三鷹駅南口 (武蔵野市、吉祥寺)、とある税理士事務所職員の日常 2014年04月

ツール・ド・ロマンディ 2014

2014年04月30日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

グラン・ツールの前哨戦とも呼ばれ、
スイスで開催される6日間のステージレース、
ツール・ド・ロマンディをJ-Sportsが
全ステージ生中継放送してくれています。

レース期間は、昨日29日から、来月の4日。

現地との時差があるので日本では初日の
プロローグ個人タイムトライアルが
29日~30日にかけての放送、
つまり、いま現在、絶賛放送中です。

このレース、実は今年が初放送なので
私としても分からないところはあるのですが、
上記のシーズン内におけるポジションや開催時期、
そしてコースとなっている地点は過去に
他のレースの放送で馴染みのある場所でもあるので、
なんとなく、「こうなるんだろうな」ということは
おおまかに想像することができます。

とはいえ、もちろん勝負は水物なので、
最終ステージが実際に終わってみるまでは
誰が勝つのかは分からないのですけれど。

税理士試験の勉強もありますけれど、
約1週間、楽しませてもらおうと思います。





カテゴリ : 自転車レース
テーマ : 自転車ロードレース ジャンル : スポーツ

リエージュ~バストーニュ~リエージュ 2014

2014年04月29日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

アルデンヌ3連戦を締めくくるのは、
今年で111年目、第100回大会を迎えた
「ラ・ドワイエンヌ(最古参)」とも呼ばれる
リエージュ~バストーニュ~リエージュ。

今年はユーロップカーの新城幸也と
トレックファクトリーの別府史之という
2名の日本人選手が出場をしています。

この内、新城は第3のエース的なポジションで
ほぼアシストをしなくてもいいオーダーとしても、
別府は基本、チームエースのアシストを
期待されている選手なはずなので、
個人的な成績をあまり期待するのは難しいところ。

この日の新城は途中までいいところに残ったものの、
最終局面の勝負までは絡めずじまいでした。

そしてレースは、各チームのエース格のみが残る
30人弱の集団が最後の登りに突入し、
そのままガチンコの登りスプリント勝負。

結局、この日の勝者はオリカグリーンエッジの
オーストラリアチャンピオン、サイモン・ゲランス。

2位はモヴィスターのアレハンドロ・バルベルデで、
次にオメガファルマ・クイックステップの
‚ミカル・クヴィアトコウスキーという結果であり、
2連覇を狙ったガーミン・シャープの
ダニエル・マーティンはゴール直前の最終コーナーで
まさかの落車をしてしまい、夢破れることに。

今回のリエージュで、春のクラシックは終了し、
これからはステージ・レースのシーズン、
グラン・ツールのシーズンがやってきます。





カテゴリ : 自転車レース
テーマ : 自転車ロードレース ジャンル : スポーツ

切り替えは終わっていますか?

2014年04月26日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

マイクロソフトが2001年リリースのOS、
Windows XP へのオフィシャルサポートを終了して
半月が経過することになりますよね。

サポート切れも直前の4月頭の時点でも
法人が使用している業務用PCの7割以上が
まだOSがXPのマシンであるとか、
全世界のATMの2/3がXPを使っているとか、
地方自治体でも13%が切り替えをできていないとか、
そういったニュースが飛び交っていましたけれど、
その状況が少しは改善されたのかというと……

たったの2週間で予算関係が急に整うとは
さっすがにちょっと考えにくいですから、
多分、それ等のXPマシンが今でもそのまま
普通に仕事などに使われていのではないでしょうか。

イギリスとオランダの政府はマイクロソフトと独自に
XPの延長サポート契約を結んだそうですが、
これには結構な代金が発生しているようですし、
誰もが簡単にできることではない以上、
多くのユーザーがウィルス対策ソフトのみを頼りに
未だにネット接続環境下でXPのパソコンを
使い続けていることが容易に想像されます。

