三鷹駅南口 (武蔵野市、吉祥寺)、とある税理士事務所職員の日常 2015年07月

今年もツールが終わりました

2015年07月28日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

今年も、ツール・ド・フランスが終わりました。

自転車ロードレースという競技を好きになったのは
大学浪人時代なのでもうずっと前のことですけれども、
転職を機にケーブルテレビの放送を観るようになった
ここ10年ちょっとのレースを振り返ってみて、
近年は以前と比べ全3週間のステージ構成に
変化が出ているのではないかと感じています。

それだけが原因では無くて、
技術的なことや科学的なこと等、
色々なことが絡み合って
レースの傾向が変わってきた。

最初の1週間は逃げとスプリンターが中心の
総合争いとしては比較的のんびりしたもので、
ピレネーもしくはアルプスで2~3日の
ちょっと厳しい山岳ステージがあった後は
再び移動区間の平坦ステージがあって、
もう一度山岳ステージが2~3ステージ、
そしてパリに向かって移動する平坦ステージ、
最後はシャンゼリゼでのスプリント合戦というのが、
私が熱心な観戦を始めた頃のイメージでした。

今は、TV放送などを介したマーケットの拡大や
アメリカ的なショーアップの考えの導入もあったのか、
日程の全般にわたってスリリングな勝負が
繰り広げられるようなコース設定にしている感じです。

それが果たして良い事なのか悪い事なのかは
単純に決めたりできないことなのでしょうが、
その結果、レースの質が変わってきたのは事実かも。

そんな印象を改めて強く覚えた今大会でした。

今年のツール・ド・フランスは「酷暑」というのが
相応しいくらいの熱さに襲われたステージも多く、
落車が多いのもその影響もあったでしょうし、
勝負の行方を左右した大きな要素だったと思います。


厳しかった3週間を終えて総合首位を手にしたのは
チーム・スカイのクリストファー・フルーム。

第1回目の休息日明けだった第10ステージ、
ピレネー山脈での今大会初の超級山頂ゴールで
ライバル達を突き放す圧巻の登坂を見せました。

そうして総合首位の地位を大差で手にした後は
得意としているチームワークと安定した走りで
終盤のアルプスまでは危なげなく首位をキープ、
しかしアルプスではそれまでの隙の無い登坂から
一転して調子を落としピンチになりながらも、
なんとか逃げ切りに成功することとなりました。

スプリント賞はティンコフ・サクソのペーター・サガン。

昨年に続き今大会でもステージで1勝もできないまま
この賞を受賞したサガンではありますけれども、
スプリントステージ以外でも積極的な走りを見せ、
特に第14~17ステージでは4日連続で逃げに乗り
中間ポイントのみならずゴールスプリントでも
きっちりと上位1ケタでポイントを加算していたので、
これは誰が見ても彼が最強だったと言えるでしょう。

山岳賞は、終盤のアルプスで総合上位勢が
非常に熱い戦いを繰り広げた結果として
ここに焦点を合わせていたクライマーでは無く、
総合首位のフルームが獲得しています。

新人賞は、モヴィスターのナイロ・キンタナ。

もちろん彼が欲しかったのはこれではなくて
総合優勝の黄色いジャージだったわけですが、
しかしこれも名誉であることは間違いありません。

彼が総合でもフルームを脅かす2位になるくらいの
強い走りをしたからこそ大差で獲得できたわけですしね。

むしろ、キンタナが新人賞の対象になることが
なんだかずるいような気にもなりますが、
これは「新人賞」とはいいながらも実際は25歳以下で
一番成績のいい選手に与えられる賞なので、
例えば2012年から連続してツールに出場して
毎年ポイント賞を獲得している上記のサガンも
実はまだ新人賞対象者だったりします。


以上が、2015年のツールの主だった結果です。

この世界にも世代交代の波が徐々にではありますが
押し寄せつつあるのがここ数年の現状ですから、
来年はどうなるのか、どんな選手が活躍するのか、
どんな走りを観ることができるのか、今から楽しみです。


<公式サイトはこちらから>

カテゴリ : 自転車レース
テーマ : 自転車ロードレース ジャンル : スポーツ

今年も本番まで残りわずか

2015年07月26日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

今年も税理士試験の本番当日まで
残すところ半月とちょっとということになりますが、
何回受験しても、絶対に大丈夫だという
気になれないのがこういう資格試験ですよね。

