三鷹駅南口 (武蔵野市、吉祥寺)、とある税理士事務所職員の日常 2016年07月

土用の丑の日

2016年07月31日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

昨日は、土用の丑の日でしたね。

コンビニやスーパーでもそれに合わせて大々的に
ウナギのかば焼きなどが売られていました。

基本、こういう季節モノ的なものには参加するので
できればこういう時くらいはウナギを食べて
季節感を味わいたいところではあるのですが……

以前にも書いた、稚魚の漁獲高減少問題が
まだまだ解決を見ていない現状を考えれば、
要は「う」のつく食べ物を食べればいいのだから
ここはウナギは止めておこうと決めました。

で、結局私が食べたのは、梅干しうどん。

梅干しの酸っぱさが元気を出してくれますし、
暖かいうどんは胃にも優しいですから
受験生にはむしろ適しているかもしれません。

汗は、かきますけれどね。


カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

移転価格税制のローカルファイル

2016年07月29日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

あくまでも私見ではありますが、
ここのところ国税当局は企業の行う
各種の取引の中でも国境を越えて
行われるものに対して特に注目を
しているのではないかという印象があります。

それは具体的な物品の移動のみならず
金銭の移動についても同様であり、
海外へ行った送金の内容だとか
その為替変動リスクへのヘッジである
為替予約といったデリバティブ取引の
会計処理がどうなっているか等も含みます。

一般論として税務署等が気にするのは、
不正送金の有無もありますけれども、
そこに租税回避行為があるかどうかでしょう。

パナマ文書に関するニュース等の報道で
いわゆるタックスヘイヴンを利用した
租税回避行為については広く知られるように
なったかなという気がしますが、
ここで私が採り上げるのはそれではなくて
いわゆる「移転価格税制」の話です。

これについては去年の8月にこのブログで
既に簡単な説明をしていますので、
概要はそちらをご覧いただければと思います。

海外の関連企業との間で行われる取引を
一般的な市場価格で行っている場合には
特に問題も無い話ではありますけれども、
資本関係のある会社、例えば親子会社間で
行われる商品仕入、材料仕入などの場合は
それと異なる価格が用いられることもあるでしょう。

問題は、それが不当に高かったり安かったりして、
本来であれば国内の所得として課税されるはずの
利益が海外に移転されてしまっていないか。

その辺りをクリアにするという意味もあるのでしょう、
今年の4月1日以降に開始する事業年度から
国外関連取引を行った法人に対しては
一定の書類の作成が義務付けられることに
なったのを受けた事務運営指針等が
国税庁により先月末に発表されました。

移転価格税制に係る
 文書化制度に関する改正のあらまし


独立企業間価格を算定するために
 必要と認められる書類(ローカルファイル)
 作成に当たっての例示集


中小企業でこの規定の対象となるような会社は
あまり無いのではないかと思いますが、
読み物として参考までにご紹介します。

カテゴリ : 会計・経理
テーマ : 税金 ジャンル : 政治・経済

ツール・ド・フランス2016 終了

2016年07月27日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

レース期間中にはニースやミュンヘンでの
テロなども起きてレースへの影響も心配されましたが、
2016年のツール・ド・フランスも3週間の日程を終え
パリのシャンゼリゼまでゴールということになりました。

仮に今年のツールを一言で表すとしたならば
「風」ということになるのではないかなと思います。

風によって直接的に致命的な落車があったとか
そういうことは幸いにもなかったのですけれども、
例えば総合優勝候補として挙げられた1人であった
モヴィスターのナイロ・キンタナは軽量級の選手なので
どうしても強い風の影響を受けずにはいられません。

