三鷹駅南口 (武蔵野市、吉祥寺)、とある税理士事務所職員の日常 2018年12月
FC2ブログ

「怪奇探偵リジー&クリスタル」

2018年12月29日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

山本弘の「怪奇探偵リジー&クリスタル」は
第二次大戦直前のロサンゼルスを舞台にした、
パルプマガジンテイストの探偵小説です。

主人公である女性私立探偵のリジー・コルトと
助手のクリスタル・ナイトの2人のキャラクター設定も
なかなか個性的で、パルプSFや怪奇映画や
初期の特撮映画、古典SFの大家達への
愛やリスペクトがふんだんに盛り込まれています。

つまり、山本弘の趣味の世界をてんこ盛りにした、
いわゆる「おもちゃ箱をひっくり返した様な」作品です。

B級の匂いがプンプンとしてきますよね。

実際読んでみると、もう、これは作者自身が
かなり楽しんで書いたんだろうなというのが
作品のいたるところ、端々から滲み出てきていて
そういう意味では、微笑ましくさえありました。

それでも単なる内輪ウケや薀蓄披露に終わらず、
しっかりとしたエンターテインメント作品として
仕上げているのは、さすがというところでしょう。

収録されている全5エピソードのそれぞれで
B級の雰囲気をみごとに描き出しつつ、
娯楽作品として面白く、時に切なさも潜ませて、
これは、かなりの傑作ではないでしょうか。

山本弘は、こういうのも上手いですね。



カテゴリ : 読書
テーマ : 読んだ本の感想等 ジャンル : 小説・文学

年末年始の営業日のお知らせ(再掲)

2018年12月26日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

2018年も、もうすぐ終わります。

以前のものと同じ内容になりますが、ここで改めて、
年末年始の営業予定をお知らせします。

当事務所の関与先の皆さま、
そしてこのブログをご覧の皆様には
今年もお世話になり、ありがとうございます。

当事務所の営業は明日27日までとなっており、
2019年は7日(月)が仕事始めとなっています。

来年10月には消費税が10%に増税されて
併せて軽減税率(8%)制度が導入され、
4年後ではありますが、請求書や納品書、領収証に
インボイス方式が導入されることになるなど、
激動の1年になることが予想されています。

重要なトピックスは当然ですがこのブログでも
随時紹介させていただくつもりでおりますので、
今後とも、よろしくお願いいたします。

宮内会計事務所
2018~2019年末年始休業日

2018年12月28日(金)~2019年1月6日(日)


よろしくお願いいたします。

カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

AVE MARIA

2018年12月24日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

2回続けて音楽関係の話で申し訳ありません。

以前に書いたように、今月の4日に目黒区関口の
東京カテドラル関口教会聖マリア大聖堂で行われた
クリスマスチャリティーコンサートに行ってきて、
そこでオペラ歌手たちの歌声を聴いたことから
アヴェマリアにここのところハマっています。

前回の上々颱風ベスト盤も、実はそこからの
流れで手に入れようと思ったんですよね。

今日は12月24日のクリスマスイブですし、
もしかしたらアヴェマリアを聴くには1年間で
一番ふさわしい日かもしれないということで、
今回は、様々な作曲家のアヴェマリアを
10曲集めているCDを紹介したいと思います。

全33曲、3枚組のバージョンもあるようですが
私が持っているのはこちらの10曲版なので、
今回はこちらを紹介させていただくことにします。

シューベルト、バッハ=グノー、カッチーニという
最もメジャーなもの以外もいい曲がありますよ。



カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

上々颱風 「GOLDEN BEST」

2018年12月21日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

久し振りにシングル「アヴェ・マリア」を聴いたところ
やはりこれは凄くいいなあと感じられたので、
勢いで上々颱風のベスト盤「GOLDEN BEST」を購入。

何となく沖縄のイメージが強いグループですが、
実際には特にそういうわけではないんですよね。

これは、JALの沖縄キャンペーンのテーマソングとして
1991年にヒットした「愛より青い海」の印象が強烈で、
そのように感じてしまっているということなのでしょう。

