三鷹駅南口 (武蔵野市、吉祥寺)、とある税理士事務所職員の日常 2016年05月

ジロ・デ・イタリア2016 最終結果

2016年05月31日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

2016年のジロ・デ・イタリアは先週末の日曜に
その全日程を終了したわけなのですけれども、
今年は、何というか、とにかく凄い大会でした。

細かく書きだすときりがないので止めておきますが、
特に凄かったのが、最終盤の総合争いです。

今大会のクイーンステージ、厳しい山岳が連続する
第14ステージで失速して大きな後れを取ったのが
アスタナのヴィンツェンツォ・ニーバリと
モヴィスターのアレハンドロ・バルベルデという
総合優勝の最終力候補者2名でした。

その結果、総合首位に立ったロット・ユンボの
ステフェン・クライスヴァイクは個人山岳TTでも
ステージ勝者とコンマ秒差の第2位という成績で、
2位以下に3分以上の差をつけることに成功したので、
正直、これでもう総合優勝争いは決まったと
私を含め多くの人が思ったことでしょう。

しかし、ライバル達は諦めてはいなかった。

結論から言いましょう、この第99回大会の総合優勝は、
第18ステージ終了の時点でクライスヴァイクから
4分43秒の遅れをとってしまっていたニーバリです。

何でそんなことになったのかを書こうとすると
おそらくとんでもなく長くて暑苦しい上に、
興味の無い人には「何だこれ」というような文章に
なるかもしれませんから、ここでは自重しておきます。

ただ1つ、これが歴史に残る大逆転劇であり
語り継がれるべき勝負だったということは、
最後に重ねて強調しておきます。

なお、今大会唯一の日本人選手である山本元喜は、
アシストとして無事に全日程を完走しました。

彼はこれがグラン・ツール初出場ですし、
あくまで第1目標は経験を積みつつ
完走を目指すことにあったはずなので、
今回のジロ出走は成功に終わった、かな?

これがこの先のキャリアに繋がるかどうかは
これから他のレースでどんな走りをできるかとか、
チーム内での人間関係がしっかりと作れているかとか、
その辺も関わることで一概に推測できませんけれど、
まずは、素直に良かったと喜んでおきましょう。


公式サイトはこちらから

カテゴリ : 自転車レース
テーマ : 自転車ロードレース ジャンル : スポーツ

軽減税率、インボイス等への対応について

2016年05月29日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

消費税の増税はどうやら再延期となることが
かなり濃厚となってきたようですけれども、
一方で日常利用している会計ソフト等については、
消費税率の改正と軽減税率の導入、
そしてインボイス制度の導入が行われるものとして、
その準備を考えておく必要があるでしょう。

なお、私の勤務先の宮内会計事務所の推奨する
会計ソフトである㈱TKC製のプログラムについては、
これ等の改正に対する対応はとられています。

実はこの改正に伴う軽減税率の導入と
インボイス方式への切り替えが行われると
従来の消費税についての考え方が
大きく変わることになったりもするのですが……

その辺りは、来年4月の増税があるか無いかが
確定した後か、8月の税理士試験終了後にでも、
改めてこのブログでも書かせていただきます。

ちなみにこの改正内容、注意点等については、
それをごく簡単にまとめた特設ページが
㈱TKCにより公開されていまして、
下記バナーはそのページにリンクしています。

今回の改正の要点について、おおまかなことは
ここを読めば確認していただけるかと思います。


カテゴリ : 税金・税法
テーマ : 税金 ジャンル : 政治・経済

TKC の FinTech サービス

2016年05月27日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

私の勤務先である宮内会計事務所の推奨する
会計ソフトである㈱TKC製のプログラムは、
平成28年6月1日の改訂により新たに
FinTech(フィンテック)サービスが開始されます。