そういうことなど諸々の影響がありもして、
総合優勝は昨年の勝者であり2連覇となる
チームスカイのクリストファー・フルームの手に。

フルームはアグレッシブな走りを見せていましたし
実際強かったので、これは妥当な結果でしょう。

山岳賞は、総合優勝を狙ってツールに参加した
チームリーダーのアルベルト・コンタドールを
落車によるコンディション悪化からのリタイアで
失ってしまったティンコフの山岳アシスト
ラファル・マイカが狙ったステージを外さない
決め打ち的な走りを見せて獲得しています。

またポイント賞は、こちらは驚異の5年連続となる
同じくティンコフのピーター・サガンが獲得しました。

彼はちょっとした山岳ステージであれば
逃げ集団に入って普通にこなしてみせて
中間スプリントポイントを稼げる選手なので、
普通のスプリンターでは彼には勝てないでしょう。

25歳以下の選手が対象となる新人賞は
オリカ・バイクエクスチェンジのアダム・イェーツ。

何度もメイン集団ちぎれそうになりながらも
何とか総合上位陣について行った成果であり、
これは彼のこのツール以後のレースにおける
走りにも注目をしておく必要がありそうです。


なお、日本人として唯一今年のツールに出場した
ランプレ・メリダの新城幸也も危なげなくゴール。

これで6回目のツール完走になりますね。

今年もステージ優勝の夢は叶いませんでしたが、
敢闘賞も1回獲りましたし、春先に大腿骨を
骨折してからの回復と考えれば
できすぎなくらいのツールだったと言えるかも。


公式サイトはこちらから

カテゴリ : 自転車レース
テーマ : 自転車ロードレース ジャンル : スポーツ

「LES MISERABLES」完結 第8巻

2016年07月24日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

今回は、ちょっとマンガを紹介させてください。

1885年に亡くなった際には国葬が執り行われた
フランスの世界的文豪ヴィクトル・ユーゴーの
一番有名な名著といえば「LES MISERABLES」でしょう。

「噫無常」という邦題でご存知の方もいるでしょうが、
何度も映画やミュージカルになっているこの作品の
豊島与志雄訳版を完全マンガ化しようというのが
今回紹介する、新井隆広の「LES MISERABELES」。

本作、例えば第1巻の序盤の50ページ程を
読んでいただいただけでも分かると思いますが、
圧倒的な感情表現、迫力、全てのページのあらゆる箇所、
コマの1つ1つ、その全てから作者の意気込み、情熱、
そういったものが噴出しているのが感じられます。

そんなマンガ版の「レミゼ」も今月12日に発売された
第8巻で堂々の完結を遂げることとなりました。

原作の熱心なファンの感想ブログなどを見る限り、
さすがに本当の意味での完全マンガ化とまでは
なっていないようではあるのですけれども、
大事なところはしっかりおさえて描かれています。

何より、物語の初めから最後まで熱量を維持したまま、
全33話の長丁場を見事に描き切ってくれているのです。

まさしく、誰にでも大手を振って推薦できるような
間違いのない力作、傑作だと言うことができますし、
これだけ渾身のマンガ化であれば
「レミゼ」という物語に初めて触れるという人への
入門作品としても使えるのではないでしょうか。

全8巻というのは比較的手軽なボリュームだと
思いますし、是非1度、第1巻から手に取って
読んでみていただければ、本作を好きな
ファンの1人として非常に嬉しいです。

 LES MISERABLES
 第8巻
  (ゲッサン少年サンデー
  コミックススペシャル)

 (2016/7/12)
 新井 隆広
 商品詳細を見る

カテゴリ : 読書
テーマ : 読んだ本の感想等 ジャンル : 小説・文学

健康診断を受けました

2016年07月22日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

今月前半の話で申し訳ありません。

2年ほどサボってしまった時期もありましたが、
厄年も過ぎて健康面にも多少の不安も出る時期ですし
健康保険組合が毎年実施している健康診断を
今年はしっかりと受けに出かけてきました。

身長や体重、血圧などはその場で分かりますし、
簡単な問診結果なども当日に聞けるわけですが、
数値的なこととか細かいことということになると
後日自宅に宛てて郵送されてくるはずの
結果通知書を待たなければいけません。

