三鷹駅南口 (武蔵野市、吉祥寺)、とある税理士事務所職員の日常 2017年11月

「Sloppy Joe Ⅰ~Ⅲ」

2017年11月29日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

ここをお読みの皆さんがどうかは分かりませんが、
個人的には、大江千里な気分になる時というのが
日々の暮らしの中で、たまにやって来たりします。

で、つい最近もそんな感じになったものですから、
もともと所有しているものを聴くと同時に、
「Sloppy Joe」と題されている彼の3枚の
ベスト盤をまとめて購入することにしました。

1980年代の日本のポップシーンを代表する
シンガーソングライターの1人である彼ですが、
今ではポップスの世界からはほぼ引退して
ジャズピアニストとしての活動を行っていますし、
今の若い人だと知らなかったりするかもしれません。

良質で耳に心地よいポップスをやっていて、
歌い手としても非常に才能の高い人です。

「十人十色」や「格好悪いふられ方」など
既に持っているお気に入りの曲もありますが、
新たに知った曲もあって、楽しんで聴きました。

実を言えば、例えば「十人十色」辺りの曲が
現役でヒットしていた当時には大江千里の
ちょっとばかりライトに徹している歌い方が
あまり好きでは無かったりもしたのですけれど、
今になって改めて聴きかえしてみると彼が
かなり良い歌い手だと実感させられます。

オリジナルアルバムまで買い揃えるかは
……まだ分かりませんけれど、
かなり気持ちは揺らいでいます。





カテゴリ : ライブ・CD
テーマ : 音楽のある生活 ジャンル : 音楽

亀戸 「焼肉 三千里」

2017年11月27日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

事務所が4月に吉祥寺から三鷹に引っ越したことで
昼食を採る店を新たに探さなければならなくなり、
このブログでは、その結果見つけた店をこれまでに
幾つか紹介してきているわけですが……

今回紹介するのは、三鷹の店ではありません。

当事務所の関与先の1つである㈱レポック様がある
東京都江東区亀戸にある、「焼肉 三千里」です。

亀戸といえば餃子やホルモンがやはり有名で、
個人的には、料理屋 「升本」 の亀戸大根料理と
亀戸天神にある料亭 「若福」の卵焼きを
そこに加えたいところだったりしますが、
今回紹介する「三千里」はそういう意味では
いわゆる普通の焼肉屋でしかありません。

それでは何故わざわざそれを紹介するのかというと、
実はここ、ランチタイムのセットが素晴らしいのです。

それが、下の写真の「満腹ランチ」。

内容は、ライス(おかわり可)とスープにサラダ、
ナムルとハラミ+2種の肉、という内容で、
値段はちょっとお得感のある1,050円(税込)。

サラリーマンの昼としてはもう少し安い方が
助かるのは間違いないところではありますが、
しかしこの満腹ランチはボリュームがたっぷりで
肉の質も悪くなくてコストパフォーマンスは抜群。

そんなわけで、㈱レポック様を訪問する場合には
ほぼ毎回、昼食はこの満腹ランチを食べています。

そんなにちょくちょく食べたいとまでは思いませんが、
「肉の気分」になった時に気楽に行ける場所に
あってくれると非常に嬉しいタイプの店ですから、
できれば三鷹にもこういう店があってほしい、
いや、何なら「三千里」の支店を出してほしい、
そんな風にも思ってしまう私なのでした。




カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

「ビビビ・ビ・バップ」

2017年11月25日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

奥泉光の「ビビビ・ビ・バップ」は、フォギーという
芸名を名乗ってジャズピアニストとして活動している
木戸桐という女性を主人公として綴られた、
全660ページというボリュームを誇るSF作品です。

なるべく軽い紙を使おうとしたのでしょう、
ページ数に比してさほど重くないのですけれども、
見た目のインパクトはかなりのもの。

「これ、人を殺せるんじゃないの」というくらい、
鈍器として色々とつかえそうな見た目の1冊です。

とはいえ、装丁のデザインはキャッチーでポップで
なかなかにハイセンスなものだと思っていたら、
ジャズには詳しくないので気付けなかったのですが、
どうやら、作中でも重要な位置を占めている
バスクラリネット、アルト・サックス、フルート奏者、
エリック・ドルフィーの、亡くなる直前に行われた
ライブの様子を収めたライブアルバム「Last Date」の
ジャケット写真のパロディーになっているようです。