特に官公庁や金融機関などの影響の大きいところは
セキュリティが穴だらけのそんな状況は1日でも早く
解消されるべきですが、さてどうするつもりなのか。

単にパソコン本体を買っていないというだけでなく、
現行のシステムがXPで組まれているので
そもそもプログラムから全て書き変えなければならず、
1から開発をしていく予算も無い、
ということなのだろうと推察はできます。

しかし、XPのサポート期限切れはもう何年も前から
言われ続けていたことでもあるわけで、
その頃からゆっくりとでも準備を進めていく、
というわけにはいかなかったものでしょうか。

不景気だったのは分かりますけれども、
それを言い訳にできるかというと、
見通しが甘かっただけな気がします。


ちなみに、個人所有・プライベートユースのパソコンで
完全にスタンドアローンのオフライン使用ならば、
XPのパソコンを使い続けるという選択肢も
(あくまで自己責任で)無くはないかもしれません。

が、その場合はUSB等の記録媒体を使っての
様々なデータのやり取りもしないようにすべきですし、
例えばUSB端子での携帯・スマホの充電も含め
一切の外部機器との接続をしないような、
そんな運用を徹底することができるのならば、
という条件を付けるべきだと思います。

さらに言うならばウィルス対策ソフトのインストールと、
パターンファイルを極力最新にしておくことも
欠かすべからざる必須条件と言えるでしょう。

そこまでのことをやり抜くことができるのか。

このように考えれば、XPを通常仕様のパソコンとして
これからも普通に使い続けるというのは、
安全性に大いに無理があるという点から、
どだい無理のある話だと断定するしかなさそうです。

Windows8

カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

フレッシュ・ワロンヌ 2014

2014年04月25日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

アルデンヌ3連戦の2戦目となるのは、
今年はバストーニュからスタートすることになった
ベルギーはワロン地方のレース、フレッシュ・ワロンヌ。

このレースは、最大斜度26%、全長1.3kmの激坂
ミュール・ド・ユイ、通称「ユイの壁」が名物です。

なお、先週末のアムステル・ゴールドレースで
見事に10位に入った新城幸也は、
今週末のリエージュ~バストーニュ~リエージュで
成績を出すことを優先する為に
このレースは出場せずに調整期間に充てています。

そんな中、優勝候補は、やはりアムステルを制した
BMCレーシングのフィリップ・ジルベールが筆頭。

しかし、この日のジルベールの走りは少し振るわず、
ゴール地点のユイの壁を最速で駆け上がったのは、
ここのところ各地のレースで好調を維持している
モヴィスターのアレハンドロ・バルベルデでした。

春のクラシックシーズンも大詰めですが、
次のリエージュがどんなレースになるのか、
ジルベールの巻き返しはあるのか、
新城がどのような走りを見せてくれるか、
日曜日が楽しみでなりません。





カテゴリ : 自転車レース
テーマ : 自転車ロードレース ジャンル : スポーツ

涙を流して健康になる、とのこと

2014年04月23日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

ちょっと前の話になるのですけれど、
出勤前にデータ放送の天気予報を確認しようと
スイッチを入れたTVの朝の情報コーナーで
意識して涙を流すことでメンタル面から
心身を健やかにしようという「涙活」という
活動があることを知りました。

軽くネットで調べてみたところ、
「涙活」とはおおよそ次のようなもの。

曰く、「1か月に2~3分だけでも
能動的に涙を流すことによって
心のデトックスを図る活動」らしいです。

なるほど、確かに感情を爆発させて大声をだし
思いきり騒いだりするとスカッとして
ストレスだの悩みだのを吹き飛ばすことができるから、
つまりそういうことを言っているのかな、
私にとってのライブと同じようなことかな、と、
そんな風に最初は思ったのですが……