なのでこの2015年も不安な気持ちを抱えつつ
毎日の勉強に邁進している状況は例年同様。

今年も受験予定の「相続税法」については、
それだけ失敗し続けているということなので
決して威張れた話では無いのですけれども、
かれこれ4年目にもなるわけで、
勉強内容の理解はさすがにできているはず。

それでも、不安が無くなるわけではない。

計算問題を解きまくり、理論を暗記して行くことで
その不安の度合いを減らして行くことはできますが、
良く言われる「試験は水物」というフレーズは
まさしく真実であるということを実感しているだけに、
どれだけ勉強しても安心できないのです。

もちろん、今まで「相続税法」に受からなかったのは
運が悪いとか問題が悪いとかではなくて、
私の努力、勉強が足りなかったせいなのですけれど……

この話題に関しては毎回、同じことを書いているので、
「いいかげんにしろ」と言われそうですが、
今年こそが勝負と思って残りの期間は
死ぬ気で追い込みの勉強をするつもりです。

カテゴリ : 税理士試験
テーマ : 資格取得 ジャンル : 学校・教育

「藍のエチュード」

2015年07月24日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

以前に読んだ「ミリオンセラーガール」が良かったので、
ひとつ里見蘭の別の作品も読んでみようかと思い、
とりあえず「藍のエチュード」を購入してみました。

本作が描くのは、上野にある東京藝術大学で
剣道部に所属する男女の青春模様。

絵画で、楽器で食べていくことができるのか、
プロになることができるのかという葛藤と恋愛に
部活動としての剣道が絡んでくるという群像劇で、
かなり面白く読ませてもらいました。

昨今はこういう題材を扱うエンタメ小説では
現実にはこんなのはいないよというような
極端に強調され劇画化された性格の
キャラクターが登場してストーリーを
強引に走らせるようなものになりがち。

ですが本作の場合はあくまでも、
実際にいそうかなと感じられる人物達の
物語になっているところがミソでしょうか。

とはいえ、全くもって平凡なキャラでは
それはそれで物語が動かないですから、
本作の登場人物も実際にはそれぞれに
事情を抱え、クセがある設定になってます。

それなのに、自然な造形に感じられるというのは、
舞台となっているのが藝大だから、
芸術家・音楽家志望の人々はそういうものだよな
と納得させられるというのももちろんですが
あくまで無理のない描写がされているから、
というのも大きな理由としてあるでしょう。

青春のやるせなさや切なさ、
どうしようもなさも感じられて、
1つの青春小説として、
なかなかの作品だと思います。

 藍のエチュード
 (2014/06/24)
 里見 蘭
 商品詳細を見る

カテゴリ : 読書
テーマ : 読んだ本の感想等 ジャンル : 小説・文学

すもも祭 と からす団扇・扇子

2015年07月22日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

府中にある武蔵野国総社の大國魂神社では、
毎年7月20日に源頼義と義家父子が行った
奥羽征伐の際の戦勝祈願を起源とするという、
「すもも祭」が開かれることとなっています。

その名前通り、この日に大國魂神社に行くと
参道の両側にずらりと並ぶ露店には
すもも を扱っているものが非常に多い。

とはいえ、1人暮らしだと袋で買っても
始末に困るので基本、見るだけなのですが。

さて、実は大國魂神社には1年で1回、
この すもも祭 の日だけの限定で
頒布されているものがあります。

それが、五穀豊穣と悪疫防除、厄除の
振興を持つ「からす団扇」と「からす扇子」。

これで扇ぐと農作物の害虫は駆除され、
病人は平癒し、玄関先に飾ると魔を祓い
その家に幸福が訪れるというものです。

私も、宮内会計事務所への転職を機に
地元から今のアパートに越してきた年の
すもも祭 で からす団扇 を購入して以来、
ずっと玄関の靴箱のところに飾っています。

今年は、下の姉が新たな職業に就いて
実家から転居をすることになったので、
そんな彼女にあげる からす扇子 を買う
というのが すもも祭 に行った第一の目的で、
何気にその話に興味を示した両親を
案内して一緒に昼食を採るのが第二の目的。