実際に手元に通知が来るまでは
まだあとしばらくかかりそうですが……。

ちなみに30代後半くらいまでは結果が全て
A評価を誇っていたりもしたもましたが、
最近はさすがに、それも難しくなりつつあります。

数年前には一度、心臓のエコー検査を受けるように
言われもしましたし(大きな問題はありませんでした)。

それでも、できればなるだけ健康に長生きをしたい、
冗談交じりにしばしばクリント・イーストウッドのような
ジジイになるたいと思っているなんて言っていますが、
それはともかくとしても、病気なんてしないで済めば
それに越したことは無いわけなのですから、
やはり健康診断というのは大事なことですよね。

かならずしも病気によるものだけではありませんし、
その年齢も様々ではあるのですけれども、
今年に入ってから亡くなられた有名人の名前は、
例えば、デヴィッド・ボウイ、ウンベルト・エーコ、
ジョージ・マーティン、聖日出男、夏樹静子、
小山田いく、望月三起也、吉野朔美、プリンス、
戸川昌子、ヤドランカ、冨田勲、蜷川幸雄、
モハメド・アリ、森岡賢、吉良知彦、
永六輔、大橋巨泉(それぞれ敬称略)
といった方々などが(少々趣味的に偏っていますが)
挙げられてくるわけで、私もいつその中に
名前が載るようになってしまうか分からないと思えば、
せめて健康診断は欠かさずにするべきかなと、
ちょっとした反省も込めて、ここに改めて記します。

バリウムが苦手なのは、相変わらずですけれど……

野村病院で健康診断

カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

「Japan’s Period」

2016年07月19日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

moonriders のフロントマンである鈴木慶一と、
元有頂天で現在はケラリーノ・サンドロヴィッチとして
演劇の世界でも活躍しているケラとが組んだユニット、
No Liーsesce の 2nd アルバムが「Japan’s Period」。

正直、この活動はアルバムを1枚出してそれっきりの、
その場限りに終わるようなユニットになるかと思っていました。

ですが、何だかんだでここまではオリジナルアルバムに
ライブアルバムと、色々と精力的にリリースをしていますし、
どうやらこのままある程度コンポーネントに続ける
活動になりそうな予感も現時点では、してきています。

ナンセンスな脱力ポップロックに終始した前作に比べ
今回はその内容をグッとコンセプチュアルにしていて、
これはおそらく、昭和を振り返ろうというようなことを
アルバム全体のテーマにしてそれぞれが楽曲を
作ってきているのではないかと思われます。

いきなりフランキー堺さん他の豪華な面子による
同名ミュージカル映画で使われたナンバー、
「君の出世ができる」で始まる辺りも、それっぽいです。

この方向性は、最近の彼等の音楽性に
ピッタリとはまっているように感じられて、
結果、これは非常に完成度の高い
アルバムとして仕上がっています。

ここ数年の鈴木慶一関係の作品の中では、
もしかしたらこれが一番好きかもしれません。

ちょっとクセが強いので、あまり人には
お勧めできないかもしれませんが、
私は、かなり気に入っています。

 JAPAN'S PERIOD
 (2016/4/20)
 No Lie-Sense
 商品詳細を見る

カテゴリ : ライブ・CD
テーマ : 音楽のある生活 ジャンル : 音楽

ツール・ド・フランス2016 途中経過

2016年07月17日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

今年のツール・ド・フランスも、おおよそ
3分の2が終了した段階となり、残りが
あと1週間程となってきたわけですけれども、
このタイミングでこれまでのレース展開を
簡単に振り返ってみようと思います。

