことになった
2018年のパリ~ニースも全日程を終えました。

厳しい山頂ゴールだった土曜日の第7ステージで
私が一番応援していたジュリアン・アラフィリップと
そのステージ開始時に総合首位に位置していて
彼が勝つならそれもいいかと思っていた
ルイス・レオン・サンチェスが大崩れしてしまい、
なかなか微妙なタイム差で突入した最終ステージ。

第7ステージにおいて単独で山頂を制した
サイモン・イェーツが今度は微妙に振るわず、
集団から抜け出してアタックした24歳の若手
マルク・ソレルがそのままステージ3位で逃げ切り、
2位のイェーツに4秒の差をつけて優勝しました。

終盤にきて連日の逆転劇が繰り広げられるという
実にドラマティックな展開を見せた今年のレース。

天候が良くなくて気温が低く、
厳しい山岳で体力を失い、
それでも最後の栄誉を求めて
走り続けた戦いの結果は、
今年も秒差での決着となりました。


公式サイトはこちらから

カテゴリ : 自転車レース
テーマ : 自転車ロードレース ジャンル : スポーツ

パリ~ニース 2018 開幕

2018年03月03日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

パリ近郊をスタートして南仏のリゾート地である
ニースを目指して南下して行くというコース設定で
「太陽へ向かうレース」とも呼ばれているのが、
8日間のステージ・レース、パリ~ニースです。

毎年この時期に開催されるこのレースを
生中継で放送してくれているのがJ-Sports。

昨年からスポーツ中継のネット配信大手である
DAZNがこの競技にも乗り出してきているので
J-Sports が毎年獲得していた放送権を
奪われてしまったりもしているのですけれども、
パリ~ニースに関しては今のところ従来通り。

今年も、3月4日の初日から11日の最終日まで
毎日深夜に全ステージが中継されるのですが、
確定申告の時期なのでゆっくり観戦もできないものの、
どんな戦いが繰り広げられるか、かなり楽しみです。


公式サイトはこちらから

カテゴリ : 自転車レース
テーマ : 自転車ロードレース ジャンル : スポーツ

アンダルシアの優勝は

2018年02月20日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

今年初めて J-Sports が放送(しかも生中継)した
スペイン南部アンダルシア地方で開催される
5日間のステージレース、ブエルタ・ア・アンダルシアが
無事にその全日程を終えて終了いたしました。

昨年総合成績で1秒差の争いを繰り広げて優勝した
アレハンドロ・バルベルデは今年は出場していませんし、
その彼と戦ったアルベルト・コンタドールは引退しており、
そういう意味では目玉選手がいない大会になりそうですが、
実際はそんなことは無くて、各チームのエース級といえる
グランツールも狙える選手も数人出場してきています。

例えばそれはチーム・スカイのクリス・フルーム等ですが、
シーズン最初のレースとして程よい長さ、負荷のある、
いい感じのコース設定になっているということなのでしょう。

無舗装区間を含む短めの個人タムトライアルという
ちょっと特徴的な第5ステージを走り切って
最終的にこのレースを制したのはロット・ソウダルの
ベルギー人選手、ティム・ウェレンスとなりました。

第4ステージ最後にあった石畳の旧坂ゴールや
最終日の無舗装区間といったコース設定が
ベルギー人である彼の得意とするところだったのが
プラスに働いたと言えるのでしょうけれども、
彼にとっても春のクラシックでの活躍に向けて
いい弾みとなる勝利となったのではないでしょうか。

グラン・ツールを狙うスーパーエースはまだまだ
この段階でコンディションはピークでは無いでしょうし、
まずまず、妥当な感じの結果と言える、かな……?