税理士試験の受験直前の身なので
そうそうゆっくりもできないのですけれども、
関東地方の梅雨明けも宣言された強い陽射しと
暑さの中でちょっとしたリフレッシュとなりました。


カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

食事とお酒 カヤシマ

2015年07月20日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

これまで書いてきた第1回第2回第3回に続き、
事務所のある吉祥寺で昼食を採る場合に
どんな店に行っているのかという話について、
その第4回目となる店を紹介したいと思います。

それが、吉祥寺通り沿いにある喫茶店、
「食事とお酒 カヤシマ」です。

ここは店名にもあるように日本酒を中心に
酒類も豊富に揃えているようなのですが、
要するにいわゆる「喫茶店」という響きから
普通に想像されるような喫茶店です。

店内の風景は下の写真の通りで、
年に数回、落語会やジャズライブなどの
イベントも催されたりしています。

ここで昼食を採る時に頼むのはいつも
写真にも選んだ2種類のどちらか。

ナポリタンもオムライスもどちらも、
いかにもな「喫茶店のナポリタン」と
「喫茶店のオムライス」な一品であり、
意外性や驚きはありませんけれども
何だかホッとするような安心できる味。

ランチタイムは大盛が無料というのも
ポイントの高いところになります。

写真では味噌汁とサラダが写っていますが、
この他にもドリンクが一品ついているので
食後はそれを呑んで一息入れるのが常。



さて、4回に渡って紹介してきた吉祥寺の
昼食どころ紹介は一応、今回が最後です。

別にいつでもこの4店のどこかで食べている
というわけでは無いのですけれども、
あとは、良くあるチェーン店だったりするので
わざわざ紹介するようなこともないかと。

他にも私の気に入っている店はありますが、
昼休みのランチには向かなかったりするので
それ等については、いずれまた、機会があれば。

カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

ツール・ド・フランス2015 途中経過

2015年07月17日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

2015年のツール・ド・フランスも折り返し点を越え、
大きく勝負が動いたピレネー山脈でのステージが
まさに終わったばかりというところです。

そこで、これまでのレースを振り返りつつ、
現状を簡単に書いてみることにしました。

毎年、ツール序盤のステージは荒れることが多く
落車なども多発する傾向にあるのですが、
残念なことに今年もそれは変わりませんでした。

ここで紹介した総合優勝最有力とみられている4名が
それに巻き込まれずに済んだのは良かったのですが、
しかしステージやポイントを狙えるような選手、
ビッグネームが次々とレースを去ることに。

毎年、こういうのは観たくないなと思うのですが、
ツール・ド・フランスだと出場選手達の意気込みも
他のレースと大きく違っているからなのか、
転びたくて転んでいる選手もいないのでしょうが、
どうしてもレース序盤はみんなナーバスになって
いつもなら無いような落車も起きてしまうようです。

トレックレーシングのファビアン・カンチェラーラ、
オメガファルマ・クイックステップのトニー・マルティンと、
総合首位の証である黄色いマイヨ・ジョーヌを着たまま
落車によって骨折をしてリタイアしてしまうという、
何か呪われているのではないかと思ってしまいそうです

そんな中、総合争いについては1回目の休息日明けだった
第10ステージの超級山岳での山頂ゴールで
チームスカイのクリス・フルームがライバルを圧倒する
堂々たる走りで大きなタイム差を稼ぎ出すなど、
今年の最終的な総合優勝をかなりの確率で
確実なものにしてきていると言えるでしょう。

他の総合候補の調子が悪かったのかというと、
確かにそういう側面が無かったわけではありませんが、
しかしこれはフルームが良すぎだという感じです。

もちろん勝負は最後まで分かりませんけれど、
これは、総合1位はほぼ確定的となっていて、
残るのは最終日の表彰台を巡る争いであり、
上位1ケタを巡る争いということになるのかな……


<公式サイトはこちらから>

続きを読む

カテゴリ : 自転車レース
テーマ : 自転車ロードレース ジャンル : スポーツ

7月29日にリリース

2015年07月15日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

ご利用中のパソコンにメッセージが出ていたりして
既にご存知の方も多いと思いますけれど、
今月末に Microsoft が新しいOSの
Windows10をリリースするとことになっています。