これ、それとはニュアンスが違うようですね。

「泣く」といっても大いに心を乱されて
滂沱の涙を流すというのではなく、
もっとじんわりと涙を流す系統の「泣く」。

泣くことによって副交感神経のスイッチが入り、
脳がリラックスした状態になる状態を作る。

それが「涙活」の目的ということらしく、
効果的なのは他者への共感を基にする
「情動の涙」であることからこの活動では、
泣ける話を聴くなどしているのだそう。

感動の涙とか、他人の悲しみへの共感の涙とか、
それが大事と言っているのは、理解できますが。

「全米が泣いた」的なキャッチフレーズは、
正直、全く好きではないのですけれども、
手持ちの小説や映画ソフトや音楽などには
確かに「泣ける」ものもあります。

そういうのを観たり聴いたりして
涙を流すことが推奨されているのでしょう。

うーん、分かったような、分からないような。

カテゴリ : ニュース
テーマ : 気になるニュース ジャンル : ニュース

アムステルゴールドレース 2014

2014年04月22日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

石畳が特徴的な北のクラシック3連戦の後は
アルデンヌ地方で開催される3つのレース、
いわゆるアルデンヌ3連戦がやってきます。

その第1戦が、オランダはマーストリヒト近郊の、
アップダウンの多いアムステル・ゴールド・レース。

全日本チャンピオンの新城幸也も出場したこのレース、

幾度となく折れ曲がり風の影響も大きいコースで、
次第に人数が減っていくメイン集団に残り、
最後のカウベルグの急坂でアタックして
そのままゴールラインを通過したのが、
BMCレーシングのフィリップ・ジルベール。

過去にこの大会を2連覇したこともありながら、
その後しばらく不振が続いた彼ですけれども、
前哨戦のブラパンツ・パイルを優勝した勢いで
全盛期の復活を思わせる完全勝利を見せました。

やはり、格好良いな、ジルベール。

そして新城も、後方集団のスプリントで
頭をとって見事に10位に入賞!

解説の栗村修さんもコメントしていましたが、
世界でも10本の指に入る伝統と権威のある
ワンデイクラシックレースでの10位という成績は、
日本自転車ロードレース界にとっても
とんでもない快挙と言えます。

どのくらい凄いのかを伝えるのは難しいのですが、
そうですね、サッカーノワールドカップで
ベスト4に入るくらい、と言っってもいいくらい、かも。

おめでとう、ジルベール!

おめでとう、新城!




大きな地図で見る

カテゴリ : 自転車レース
テーマ : 自転車ロードレース ジャンル : スポーツ

外国人旅行者と消費税

2014年04月20日  
国税庁ホームページ吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

会計や税法に関する説明を
月に最低でも1回のペースで
このブログに掲載するように
しようというのが私の
個人的に決めたルールだったのですが、
今年に入ってから変に忙しくて、
1月~3月は何も書くことができませんでした。

しかし、いつまでもそれではいけないというわけで、
確定申告業務もそろそろ終わることだし、
ここらでルールの再開をしようと、
今回は久し振りに税法の説明をしてみます。


さて、いよいよこの4月から
消費税等の税率が5%から
8%に上がりましたよね。

その消費税について、安部政権が現在、
外国人旅行者が国内で商品を購入した場合の
消費税免税となる対象品目を
これまでの電化製品や衣料などだけでなく、
それ以外の全ての品目にまで拡大することを
検討しているというニュースがありました。

そもそも消費税というのはその名の通り、
日本国内で消費活動を行うことに対する課税です。

しかし、例えば文具店で箱入りの鉛筆を買った人が
「その内の何本」を「いつ使ったのか」ということは
実際問題として把握が難しく課税困難である為に、
その1つ前段階である購入時において
消費税は課税されることとなっています。

この辺りについては4年ほど前
このブログでも書いていますので、
よろしければご参照ください。

これを踏まえた上で、例えば成田空港で
出国手続きを取った後の空港内の各種売店が
消費税のかからない免税店であることなども
合わせて連想していただけば、
この方針も呑みこみ易いのではないでしょうか。

要は、日本国内で購入した物品であったとしても、
その消費活動が国外で行われるのであれば
消費税の課税の対象にはならない、ということです。

とはいえ、例えばどこかのコンビニで
外国人旅行者が弁当等を買って行ったケースなど、
明らかに国内で消費する(食べる)ということが
想定されることもあるわけで、
ですから従来はこの免税措置の対象になるのは
飲食料品や化粧品等の消耗品などを除く
通常の生活用物品に限ると定められていました。