公式サイトはこちらから

カテゴリ : 自転車レース
テーマ : 自転車ロードレース ジャンル : スポーツ

ブエルタ・アンダルシア2018 開幕

2018年02月13日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

昨年から自転車ロードレス中継にも本格的に参戦した
スポーツネット中継大手の DAZN の動きにより
毎年春の「北のクラシック」やジロ・デ・イタリアの
放送権が J-Sports に無くなってしまった影響か、
J-Sports の中継が今年は大きな変化を見せています。

その1つが、これまでは放送していなかったレースも
中継をすることを始めたことになるでしょうか。

アンダルシア地方といえばスペインの南海岸にある
自治州で、グラナダ、セビーリャ、コルドバ、
ジブラルタル海峡、マラガ等々、観光資源も多く
私も一度はアレハンブラ宮殿などには行ってみたい
とずっと思っている地方になるのですけれども、
毎年この時期にそのアンダルシアを舞台にして
行われる5日間のステージレースが、
この14日から18日までの開催日程の
ブエルタ・ア・アンダルシアになります。

美しい景色が眺められそうでかなり楽しみですが、
時期的に確定申告と被って仕事が忙しから
どこまでゆっくりと観戦していられるか不安も。

昨年は1秒差で総合首位が決まっていますし、
今回もギリギリの戦いが見られる、かな?


公式サイトはこちらから

カテゴリ : 自転車レース
テーマ : 自転車ロードレース ジャンル : スポーツ

ツアー・ダウン・アンダー2018の結果

2018年01月24日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

南オーストラリアのアデレード近辺が舞台の
今年最初のワールドツアーレースでもある
ツアー・ダウンアンダーの全日程が、
先週末の日曜日に無事に終了しました。

日本は現在、かなり寒い冬の中ですけれども
南半球のオーストラリアは猛暑に襲われていて
レースの出場者もかなり大変だったようなのですが、
大きな事故も無く無事に終わったのは、
まずは何よりだったのではないでしょうか。

さて、そんなダウンアンダーの今年の総合優勝は、
ミッチェルトン・スコットの33歳、ダリル・インピー。

南アフリカ国籍の優勝は、初めてのことらしいです。

ポイント章は、ダウンアンダーでのステージ初勝利を
今回飾ったボーラ・ハンスグローエのピーター・サガン。

山岳賞はチームディメンションデータの22歳、
ニコラス・ドラミニで、こちらも南アフリカ国籍の選手が
稼いだポイントをまもって見事に獲得しています。

また、新人賞はチームスカイのエガン・ベルナルが獲得。

彼はコロンビア国籍ですが、今後どんな活躍をするか、
どんな選手になっていくのか、大いに楽しみです。


公式サイトはこちらから

カテゴリ : 自転車レース
テーマ : 自転車ロードレース ジャンル : スポーツ

事務所のHPはこちらから
プロフィール

管理者:tap

武蔵野市吉祥寺にある税理士事務所、宮内会計事務所に勤める税理士の卵のブログです。
仕事やプライベートを通じて思ったことなどを綴っています。


[ tapのプロフへ ]
税法・会計etc. 過去ログ倉庫

過去に書いてきたエントリの内、税法や会計などに関する話題で特に大事だろうと思うものを抜粋して別途掲載している、部分的ミラーサイトのような別ブログです。

最近投稿した記事

  全タイトルを表示
月別アーカイブ
カレンダー
ブログ内検索
カテゴリ一覧
リンク

響金太郎のラジオブログ
「ジバ☆ラジ」

高校時代からの付き合いで、今は九州博多で演劇の夢を追う友人、響金太郎のブログ。
わざわざ言わなくてもそれくらい分かるよ、と言われるかもしれませんが、芸名です。
どこかで見かけたら、応援してあげてください。


私の尊敬する経営者の一人、㈱AGTの社長が書かれているブログです。
写真もふんだんに使われていますし、見て楽しく、読んで楽しいブログだと思います。
私も、いつかこんなジュエリーを誰かに贈る日が来るのでしょうか……?



国税庁

税務行政に関する企画・立案。国税局・税務署の指導監督省庁です。


国税庁タックスアンサー

各種税金の仕組みや届出書、様式の説明、用語解説や各地の税務相談室の案内を記した国税庁サイト内のコーナーです。キーワード検索もできます。


内閣府

Topページの下部に、政府税制調査会のページへのリンクがあります。そこに掲載されている議事録などから、今後の税制改正の動向を知ることができます。


国税不服審判所

国税に関する法律に基づく処分に係る審査請求について裁決を行い、納税者の正当な権利利益の救済を図る機関です。ネット上で判例集が利用できます。



宮内会計事務所

吉祥寺にある税理士事務所。私の勤務先です。

(別サイト)

上記勤務先の、新規起業者向けの特別サイトです。



最新のトラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク
Ranking
QRコード
QR
管理者
  • 管理画面