急にそのように言われても「FinTech」というのが
果たしてどういうものなのかよく分からない
という人も、多いのではないかと思います。

今回、㈱TKCが提供を開始するのは端的に言えば、
「ネットバンキング契約のある銀行の入出金明細や
クレジットカードや電子マネーの支払明細
といった取引データを、会計ソフトに仕訳データとし
て読み込めるようになるサービス」です。

従来は、通帳やレシート、カード利用明細などから
個別に手で会計ソフトに入力していたものが、
TKCのデータセンター(TISC)を利用した
クラウドサービス「FinTechサービス」を経由することで
自動的に会計ソフトに読み込まれることになり、
毎月の取引仕訳において大きな割合を占めていた
預金仕訳に係る経理事務の省力化が達成されます。

これまで仕訳入力に要していた時間を
大幅に短縮することも可能というわけです。

下のバナーをクリックしていただけば、
このサービスの内容を解説する特設ページが
別ウィンドウで開きますので、よろしければ、
そちらも是非、ご覧いただければと思います。

カテゴリ : 会計・経理
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

ツアー・オブ・カリフォルニア 2016

2016年05月25日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

2016年のジロ・デ・イタリアも最終盤を迎えて
緊迫した勝負が連日庫繰り広げられている中、
アメリカで同時開催されている1週間のレース
ツアー・オブ・カリフォルニアが終了しました。

自転車ロードレースの放送に熱心なJ-Sportsは
毎日このレースも早朝に生中継してくれているのですが、
税理士試験の勉強もある身の上ですから
そんなにスポーツ中継ばかりを観ているわけにも行かず、
ジロを優先してこちらは結果を確認しているだけでした。

まあ、そのジロにしても、中継放送を何となく流して
実際には問題集を解いたりしているのですけれど。

さて、そんなツアー・オブ・カリフォルニアですが、
今年は超級山岳の山頂ゴールだった第3ステージで
見事に優勝したエティックス・クイックステップの
ジュリアン・アラフィリップが第5ステージの個人TTも
渾身の走りでしのいで総合優勝を遂げました。

私の好きなチームの、期待している若手の勝利。

これは、応援している身として素直に嬉しいことですし、
せめて第3ステージと最終ステージくらいは
中継放送を(夕方からの録画放送でもいいから)
観ておくべきだったかとも思ったのですが、今さらですね。

昨年総合覇者であるティンコフのピーター・サガンは
さすがに超級山岳の山頂ゴールは分が悪くて
総合2連覇は最初から狙ってもいませんでしたが、
ステージではきっちりと2勝を挙げてみせて
スプリント賞ジャージを獲得しています。

アラフィリップもグラン・ツールでの総合を狙うには
まだまだ経験も練習も必要になるのでしょうが、
この先のキャリアに期待できる優勝と言えるでしょう。


公式サイトはこちらから

カテゴリ : 自転車レース
テーマ : 自転車ロードレース ジャンル : スポーツ

「OPEN WORLD」

2016年05月22日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

玲里の3rdアルバム「OPEN WORLD」は
全15曲の作詞作曲、アレンジまで全て
彼女自身が手掛けたセルフプロデュース作品。

初めてのセルフプロデュースとはいっても、
彼女の後見人的であり実父でもある難波弘之は
今回もほぼフル参加してサポートしており、
暖かく見守っているというような感じでしょうか。

ちょっとジャジーなアレンジの入った
「不透明」から始まる今回のアルバムは、
いわゆるメジャーさ、ヒットチャートの上位に
上がってくるようなところは少ないながら、
バラエティー性のある楽曲が揃っており、
凝ったアレンジも楽しめる内容になっています。

ところどころになかなかのマニアックさもありつつ、
聴いていて「難しい」とか「分かりにくい」と
いったような感じは受けずにすんなりと耳に入ってくるのは、
玲里のどこかウェットで、変にフェイクを入れたりせずに
素直に歌われているボーカルがあるからかも。