Windows7もしくは8.1が無償アップデートの対象とされ、
リリースと同時にダウンロードしてアップデートする為の
予約機能なども自動で提供されています。

Microsoft は、このOSに余程の自信を持っているのでしょうか。

最新のOS、しかも無料であるということで、
ついつい即座にアップグレードしたくなるかもしれませんが、
しかし、ちょっと待って、良く考えてみてください。

Windows8 が出た時、そして8.1が出た時もそうでしたが、
反射的にOSを変更する前に、確認すべきことがあります。

まずは、そのPCが実際に Windows10 に対応しているか否か。

これは、メーカーのホームページで確認できるでしょうが、
あんまりにもスペックがギリギリだったりすると
アップグレードしたは良いものの動作が重くなりすぎて
何をするにもひどくやりづらいことになりかねません。

また、例えスペックの面でアップグレードに問題が無くとも、
現在の状態でお使いになっている各種のソフトが
Windows10 に対応していない可能性も大いにあります。

とりあえず、リリース直後に対応しているのは
せいぜいが Microsoft 本体の出しているものだけで、
それ以外のソフトの対応までは半年くらいかかるのも
ザラであると思っておいた方がいいかもしれません。

ちなみに当事務所の推奨している㈱TKC製の各ソフトは
まだ Windows10 には対応しておりませんので、
当面、アップグレードはしないようにお願いいたします。


カテゴリ : 日記
テーマ : 気になるニュース ジャンル : 日記

こんな仕事をすることもあります

2015年07月13日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

5月の半ばに当事務所の関与先である
株式会社レポック様からホームページ作成について、
いい方法は無いかというご相談を受けました。

関与先様のホームページ作成に関しては
以前より「BESTホームページ」というサービスを
事務所として提供させていただいていたのですが、
レポック様はその利用条件を満たしておりましたので、
それをまずは紹介させていただきました。

あらかじめ用意されたテンプレートのデザインを選び、
そこに文章と画像を嵌め込んでいくことで
基本的なホームページが簡単に作れるというものです。

ただ、社長様はなかなか作成の時間が取れないとのことで、
できれば当事務所で作成をしてくれないかとのご依頼。

今回ご紹介しているレポック様の場合にはたまたま、
既に印刷物の会社案内と商品カタログがありましたので、
それをスキャナーで取り込んだ画像データを
ベースにして作るというもので良ければ、
比較的すぐに私が作ることも可能とお答えしました。

そうして作ったホームページが、下の画像。

今回は、社長の要望をお聞きした結果として
極力ページ数の少ないシンプルなものを作りましたが、
この他にも、案内図ページの作成やブログの開設、
場合によってはネットショップを開くこともできます。

どんな場合でも当事務所でホームページ作成まで
請け負うことができるわけではありませんけれども、
「BESTホームページ」 サービスの内容ご説明と
作成方法のご案内はいつでもさせていただきます。

まだホームページの無い当事務所の関与先様で
これから開設することを検討されている事業主様は、
よろしければお気軽にご相談ください。

なお、色々とご協力をしていただきつつ
当事務所で作成を請け負う際の料金は、
その作業内容によって変わってきますので、
定額ではなく、応相談とさせていただきます。


株式会社レポック ホームページは こちら

カテゴリ : 関与先
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

「船を編む」

2015年07月10日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

ずっと文庫落ちを待っていた 三浦しをん の、
2012年本屋大賞受賞作として映画にもなった、
「舟を編む」を満を持して読みました。

あちこちで評判の良さを耳にしていましたし
新しい国語辞書を編纂しようとしている編集者の物語、
という枠組にも大いに興味を惹かれていたのですが、
どうせ遅からずに文庫になるだろうと考えて
文庫版の発売まで購入を控えていたのです。

で、いざ実際にそれを読んでみてどうだったのか
ということなのですけれど、一言で書くならば
「面白かった」ということに尽きるでしょう。

辞書というのは一朝一夕ではできませんし、
辞書編集部を取り巻く社内状況もあれば
実際に商品が発売となるまでに
10年以上の歳月を要することになるのも、
無理のないことだろうとは思います。