と、言って、2016年ツールの前半に関しては
何を置いてもまずこの一点に尽きるでしょう。

ティンコフのアルベルト・コンタドールのリタイアです。

レース開始早々の第1ステージのコーナーリングミス、
そして続く第2ステージでも、今度は他者の落車に
巻き込まれる形でと、それぞれ原因は異なるものの
2日連続して落車をしてしまった彼はそれでも
回復を信じてレースを走り続けていましたが、
結局、第9ステージにおいてレースを去ることを選択。

当日朝には発熱もしていたということですし
やむを得ないことだとは思いますけれども、
しかしこれはいかにも残念でならないことです。

その他にも、ちょっと面白いレース展開があったり
その逆にあってはならないアクシデントがあったりと
色々と大きな出来事があったのですけれども、
長くなるのでここでは割愛いたします。

なお、昨日の第14ステージ終了時点での
各賞はそれぞれ次のようになっています。

総合首位はチームスカイのクリス・フルーム、
ポイント賞はティンコフのピーター・サガン、
山岳賞はロット・ソウダルのトーマス・デヘント、
新人賞はオリカ・バイクエクスチェンジの
アダム・イェーツという面々。

ポイント賞以外は、まだまだどうなるかは
分からないというのが現状でしょう。


また、今大会に参加した唯一の日本人選手である
ランプレ・メリダの新城幸也のここまでですが、
第6ステージで逃げを打った結果、
ステージ優勝こそできませんでしたけれども
自身2度目(日本人としては3回目)となる
敢闘賞を受賞することに成功しています。

ステージ優勝という一番の目標については、
ここまではまだ、手が届いていませんが……

それは本当に難しい事になりますし、
敢闘賞を受賞するということだけでも
もの凄いことだということは触れておきます。


公式サイトはこちらから

カテゴリ : 自転車レース
テーマ : 自転車ロードレース ジャンル : スポーツ

今年も、本番まで1ヶ月を切っています

2016年07月14日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

試験勉強もいよいよ本番の8月9~11日まで
残り1ヶ月も無いという時期になりましたので、
TVもあまり見ていられないのが実情です。

一応、Blu-ray レコーダーは使っていますし、
そこに録画したバラエティー番組などについては
例えばボリュームをかなり低くした上で
練習問題を解く時に何となく流しているだけというような、
それはわざわざ録画をしている意味があるのかとか、
むしろ電気代の無駄遣いなんじゃないかとか、
そんなことを言いたい事態になってきたりもします。

さすがにそれを10年以上繰り返していると
そんな生活にもすっかり慣れてしまっていて、
ある種のルーチンのようにもなっているのですが……

「勉強」にどれだけ身を入れられているのか、
精神的にどこまでギリギリに己を賭けられるのか、
という点から考えるとやはりマイナス方向に
働いているのではないかと思いもするのです。

それでも、勉強をするしかないのは確かなので、
そういう迷いや不安は極力脇に置いておくように
心がけているのがここ数年の私のこの時期の状況。

徹底して勉強にシフトを置いた生活が
ストイックといえば聞こえがいいのですが、
まだ結果も得られていませんし、
つまり、あまり格好いいことではありません。

カテゴリ : 税理士試験
テーマ : 資格取得 ジャンル : 学校・教育

700円でクジを1回

2016年07月12日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

私の住んでいるアパートに一番近いコンビニは
徒歩3分ほどの距離にあるセブンイレブンですので、
日常生活の中で私が一番利用しているチェーンは
やはりそのセブンイレブンということになります。

さて、セブンイレブンが定期的に行っているのが、
合計金額が700円を超える買い物をしたら
一定の商品が当たるクジを引けるというキャンペーン。

ちょうど7月2日からこのフェアが始まったのですが、
今回の私は、ひどく引きが強くて良く当たりました。

外れるより当たった方がいいのは言うまでもありません。

が、このタイミングで、こんなところでこれだけ好調だと、
税理士試験その他、勝負をかけていることにおいて
とても大事な「運」を使ってしまってはいないかと、
それが変に気になってしまって仕方が無かったりします。