* その他の要件については、以下をご参照ください。
   国税庁タックスアンサーNo.6559


今回の改正案はこの制限を取り払うことで
日本土産として人気の菓子や化粧品も免税対象とし、
外国人旅行者の国内での物品購入を後押しして、
さらには観光客誘致にも繋げようという狙い。

方向性としては理解でき、納得できます。

ただ、小規模な個人経営の小売店等で
いちいちその客が外国人旅行者かどうかなど
把握できないということになれば、
旅行者に免税申請書類などを携帯してもらい、
物品購入時に店側による確認を得て
レシートと共に保存しておいて
出国時に空港内で消費税相当額の
還付手続きを取ることができるようにするとか、
そんなやり方が考えられるでしょうか。

空港税関での人件費の増加を避けるには
何らかの電子手続きができるようにするのが
いいのでしょうけれども、その場合、
購入の事実証明をどう担保するのかが
課題となってくるでしょうか。

この件に関する本格的な議論は
これからということになるのでしょうし、
細かいところはまだ決まっていないのでしょう。


なお、消費税の仕組みなどについては
当ブログ内で同内容を採り上げたエントリを
ここで一度リスト化していますので、
よろしかったらそちらもご覧ください。

消費税関係の話題では、Amazonなどの
海外に設置されたサーバからの配信事業について
今後の法改正に関する動きがあったのですが、
それについては、また次回にでも。

カテゴリ : 税金・税法
テーマ : 税金 ジャンル : 政治・経済

預金残高のご確認を!

2014年04月19日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

確定申告も終わって約1ヶ月が経過し
その記憶も段々と薄れていっている、
そろそろそんな時期かもしれませんね。

しかし、ここで気を付けるべきことがあります。

それは、確定申告の計算結果、
納付すべき税金が算出されていて、
口座引落しとなる「振替納税」制度を
選んでいるという人に関して。

税務署に所定の用紙で届け出を提出して
この「振替納税」の適用を受けた場合は
通常は申告期限と同じ日までである納付が、
所得税で次の火曜日の4月22日
消費税は同木曜日の4月24日になります。

当然ですが、納めるべき税額に対して
預金の金額が少ない場合には、
残高不足で引落しは行われません。

この場合、追って督促状と納付書が
税務署から送られてくることになるのですが、
期日に納付がされなかったことにより、
本税に加えて延滞税が発生します。

延滞税の金額は、法定の納付期限の翌日から
実際に納付が行われた日までの日数に応じ、
税額に所定の利率を乗じて算出されます。

この、「法定納付期限」というのがポイントで、
つまり口座残高が足りなかった場合に、
例えば所得税の場合には4月23日からではなく、
「振替納税」制度を利用していない場合と同様に
3月16日から延滞税計算が始まるのです。

うっかり残高が足りていなかったことにより、
思わぬ税負担の増加を被ることになります。

もちろん延滞税が幾らになるのかは
本税の金額次第ではあるのですが……
金融機関などで納付をする手間も増えますし、
むやみな税負担を防ぐ為にも、
税務署に届け出ている振替納税の口座について、
口座残高の確認を強くお勧めいたします。

カテゴリ : 確定申告
テーマ : 税金 ジャンル : 政治・経済

「少女キネマ 或は暴想王と屋根裏姫の物語」

2014年04月17日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

「少女○○」もしくは「○○少女」というタイトルで
私が思い出す小説と言えば、三雲岳斗の「少女ノイズ」や
夢野久作の「少女地獄」、青柳碧人の「希土類少女」他、
列記しなかったものも含め、かなり印象的なものばかり。