これがどういう作品なのか簡単に説明しようとすると、
つまるところ、人の記憶パターンや人格をコピーして
電脳世界に再現するデジタルツインズという技術、
アンドロイドやAIといったSF的な題材を使って、
ネットを介して国境を越えて繋がる電脳スペースに
社会のかなりを依存している人類を襲う大災害を
描いている作品、と言えば分かりやすいでしょうか。

かなりスケールが大きく、かつ、この物理的な厚さもあり、
これを読むのは大変そうだと感じるかもしれませんが、
そういう心配は、あまりしなくていいでしょう。

本作、実は、かなり読みやすいのです。

その読みやすさの一番の原因が奥泉光の文体で、
とにかく饒舌で、軽快なテイストが持ち味で、
それは彼の他作品でも感じていたことではあるのですが、
今回は特にそれがハマっていると感じました。

また、扱っているテーマの深刻さに対して物語は
基本的にドタバタコメディー的な色味が強くて、
気楽に読めるようになっていることも挙げられます。

ジャズ、落語や将棋など、作者の好みのところで
昭和回顧が爆発しているのも、楽しめました。

それは例えば、大山康晴十五世名人であり、
五代目古今亭志ん生、立川談志、エリック・ドルフィー、
チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーン、マイルス・デイビス、
忍者の夜叉丸(山田風太郎の『甲賀忍法帖』より)等々、
いかにもな趣味の世界のラインナップですよね。

作者自身が楽しんで書いたんだろうなと思わせられて、
何となく微笑ましい気分にもなったり、ならなかったり。



カテゴリ : 読書
テーマ : 読んだ本の感想等 ジャンル : 小説・文学

気合と運と根性

2017年11月23日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

個人的に、いわゆる「根性論」については
基本的に好きではないのですけれども、
例えばスポーツの世界等ではしばしば
勝負に対する貪欲さや執念のようなものが
最終的な勝利の行方を左右しますよね。

もちろん、それ以前の基礎的な段階として
徹底した練習や努力といったようなものが
下地にしっかりと形成されているからこそ
最後の根性論も意味を持ってくるわけです。

それは、気合だったり、あるいは運だったり、
神頼みだったりということも同じことです。

英語のことわざに「天は自ら助くるものを助く」
というものがありますけれども、要するに
そういうことであって、結局のところは
そこに挑もうとする本人の意志の強さというか、
決意の力強さ加減といったようなものが
ギリギリの勝負では結果を左右することになる
ということなのかなあと、思ったりもします。

スポーツに限らず、高校受験や大学受験、
税理士等の国家資格の取得を目指す場合も、
その点においては同じことでしょう。

最後に、「気合」といえば、やはりここだろう、
という場所の写真を貼っておきます。

場所は、浅草寺境内を北に抜けた少し先ですね。


カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

租税資料館

2017年11月21日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

このブログの8月の頭に公開したエントリー
永田町の国立国会図書館を利用した調べものを
しなければいけなくなることが増えている、
というようなことを書かせていただきました。

日本国内の出版物は基本的に全て収蔵される
というのが国会図書館の強みですけれども、
基本的に閉架式である為に棚を眺めながら
色々と使えそうな本を当たっていってみる
というスタイルができないのがマイナス点。

といって、その辺の公立図書館では租税関係の
専門書のラインナップはそんなによくは無い、
という問題を解決するのに大いに役立つのが、
今回紹介する、下の写真の施設になります。

これは、東京都中野区南台3-45-13
にある公益財団法人租税資料館。

その名の通り、租税に関する資料や文献を集めて
一般に無料で公開しているというところで、
平成8年3月に竣工されたという話ですから、
現時点で20年を超える歴史があることになりますね。

かなり古い資料も収蔵されていて実に助かります。

最寄は東京メトロ丸ノ内線の方南町駅ですが
そこからちょっと歩かなければいけないので、
新宿駅か中野駅からバスを使うというのが、
租税資料館に行こうとする場合はベストでしょう。

これ等のバスは、運行本数も多いですしね。

税務や会計にそこまで縁が濃くない人にとっては
一生行くこともないような場所かもしれませんが、
こういう施設が簡単に行ける場所にあって、
しかも無料で(コピーは有料ですけれども)
使えるというのは、実にありがたい話です。



カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

「小田日和」

2017年11月19日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

元オフコースの、という前置きも不必要だろう
小田和正が2014年に発表したオリジナルアルバム
「小田日和」を、ふと欲しくなって入手しました。

小田和正というミュージシャンに才能があることは
私がわざわざここで書くまでもなく周知の事実で、
であればこそ私もオフコース時代からソロまでの
アルバムを色々と揃えているわけですが……

さすがに彼も歳をとったということなのかどうか、
大体2000年代になった辺りからのアルバムは
今一つまらないというか、代わり映えのしないものを
ただの手クセで作っているんじゃないかなと
思わせられて、何となくアレだなと感じています。

実のところ、2011年の「どーも」は未入手で
現時点での最新盤であるこの「小田日和」の方を
先に聴いてみたのですけれども、手クセ云々という、
その点については今回も変わらず感じました。

私としては、アルバムの中で1曲くらいでもいいので、
おお、これは、と思わせられるものが欲しいんですよね。

ポップスとしてこのアルバムを捉えてみれば
間違いなく質が高いものになっており、
「小田和正、侮りがたし」ではあるのですが……
マンネリ、ワンパターン感は、否めないところです。

最近の小田和正だと、曲やアルバムのタイトルに
センスが感じられないのも特に気になっている点です。

こういうのは、本来ならば誰かが「ダサイですよ」と
進言してあげればいいのになとは思うものの、
小田和正くらいのビッグネームになってしまうと
周囲は何も言えなくなっているのでしょうね、きっと。

あと、ジャケットを含むパッケージワークも、
もうちょっと何とかした方がいいと思います。

率直に言わせていただいて、格好悪いです。

惰性で作っているのではないと信じたいのですけれど、
自分のところのスタッフを食べさせていく為の
収入が必要だからという理由で作っているのではないか、
と思ってしまうのは根拠の薄い邪推の類かもしれませんが、
何だかそれも否定できないようで、嫌だなぁと感じています。



カテゴリ : ライブ・CD
テーマ : 音楽のある生活 ジャンル : 音楽

地酒 そば 真希

2017年11月17日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

事務所が今年の4月に三鷹に移転してから
幾つか昼食に良さそうな店を回っていて、
その中から「これは使えるな」と思ったものを
ここでも積極的に紹介しているのですが、
今回は、日本そばの店の2軒目になります。

三鷹駅南口のデッキを正面のエスカレーターで
下りてすぐの右側、ドトールの入っているビルの
2階にある「地酒 そば 真希」が、それです。

階段を上った先にある店舗は落ち着いた内装で
BGMにジャズを流している大人な雰囲気。

ランチタイムは「2枚ざる」がサービス価格で
税込690円というお手頃価格なのに加え、
そば単体の注文の場合には同じくサービスで
炊き込みご飯が付いてくるというから、
値段が高めなランチの多い三鷹においては
かなりリーズナブルな店だと言えそうです。

残る問題は、味、ということになりますが……

この店の そば は、二八の平打ちめんであり、
写真でお分かりいただけるかと思いますが
ざる1つ辺りの分量は決して多くありません。

むしろ、少ないと言ってもいいくらい。

私がまだ学生であったならば、物足りなさに
さすがに文句の1つも出そうなものですが、
現状ではランチタイムの割安セットで
2枚食べられればひとまずOKでしょう。

炊き込みご飯も、付いてきますしね。

個人的にはもうちょっとコシが強い方が
好みかもしれないのですが、それでも、
なかなか悪くない、いい感じの味でした。

次に行く時には丼モノとのセットも、
試してみようかなと思いました。




カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

相続税評価額の算出方法 その4

2017年11月15日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

前回の 「その3」 において簡単ながら、
相続税と贈与税における 「宅地」 の
評価方法の基本を説明しましたが、
今回は、そんな 「宅地」 の中の一部に
摘要される特例の話をしたいと思います。

正式名称は租税特別措置法第69条の4、
「小規模宅地等についての相続税の
課税価格の計算の特例」というものです。

一般に、「小規模宅地の特例」とか「小規模」と
省略されて呼ばれることも多いこの特例は、
特定の用途に供されている 「宅地」 については
一定の要件を満たすならば、一定の面積まで
その評価額の減額を認めるのが、その内容。

その要件について説明をしようとすると
それだけで3回はエントリを使わなければ
ならないくらいの量になってしまいますので、
申し訳ないながらそこは割愛するとして……