まあでも、そういうことを後ろ向きに捉えるよりは、
この好調さ、幸運さがこれからもずっと続くであろうと、
むしろ運気がどんどん上昇している状態になるんだと、
そういう風に思うようにしておいた方が
どう考えても精神衛生上は遥かにいいですよね。

nanaco と700円くじ

カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

かなりのショックを受けています

2016年07月09日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

ZABADAKの吉良知彦さんが7月3日に
亡くなられたというニュースを
6日の深夜にネットで目にしました。

永遠に生きられる者はいない。

ならば、私が好きなミュージシャン、
好きな作家も、順番の早い遅いこそあれ、
等しく皆、亡くなってしまう日が来る。

それが節理ではあるのですが……
享年56歳というのは、若すぎます。

まだまだ多くの作品を発表して欲しかったですし、
これからも何回もライブに足を運んで
生で、目の前で、演奏と歌とを味わいたかった。

その為に使うお金だったら少しも惜しくない。

それだけの価値のあるミュージシャンであり、
ワンアンドオンリーな稀有な存在でした。

結局、今年3月20日、21日に行われた30周年ライブが、
私が彼のライブを経験した最後になってしまいましたが、
あの、2日目の第1部終了後に倒れた吉良知彦さんは、
その後の1ヶ月を休養にあてた後は
精力的にライブの予定を組んでいましたし、
実際にライブを行ってもいました。

あんなことのあった直後だというのに、
身体に無理をしなければいいのだけれどと
思ってはいたものの、こんなことになるとは。

素敵な音楽を、ありがとうございました。

追悼の意を込め、吉良さんがお母様を亡くされた時に
作った曲「Wonferful Life」の Youtube を貼ります。


吉良さんの魂が天国で安らかならんことを、心から祈ります。



カテゴリ : ニュース
テーマ : 気になったニュース ジャンル : ニュース

事務所のHPはこちらから
プロフィール

管理者:tap

武蔵野市吉祥寺にある税理士事務所、宮内会計事務所に勤める税理士の卵のブログです。
仕事やプライベートを通じて思ったことなどを綴っています。


[ tapのプロフへ ]
税法・会計etc. 過去ログ倉庫

過去に書いてきたエントリの内、税法や会計などに関する話題で特に大事だろうと思うものを抜粋して別途掲載している、部分的ミラーサイトのような別ブログです。

最近投稿した記事

  全タイトルを表示
月別アーカイブ
カレンダー
ブログ内検索
カテゴリ一覧
リンク

響金太郎のラジオブログ
「ジバ☆ラジ」

高校時代からの付き合いで、今は九州博多で演劇の夢を追う友人、響金太郎のブログ。
わざわざ言わなくてもそれくらい分かるよ、と言われるかもしれませんが、芸名です。
どこかで見かけたら、応援してあげてください。


私の尊敬する経営者の一人、㈱AGTの社長が書かれているブログです。
写真もふんだんに使われていますし、見て楽しく、読んで楽しいブログだと思います。
私も、いつかこんなジュエリーを誰かに贈る日が来るのでしょうか……?



国税庁

税務行政に関する企画・立案。国税局・税務署の指導監督省庁です。


国税庁タックスアンサー

各種税金の仕組みや届出書、様式の説明、用語解説や各地の税務相談室の案内を記した国税庁サイト内のコーナーです。キーワード検索もできます。


内閣府

Topページの下部に、政府税制調査会のページへのリンクがあります。そこに掲載されている議事録などから、今後の税制改正の動向を知ることができます。


国税不服審判所

国税に関する法律に基づく処分に係る審査請求について裁決を行い、納税者の正当な権利利益の救済を図る機関です。ネット上で判例集が利用できます。



宮内会計事務所

吉祥寺にある税理士事務所。私の勤務先です。

(別サイト)

上記勤務先の、新規起業者向けの特別サイトです。



最新のトラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク
Ranking
QRコード
QR
管理者
  • 管理画面