同曲は実際、良い曲であり、私も大好きな曲の1曲です。

ただし、上々颱風で一番の名曲だと思っているのは
個人的にはシングル「アヴェ・マリア」のカップリング曲、
宮沢賢治の非常に有名な詩にメロディーをつけた
「雨ニモマケズ」ではないかと思っているのです。

残念ながら「雨ニモマケズ」はこのベスト盤には未収録。

こちらも名曲な「アヴェ・マリア」は収録されていますが、
熱心なファンの中で、「雨ニモマケズ」の位置付けは
どういうことになっているのか調べてみようかな。

もの凄く素晴らしい出来栄えの傑作ですし
ああいう曲こそベスト盤に収録することで、
埋もれないようにしないといけないのでは
ないかなと個人的には思うのですが……


カテゴリ : ライブ・CD
テーマ : 音楽のある生活 ジャンル : 音楽

ゴツいグリル

2018年12月19日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

街を歩いていて、最近はゴツい顔付きの車が
増えているなあと思っていたのですが、
ふと、そういえば、自動車前部の吸気口の
グリルというのはどういう語源だったかと
気になって仕方なくなってきてしまいました。

そこで、そもそも何故グリルというのかと調べたら、
形状からして事前に察しはついていたとおりに、
やはりシステムキッチンのグリルと同じで、
つまりは「金網」の意味のグリルということです。

エンジンを空冷する為に存在するグリルは、
デザインの個性を出しやすいですから
デザイナーの腕の見せ所なのかもしれません。

アウディーのシンプルフレームグリルとか
BMWのキドニー・グリルといったようなものは、
このフロントならこのメーカー、という具合に
そのままブランドイメージになっているような
個性の強いものもものもありますしね。

機能的には見かけがゴツかろうとゴツくなかろうと
エンジンルームに風が入れば問題ありません。

となると、あとは好みの問題ということに
なるのでしょうから、派手でゴツいフロントは
今の売れ線のデザインになるのでしょう。

とはいえ、そういうものばかりになってしまうと
それはそれでつまらないようにも思うのですが、
しかしゴツくすることで売上が伸びるのであれば、
もちろんそういうデザインを採用するのが
絶対的に正しいのは言うまでもありません。

カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

「キャロリング」

2018年12月16日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

今年ももうすぐクリスマスを迎えるからということで
積読の山の中から有川浩の「キャロリング」を
引っ張り出してきて一気に読了いたしました。

書名から一目瞭然ですが、本作は世の中によくある
「クリスマスに奇跡が起きる」的な物語だと言えます。

そういう、実にありふれているありきたりなネタを
どのように料理するかは作家の実力や好み次第で、
それが作品の完成度や面白さを左右するわけですが、
ベタベタで甘い恋愛だったり人情を描かせたら
一級の職人芸を見せる有川浩なのでそこはなかなかの
ちょっとじんわり来るようなものに仕上げてきています。

粗筋は、こんな感じ。

クリスマスに倒産が決まった子供服メーカーの社員・大和俊介。同僚で元恋人の柊子に秘かな思いを残していた。そんな二人を頼ってきたのは、会社に併設された学童に通う小学生の航平。両親の離婚を止めたいという航平の願いを叶えるため、彼らは別居中の航平の父親を訪ねることに――。逆境でもたらされる、ささやかな奇跡の連鎖を描く感動の物語。


これで気になところがあるとしたらそれは、
あまりにも「いつもの有川浩」すぎるから
意外性が一切ないというところでしょうか。

それは同時に、有川浩の著作であるというだけで
ある程度のクオリティーが保証されるとも言えます。

つまり購入を検討して大丈夫と意味してもいますが、
どの作品のどの部分を切り取っても基本は同じ、
読み心地がほとんど変わらないというのは、
果たして、いいことなのか悪いことなのか……