ここで言うところの 「小規模宅地等」 については、
以下に掲げる4つの種類となります。

① 「特定居住用宅地等」
② 「特定事業用宅地等」
③ 「貸付事業用宅地等」
④ 「特定同族会社事業用宅地等」


その名前で何となく分かるかもしれませんが、
要は被相続人の遺族の生活の維持などを
目的として、被相続人が居住していた宅地や
その事業のように供していた宅地については、
後を引き継ぐ人が取得している場合に
相続税の評価額が減額されるのです。

ちなみにその減額幅は限度面積の範囲内で、
①、②、④ が80%、③が50%となっています。

つまり、例えば前回の「その3」で説明した方法で
路線価から計算した評価額が5,000万円の
宅地が ① の「特定居住用宅地等」に該当して、
かつ限度面積の範囲内であった場合には、
相続税計算上の評価額は以下のようになるのです。

5,000万円×(1-80%)=1,000万円

この差は、大きいですよね。

仮に同じ土地に賃貸アパートを建てて
家賃収入を立てているような場合は、
「貸付事業用宅地等」に該当しますので、
その評価額は次の金額です。

5,000万円×(1-50%)=2,500万円

これでも、2,500万円も評価額が下がるので
相続税額もかなり下がるだろうということが、
お分かりいただけるのではないでしょうか。

相続財産に「宅地」があるような場合には、
この「小規模」の適用ができるかどうか、
適用対象となる「宅地」が複数ある時には、
限度面積の規定が存在しているのでその全てに
「小規模」を摘要することが不可能であれば、
どの「宅地」をどのように選択するのかが
税額を低く抑える為には重要となってきます。

なお、この特例について、私が割愛した詳細を
知りたいという人は、ひとまず、国税庁HP
下記のページをご覧になってみてください。

タックスアンサー No.4124

ただ、ケースによっては結構複雑な計算を
要することもあるので、相続税の対策を考える、
あるいは相続が発生したというような場合は必ず、
当事務所他、専門家へのご相談をお勧めします。


なお、確か6月の頭頃だったと思うのですが、
富裕層の地主を相手にして相続税対策の為に
地方銀行や信用金庫がアパートローンを融資して、
更地に賃貸住宅を建てるという動きが過熱気味に
なってしまっているというニュースを見ました。

その結果、各地に入居者のまるで入らない
賃貸物件が増えてきているのだそうです。

借金をして不採算物件を手に入れたようなもので、
設定した家賃の引き下げを余儀なくされたり、
当初見込んだ家賃収入と資金運用が達成できず
結局その物件を損を覚悟で処分したり、
それでも借金額に足りない分は他の資産を
売却して穴埋めをせざるを得なくなったり、
といったようなケースも発生しているのだとか。

金融機関側にすれば、例えローン返済が
焦げ付いてしまったとしても土地が担保だったり、
上記のように他の資産を持っていたりするので、
不良債権化する恐れが少ないようなのですが……

それって、倫理的にはどうなんでしょうね。

カテゴリ : 税金・税法
テーマ : 税金 ジャンル : 政治・経済

「ゴーストケース 心霊科学捜査官」

2017年11月13日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

戦国武将の名をペンネームにした柴田勝家の
霊というものの存在が科学的に証明されている
世界を舞台にしたミステリーを読みました。

本作の主人公は高知生まれの陰陽師であり、
彼が扱うのは幽霊や祟りの案件という設定で、
自殺した地下アイドルの恨みが原因と思われる
ファン等の連続自殺事件の顛末を描く作品です。

本作の題材は秋葉原の戦国メイド喫茶に
通っているという作者の日常を考えれば、
自分に馴染みのある(つまり、知識がある)ところで
勝負してきたということになりますが、
まだまだ新人の作家、しかもどうやら修士論文と
並行して執筆したりもしていたらしい作品であれば、
そういう、自分自身にとっては手堅いところを
攻めてくるのは正しい姿勢だと言えそうです。

さて、肝心要の内容なのですですけれども、
シリーズ化を見据えての事なのでしょうけれど、
ちょっと主張が強めのキャラが多くて、
その所為でとっ散らかっている印象があります。