ロック好き、特に1960年代、70年代辺りの洋楽、
プログレッシヴロック等を好んでいる人には、
是非一度、聴いてもらいたい若手ミュージシャンです。

 OPEN WORLD
 (2016/5/11)
 玲里
 商品詳細を見る


カテゴリ : ライブ・CD
テーマ : 音楽のある生活 ジャンル : 音楽

Windows Vista サポート終了について

2016年05月20日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

唐突な話ではありますけれども、
現在お仕事やプライベートでお使いのPCは、
OSに何を使っていらっしゃるものでしょうか。

Microsoft 社の Windows には、
そのPCを購入した時期がいつかによって
バージョンが幾つかあるわけですが、
ご自分のPCがどのバージョンか分からない
という方は、一度確認をすることをお勧めします。

というのも、Windows Vista については
来年の4月11日でサポートが
打ち切られることになっているからです。

サポートが打ち切られることはそのPCが
使えなくなることと同じではありませんけれども、
サポート切れのPCはそれ以後に発見された
セキュリティーホールに対応しませんので、
ウィルス感染や、乗っ取りなどのクラッキングを
受けてしまう可能性が高くなります。

当事務所が推奨している会計ソフトの製造元である
㈱TKC社も Microsoft のサポートが終了した後は
動作の保障ができないこととしていますし、
もし Vista のPCを使われているような場合は、
買換えも含めての対応をする必要があります。

余計な出費だと思われるかもしれませんが、
リスク回避の為にはやむを得ないことでもあります。

買換え資金の手当その他、今から考えておくべきでしょう。

Windows Vista のサポート終了について

カテゴリ : ニュース
テーマ : 気になるニュース ジャンル : ニュース

ジロ・デ・イタリア2016 途中経過

2016年05月17日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

2016年のジロ・デ・イタリアは9ステージを終え
全部で4回ある休息日の2回目を経て、
いよいよ厳しい山岳がこれでもかと出てくる
後半戦を迎えようとしている段階です。

といっても、本当の意味で山が連続するのは
次の週末の第13ステージ以降なのですけれど。

ここまでのレースの展開なのですけれど、
総合争いに関してはまだ微妙なところで
明らかにこれはもう無理かなという選手はあれど、
ヴィンツェンツォ・ニーバリ、アレハンドロ・バルベルデ、
ミケル・ランダの3大本命はとりあえずのところは
虎視眈々と勝負のタイミングを睨んでいるという感じ。

ただし、ランダは少し調子が悪そうなのが、気になります。

今回のジロに日本人として唯一出走している
NIPPOヴィーニファンティーニの山本元喜は、
ここまでのところはアシストの仕事をこなしながら
無事にステージをこなしてきているという印象です。

毎ステージの彼の順位だけを見ていると
大したことないように思えるかもしれませんが、
序盤や中盤で仕事をこなした後は
集団もしくはグルペットで無駄な力を使わず
ゴールを目指していればそれは当然です。

要は、チームエースのデミアーノ・クネゴの成績が
彼がジロで成し遂げていることであると思うのも
あながち間違いではないと言えるのは、
自転車ロードレースがチーム競技だから。

アシスト選手のステージ順位や総合順位を
あれこれ言っても、そこまで意味はありません。

ともあれ、勝負はまだまだこれからである
今年のジロ・デ・イタリアがこれからどうなるか、
各ステージ目が離せない日々が続きます。


公式サイトはこちらから

カテゴリ : 自転車レース
テーマ : 自転車ロードレース ジャンル : スポーツ

第66回税理士試験、出願

2016年05月14日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

今年の8月9日~11日に実施される
第66回税理士試験の願書出願の受付期間は、
今月の10日から20日までとなっています。

早く出したから有利とか遅いと不利だとか
そういうことは全く関係ないのですけれども、
のんびり構えていて出願をしないまま受付期間が
終了してしまってはどうしようもありません。