かつ、今やネーミングとしては安直とも言えるだけに
これに類するタイトルの作品に対しては
個人的な評価のハードルが上がりがちになってしまいます。

そんな中、帯の綾辻行人や乙一の絶賛コメントが
大いに気になったので買ってみたのが、この「少女キネマ」。

ジャンルとしては、森見登美彦等に代表されるような
大学を舞台にしたユーモア調の青春小説というところで、
そうなればこれはもうお約束でもあるのですが、
主人公の周囲にいる友人、先輩は変人ばかり。

そういうメンバーが繰り広げるバカバカしくも
時にしんみりとさせる日々を描いて行くというのであれば、
普通の大学青春モノということになるのですが、
本作の場合はそこに「本気で創作活動を行おうとすれば
宿命的に直面することになるだろう障壁」というものが
ストーリー上の大きな要素として関わってくるのが、
大きな特徴となっていると言えるのではないでしょうか。

では、その障壁を乗り越える為に、
あるいはそれを突破する為に、
表現者は何をするべきなのか。

そもそもその障壁を超えることは、
絶対に必要だと言えるものなのか。

思い描き胸に抱いている高い理想と、
現実の自分自身との間にあるギャップを、
いかにして解決していくべきなのか。

自分は作品を通じ何かを表現するような、
そんな者ではないと考えている主人公も等しく
この苦しみを味わうことになるということで、
それが本作にビルドゥングス・ロマンスのような
要素をももたらしていると言っていいでしょう。

つまりそれは、本作が古典的な青春小説としての
側面も持っているということに、他なりません。

綾辻行人は、本作の面白さ、切なさ、
謎解きなどの驚き、感動などに、
若い書き手の勢いと情熱を感じ、
乙一は読了後に放心状態ですごして、
自分が死んだ時には本作を棺桶に
入れてほしいと思っていると言う。

その2人のコメントと私のコメントとを
同列に扱うのもどうかとは思いますが、
しかし、ここは私も声を大にして言います。

この『少女キネマ』はそれを読んだ人に
非常に幸せな読書体験をもたらす傑作です。

少女キネマ 或は暴想王と屋根裏姫の物語 (単行本)少女キネマ
或は暴想王と屋根裏姫の物語
(単行本)

(2014/02/27)
一 肇
商品詳細を見る

カテゴリ : 読書
テーマ : 読んだ本の感想等 ジャンル : 小説・文学

パリ~ルーベ 2014

2014年04月15日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

「クラシックの王様」ツール・ド・フランドルの翌週は
舞台をベルギーから隣国のフランスに移して
「クラシックの女王」もしくは「北の地獄」、
パリ近郊からルーベまで257kmのコースの後半に
51.1kmの荒れた石畳(パヴェ)を持つ
パリ~ルーベが開催されます。

もちろん、今年も J-Sports は生中継で放送。

優勝候補の筆頭は先週のフランドルを制した
トレックファクトリーレーシングの
ファビアン・カンチェラーラという下馬評で、
それにオメガファルマ・クイックステップのトム・ボーネンや
25歳の若手、ベルキンのセブ・ヴァンマルク、
更に若い24歳のキャノンデールのペーター・サガンという
面々が続くというところでしょう。

ただし、トム・ボーネンは今年はこれまでのシーズンで
成績が振るわずトップコンディションでも無いそうで、
しかしクイックステップにはボーネンの他にも
ニキ・テルプストラやゼネック・スティバール等、
優秀な選手が揃っていますので、
誰がいつ仕掛けてくるのか展開次第と言えます。

そんなパリ~ルーベ。

幸いにも今年は雨が降りしきるような
荒れた天気にはならずに済みましたが、
これをラッキーだと見る選手がいる一方で、
雨風が強い方が自分にとっては勝機があるのだが、
というように思う選手もいるわけです。

途中まではかなり順調というか、
例年よく観るように普通に進んだレースですけれども、
先週の結果がさすがに腹に据えかねていたのか、
残りがまだまだ65kmもある地点で
追走集団からボーネンが単独でアタックするという、
ちょっと無謀ではないかと感じられる展開に。

そのまま先頭に追い付いたボーネンですが、
彼に協力して一緒に逃げてくれる選手が他におらず、
その後もなんだかんだありつつ結局は
有力選手が10kmを切ったところでほぼ全員
先頭集団を形成することになりました。