本作の目指すのが1冊の辞書を産み出すことに
情熱を燃やす不器用な人々を描いて行く
群像劇であるならばそうもなるかなというのが、
作中における時間経過の幅が広いということ。

具体的には、物語の始まりからラストシーンまで
15年ほどが過ぎていることになります。

それは作中の各エピソードの間に
相当の時間が経過している状況を産んでいて、
それが本作にちょっと引いた視点からの
ストーリーテリングという印象を与えていました。

 舟を編む (光文社文庫)
 (2015/02/25)
 三浦 しをん
 商品詳細を見る

カテゴリ : 読書
テーマ : 読んだ本の感想等 ジャンル : 小説・文学

SOMETIME

2015年07月08日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

吉祥寺の事務所で仕事をしている時に
昼食をどういうところで採っているか、
第1弾の なかだ屋、第2弾の軼菁飯店に続き、
今回は3店舗目を紹介したいと思います。

それが、SOMETIME。

吉祥寺にあるショッピングセンター、
コピス吉祥寺のA館とB館の間にある通り、
ペニーレーンの一角にあるビルの地下で
営業しているジャズバーになります。

もともと「中央線ジャズ」という言葉もあるように
中央線沿線はジャズも盛んな地域であり、
吉祥寺にもジャズスポットが幾つかあります。

そんな中の1つである SOMETIME は
夜にはライブハウスとして営業していますが、
ランチタイムには食事を採ることもできて、
私はここのグリーンドライカレーが好きなのです。

ランチをやっているということは表の看板で分かっても、
こういう店はなかなか入りづらいと思うかもしれません。

私も、最初はそうでした。

しかし取引先の社長に連れられて一度利用して以降は
その抵抗感は無くなっており、時々どうしても
グリーンドライカレーが食べたくなってしまった時は
ふらりと1人で入店したりもしています。

下の写真を見ていただければ分かるように、
ここの内装は雰囲気も抜群で
落ち着いた時間を過ごすことができるのです。

問題は、昼休みの間に事務所に戻るには
あまりゆっくりとしてもいられないこと、でしょうか。


カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

事務所のHPはこちらから
プロフィール

管理者:tap

武蔵野市吉祥寺にある税理士事務所、宮内会計事務所に勤める税理士の卵のブログです。
仕事やプライベートを通じて思ったことなどを綴っています。


[ tapのプロフへ ]
税法・会計etc. 過去ログ倉庫

過去に書いてきたエントリの内、税法や会計などに関する話題で特に大事だろうと思うものを抜粋して別途掲載している、部分的ミラーサイトのような別ブログです。

最近投稿した記事

  全タイトルを表示
月別アーカイブ
カレンダー
ブログ内検索
カテゴリ一覧
リンク

響金太郎のラジオブログ
「ジバ☆ラジ」

高校時代からの付き合いで、今は九州博多で演劇の夢を追う友人、響金太郎のブログ。
わざわざ言わなくてもそれくらい分かるよ、と言われるかもしれませんが、芸名です。
どこかで見かけたら、応援してあげてください。


私の尊敬する経営者の一人、㈱AGTの社長が書かれているブログです。
写真もふんだんに使われていますし、見て楽しく、読んで楽しいブログだと思います。
私も、いつかこんなジュエリーを誰かに贈る日が来るのでしょうか……?



国税庁

税務行政に関する企画・立案。国税局・税務署の指導監督省庁です。


国税庁タックスアンサー

各種税金の仕組みや届出書、様式の説明、用語解説や各地の税務相談室の案内を記した国税庁サイト内のコーナーです。キーワード検索もできます。


内閣府

Topページの下部に、政府税制調査会のページへのリンクがあります。そこに掲載されている議事録などから、今後の税制改正の動向を知ることができます。


国税不服審判所

国税に関する法律に基づく処分に係る審査請求について裁決を行い、納税者の正当な権利利益の救済を図る機関です。ネット上で判例集が利用できます。



宮内会計事務所

吉祥寺にある税理士事務所。私の勤務先です。

(別サイト)

上記勤務先の、新規起業者向けの特別サイトです。



最新のトラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク
Ranking
QRコード
QR
管理者
  • 管理画面