ですので今年も例年同様、受け付け初日の
10日に郵便局に寄って簡易書留で
申込書類一式を発送してきました。

受験票が返送されてくるのはまだ先ですし、
受験会場がどこになるのかといって様な事は
その時にならないと分からないのですけれど、
昨年のパターンに倣えば早稲田大学がメインで、
それ以外にどこか他の大学になるのでしょうか。

昔は池袋の立教大学がお約束でしたが、
昨年は府中の東京外語大学でしたし、
今年がどこになるかは正直予想不能です。

まあ、どこが今年の会場になったとしても、
私としては全力で受験するだけなのですが。


カテゴリ : 税理士試験
テーマ : 資格取得 ジャンル : 学校・教育

「有頂天家族 二代目の帰朝」

2016年05月11日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

「ここぞ」という時に読む楽しみに大事にとっていた
森見登美彦の「有頂天家族 二代目の帰朝」を、
さすがにこれ以上引っ張っていても
仕方が無かろうということで、一気に読了。

これは2007年に出た「有頂天家族」の待望の続巻。

内容的にも前作を受けて物語が展開しているので、
第2部である本作を読む際にはその前に必ず、
前作の第1部を読んで予習をしておくべきです。

サブタイトルにある「二代目」とは一作目から出ている
大天狗である如意ヶ嶽薬師坊こと赤玉先生の
英国に出奔していた跡継ぎの息子のことですが、
本作は、その彼が京都に帰ってきたことで巻き起こる
狸と天狗、そして半人半天狗の弁天との物語です。

作者である森見登美彦がここ数年の間ずっと
長期にわたって絶賛スランプ中なので、
この第2部が単行本としてまとめられるのに
発表から約6年もの月日がかかってしまったわけですが、
実際に刊行された本作の内容はその「スランプ」さを
ほとんど感じさせない安定の面白さでした。

親から子へと受け継がれていくもの、
世代の継承と家族などを扱っていて、
基本はドタバタのユーモア小説なのですけれども
そんな中に心にグッとくるものがあるのが、
この作品の素晴らしいところでしょう。

「面白くてやがて愛しい」というか、森見作品の中でも
とりわけジーンとさせられるのは間違いありません。

難点を挙げるとすれば、本作が全3部作という
構想に基づいて書かれていることであり、
つまり、物語の中に仕込まれているこれからの布石が、
今後どのような展開を産むことになっていくのか、
二代目と弁天との関係がどうなるのかが、
気になって気になって仕方が無くなるのです。

スランプで苦しんでいるのは重々承知しておりますが、
ここは、森見登美彦先生にはできる限り早く
この続きを書いていただきたいところ。

おそらく、全国の森見ファン、「有頂天家族」ファンの
全員がそのように思っていることでしょう。

 有頂天家族
 二代目の帰朝

 (2015/2/26)
 森見 登美彦
 商品詳細を見る

カテゴリ : 読書
テーマ : 読んだ本の感想等 ジャンル : 小説・文学

有給休暇の上限などについて

2016年05月09日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

GWも終わりましたね。

今年の4月から初めて社会人になった
人達も多少は新しい生活に慣れたか、
朝晩の通勤電車の中での姿や
街中で見かける姿にも少しは落ち着きや
余裕のようなものが見受けられるかな、
というような感じになってきましたね。

しっかり働いて給与を得つつ余暇を活用しよう
というようなことを考えている人にとっては、
「有給休暇」への関心も大きいかもしれません。

有給休暇は労働者に与えられた権利であり
雇用者にとっては義務であるわけですけれども、
その付与方法は各事業者がそれぞれ
規程を作って定めていたりします。

が、これは好き勝手に決めていいのではなくて、
労働基準法により、これだけの期間勤めていたら
これだけの有給休暇を付与しなければならない、
という最低基準が定められていますので、
事業者は、その基準以上の有給休暇を
付与する内容の規程を作らなければいけません。