この中に上記3人の選手を送り込んで
絶対的有利な状況を作り出したのが、
オメガファルマ・クイックステップ。

他のチームにイニシアチブを取らせない為に、
監督の Goサイン を受けて飛び出したのが
昨年3位に入っているニキ・テルプストラで、
後続がお見合いをする中リードを20秒に広げると
そのままトップでゴールラインを通過しました。

2位には何と、ジャイアント・シマノの
ドイツ人スプリンター、ジョン・デゲンコルブが入り、
3位はカンチェラーラで4位にスティバール。

ボーネンは逃げをうったことで消耗もしていたので
10位に終わってしまいましたけれども、
チームとしては優勝を手にしただけでなく、
ベスト10に3名を送り込んだわけで
成功と言える結果だったのではないでしょうか。

ボーネンが勝てなかったのは残念なものの、
かなり展開の面白い、いいレースでした。


なお、この1週間の間に開催されていたステージレースでは
こういったワンデイクラシックには出場してこない
グラン・ツールを狙う総合系の選手が走っています。

その1つ、バスク地方1週のブエルタ・アル・パイスバスコで
最終日の個人TTで2位に入る走りを見せて
ティンコフ・サクソのアルベルト・コンタドールが優勝、
共に激しい優勝争いを繰り広げ最終日前日まで総合2位だった
モヴィスターのアレハンドロ・バルベルデは
その個人TTでタイムを失いは総合5位になったものの
山岳で強さを見せつけていましたし、
一方でオメガファルマ・クイックステップの期待の若手
ミカル・クウィアトコウスキーが個人TTで3位に入り
総合順位を7位から2位に一気に上げてレースを終える等、
それぞれに好調ぶりをライバル達に見せつけています。




カテゴリ : 自転車レース
テーマ : 自転車ロードレース ジャンル : スポーツ

事務所のHPはこちらから
プロフィール

管理者:tap

武蔵野市吉祥寺にある税理士事務所、宮内会計事務所に勤める税理士の卵のブログです。
仕事やプライベートを通じて思ったことなどを綴っています。


[ tapのプロフへ ]
税法・会計etc. 過去ログ倉庫

過去に書いてきたエントリの内、税法や会計などに関する話題で特に大事だろうと思うものを抜粋して別途掲載している、部分的ミラーサイトのような別ブログです。

最近投稿した記事

  全タイトルを表示
月別アーカイブ
カレンダー
ブログ内検索
カテゴリ一覧
リンク

響金太郎のラジオブログ
「ジバ☆ラジ」

高校時代からの付き合いで、今は九州博多で演劇の夢を追う友人、響金太郎のブログ。
わざわざ言わなくてもそれくらい分かるよ、と言われるかもしれませんが、芸名です。
どこかで見かけたら、応援してあげてください。


私の尊敬する経営者の一人、㈱AGTの社長が書かれているブログです。
写真もふんだんに使われていますし、見て楽しく、読んで楽しいブログだと思います。
私も、いつかこんなジュエリーを誰かに贈る日が来るのでしょうか……?



国税庁

税務行政に関する企画・立案。国税局・税務署の指導監督省庁です。


国税庁タックスアンサー

各種税金の仕組みや届出書、様式の説明、用語解説や各地の税務相談室の案内を記した国税庁サイト内のコーナーです。キーワード検索もできます。


内閣府

Topページの下部に、政府税制調査会のページへのリンクがあります。そこに掲載されている議事録などから、今後の税制改正の動向を知ることができます。


国税不服審判所

国税に関する法律に基づく処分に係る審査請求について裁決を行い、納税者の正当な権利利益の救済を図る機関です。ネット上で判例集が利用できます。



宮内会計事務所

吉祥寺にある税理士事務所。私の勤務先です。

(別サイト)

上記勤務先の、新規起業者向けの特別サイトです。



最新のトラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク
Ranking
QRコード
QR
管理者
  • 管理画面