また、1つ大きく気になったのが主人公の高知弁。

方言を使わせれば簡単にキャラ付けができますが、
ちょっとこれは安易に過ぎないか、ということ、
方言の必然が、ちょっと薄すぎるのがいかにも残念。

もう少し上手くできなかったかな、と思ってしまいます。

とはいえ、娯楽系のキャラクター小説として
まずまず面白かったので、これはこれで
悪くない作品だと言っていいでしょう。


カテゴリ : 読書
テーマ : 読んだ本の感想等 ジャンル : 小説・文学

コインランドリー

2017年11月11日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

ちょっと前に、通勤路の途中にあるスーパーで、
駐車場の一角にコインランドリーを設置する
という告知のチラシが貼られているのを見ました。

既に敷地内にクリーニング屋が併設されていますし、
何しろその一帯は一軒家の多い住宅街ですから
洗濯機を持っていないという世帯もそうそう無かろうに、
進出の勝算はあるのかということが心配になります。

もし駄目だった時には当然ながらそこに設置した
建物その他といったものを撤去しなければならず、
リスクが高いのではないかな、と思ったのです。

それで毎日それとなく見ていたのですけれども、
営業開始予定日が近付いても一向に、
駐車場のアスファルトを剥がして基礎を打つ
というような工事が始まる気配がないので、
何だろうなと思っていたら、開業3日前くらいに、
トレーラーがコンテナを引いて予定地にやってきました。

そのままタイヤにロックをかけて車止めを噛まし、
外階段設置等の簡単な工事が行われるのを見て、
そういうことか、と、ようやく納得がいきました。

なる程、コンテナ型のコインランドリーなのですね。

水は、近くにある水道栓から引けばいいのでしょうし、
こういうようなコンテナ式のいいところは、
私が実際に見たように設置工事が簡便であることや、
それ故に撤去も簡単、ということにありますよね。

極端な話、この事業をやめてしまいたくなったら
コンテナさえどけてしまえばいいわけで、
多少、アスファルトを治すところはあったとしても、
そこから原状回復工事だなんだという話になって
出費がかさむということも、ほとんど無いでしょう。

つまり、一つコインランドリー経営でもやってみるかと、
気軽に試してみられるということが言えるのでしょう。

今回私が見たスーパーチェーンのような事例、
もともと複数の支店を構えているような企業でなくとも、
個人でも、空いた土地を活用する選択肢の1つとして
コンテナ型コインランドリーの経営というのは、
全く無いという話ではなのかもしれません。

もちろん、事前に地域のニーズを十分に調査するのが
必須条件になるのは、言うまでもないことですが。


カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

事務所のHPはこちらから
プロフィール

管理者:tap

武蔵野市吉祥寺にある税理士事務所、宮内会計事務所に勤める税理士の卵のブログです。
仕事やプライベートを通じて思ったことなどを綴っています。


[ tapのプロフへ ]
税法・会計etc. 過去ログ倉庫

過去に書いてきたエントリの内、税法や会計などに関する話題で特に大事だろうと思うものを抜粋して別途掲載している、部分的ミラーサイトのような別ブログです。

最近投稿した記事

  全タイトルを表示
月別アーカイブ
カレンダー
ブログ内検索
カテゴリ一覧
リンク

響金太郎のラジオブログ
「ジバ☆ラジ」

高校時代からの付き合いで、今は九州博多で演劇の夢を追う友人、響金太郎のブログ。
わざわざ言わなくてもそれくらい分かるよ、と言われるかもしれませんが、芸名です。
どこかで見かけたら、応援してあげてください。


私の尊敬する経営者の一人、㈱AGTの社長が書かれているブログです。
写真もふんだんに使われていますし、見て楽しく、読んで楽しいブログだと思います。
私も、いつかこんなジュエリーを誰かに贈る日が来るのでしょうか……?



国税庁

税務行政に関する企画・立案。国税局・税務署の指導監督省庁です。


国税庁タックスアンサー

各種税金の仕組みや届出書、様式の説明、用語解説や各地の税務相談室の案内を記した国税庁サイト内のコーナーです。キーワード検索もできます。


内閣府

Topページの下部に、政府税制調査会のページへのリンクがあります。そこに掲載されている議事録などから、今後の税制改正の動向を知ることができます。


国税不服審判所

国税に関する法律に基づく処分に係る審査請求について裁決を行い、納税者の正当な権利利益の救済を図る機関です。ネット上で判例集が利用できます。



宮内会計事務所

吉祥寺にある税理士事務所。私の勤務先です。

(別サイト)

上記勤務先の、新規起業者向けの特別サイトです。



最新のトラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク
Ranking
QRコード
QR
管理者
  • 管理画面