参考までに、厚生労働省が公表している
パンフレット「有給休暇ハンドブック」へのリンクを
下に貼っておきますのでご参照ください。


 「有給休暇ハンドブック」

勤め始めて半年で5日、最大で年に20日、
有給休暇は与えられることが分かります。

なお、その年内に消化しきれなかった有給休暇は
翌年に持ち越されることになるわけですが、
そこでも消化できなかった場合にどうなるかというと、
これは、切り捨てられてしまうことになります。

つまり、年間の有給残日数は、最大で40日なのです。

これは、同じく労働基準法において退職手当を除いて
賃金その他の請求権は2年の時効で消滅する、
と定められていることによるもので合法的なことです。

この時によく言われることに、どうせ取得できずに
消えてしまう有給休暇であるならばいっそのこと
買い取ってもらうということはできないのか、
という話があるのですけれども、
雇用者側に、これに応じる義務はありません。

そもそ労働基準法ではあらかじめ有給を買い取る
という行為そのものを法に反するとしています。

ただし、消滅してしまう有給休暇に相当する金銭を
会社が労働者に支払うことは違法ではないので、
労使間の協定でその旨が定められているような場合は
時効により消滅する有給を買い取ってもらうことも
法的に問題なく可能となっています。

有給休暇を最大限有効活用しようと思うのであれば、
実際に有給を取得するということの他に
自分の勤め先の規程の確認をするということも、
大事になってくると言うことができるでしょうか。

そうは言っても有給が取りにくい空気があるんだよ、
という人もいるでしょうし、いくら労働者の権利とはいえ
無理やりに有給を取得することは門がたちます。

そんな風潮を反映して法改正を行って、
雇用者が従業員に時期を指定して最低年間5日の
有給休暇を取らせることを義務化するという
動きもあるにはあるのですけれども、
これがどうなるのかも注目すべき点でしょう。

カテゴリ : 会計・経理
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

事務所のHPはこちらから
プロフィール

管理者:tap

武蔵野市吉祥寺にある税理士事務所、宮内会計事務所に勤める税理士の卵のブログです。
仕事やプライベートを通じて思ったことなどを綴っています。


[ tapのプロフへ ]
税法・会計etc. 過去ログ倉庫

過去に書いてきたエントリの内、税法や会計などに関する話題で特に大事だろうと思うものを抜粋して別途掲載している、部分的ミラーサイトのような別ブログです。

最近投稿した記事

  全タイトルを表示
月別アーカイブ
カレンダー
ブログ内検索
カテゴリ一覧
リンク

響金太郎のラジオブログ
「ジバ☆ラジ」

高校時代からの付き合いで、今は九州博多で演劇の夢を追う友人、響金太郎のブログ。
わざわざ言わなくてもそれくらい分かるよ、と言われるかもしれませんが、芸名です。
どこかで見かけたら、応援してあげてください。


私の尊敬する経営者の一人、㈱AGTの社長が書かれているブログです。
写真もふんだんに使われていますし、見て楽しく、読んで楽しいブログだと思います。
私も、いつかこんなジュエリーを誰かに贈る日が来るのでしょうか……?



国税庁

税務行政に関する企画・立案。国税局・税務署の指導監督省庁です。


国税庁タックスアンサー

各種税金の仕組みや届出書、様式の説明、用語解説や各地の税務相談室の案内を記した国税庁サイト内のコーナーです。キーワード検索もできます。


内閣府

Topページの下部に、政府税制調査会のページへのリンクがあります。そこに掲載されている議事録などから、今後の税制改正の動向を知ることができます。


国税不服審判所

国税に関する法律に基づく処分に係る審査請求について裁決を行い、納税者の正当な権利利益の救済を図る機関です。ネット上で判例集が利用できます。



宮内会計事務所

吉祥寺にある税理士事務所。私の勤務先です。

(別サイト)

上記勤務先の、新規起業者向けの特別サイトです。



最新のトラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク
Ranking
QRコード
QR
管理者
  • 管理画面