個人的には、正直、微妙なところもあるよなと
思わないでもないというのが正直なところです。

といって、まるで違うような作品を提示されたら
それはそれで、何だか裏切られたような気分に
なるかもしれないとも思ってしまうんですよね。


カテゴリ : 読書
テーマ : 読んだ本の感想等 ジャンル : 小説・文学

しし鍋、牡丹鍋

2018年12月14日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

ふとしたきっかけで肉の種類の話をすることがあり、
その流れで「そういえば」と思ったのですけれど、
今からちょっと前の話になってしまいますが、
江東区の東陽町駅と木場駅の間くらいにある
大衆酒場山田斎藤でちょっとした飲み会が
開催されて出席してたことがあります。

どうやらジビエ料理でも有名な店ということであり、
その時は「しし鍋コース」を楽しませてもらいました。

「しし鍋」と聞いて何の肉を使ったものなのかが
すぐにピンとこない人の為に説明しますと、
まあ、名前で分かるかもしれませんけれど、
要するにイノシシの肉を使った鍋になります。

「ぼたん鍋」ということもありますね。

これは、薄切りにした肉を牡丹の花のように
皿に盛りつけたことからそう呼ばれるそうですが、
そういえば「〇〇鍋」という言い方をするものは
「さくら鍋」とか「もみじ鍋」というのがありますね。

それぞれ、馬肉と鹿肉の鍋です。

ジビエは臭みがあって……と思うかもしれませんが、
そんなことは特に気になることもありませんでしたし
実際、とても美味しく食べさせてもらいました。

なお、値段も、かなりお手頃です。

豚のレバーとタンも素晴らしく美味しかったですし、
また機会を作って行って、今度は熊肉や鹿肉も
食べてみたいなと思わせられる店でした。

イノシシの肉なんて臭そうでちょっと嫌だなとか、
思い込みだけで敬遠してしまうのはもったいない、
一度美味しい料理を出す店で実物を食べてみて
それから判断した方がいいのではないかと、
そんなことを思ったので、改めて紹介してみました。



カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

消費税と地方消費税(その1)

2018年12月11日  
国税庁ホームページJR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

来年の10月には消費税率が10%に
引き上げられると同時に軽減税率が
一部の物品に対して適用されるように
なることがほぼ確定的ですが……

増税前から続いているリース契約や
長期の建設工事などに関しては
5%から8%になった時と同様の
経過措置が適用されるでしょうから、
増税後は同じ8%でも厳密に言えば
2種類の8%が存在することになります。

それだけであれば話はシンプルなのですが……

実はこの2つ、表面的には「8%」という数字に
全く違いがないように見えていながらも、
実際の税額計算上は、かなり違うのです。

その違いを理解するためにはまず最初に
世間一般でいう「消費税」が実は2種類の
税金からなっているものであるということを
ご理解いただかなければなりません。

といって、話はそんなに難しくはありません。

要するに、私達が普段負担している消費税には
国税部分と地方税部分が存在しているのです。

平成元年の導入時に3%の税率だった時代は
全てが国税だったのですけれども平成9年に
5%になった時点で増税部分の半分、
すなわち1%については地方消費税として
地方自治体の財政に回されることになりました。

つまり、私達が日常で使ってる「消費税」は実は
消費税と地方消費税からなっているのです。

税理士や会計士、国税職員などがしばしば
「消費税等」という言葉を使っているのは、
実はそういう事情があってのことなのですね。

当初は5%に対する1%、すなわち全体の20%
という割合だった地方消費税は、その後税率が
平成26年に8%となった時には21.25%の
1.7%となり、来年の増税時にもその割合を
22%に増やすことが既に決まっています。

地方消費税の割合が段々と増えていくのは
社会保障費の増加と密接に関係していて、
要するに少子高齢化社会の進行と共に
年金や高齢者医療、介護の費用負担が
地方自治体に重くのしかかってきているという
実情を反映した結果であるといえるでしょう。

で、そんな事情が存在していることを受けて、
来年10月の改正前後で消費税総額に占める
地方消費税の割合は変わりますから、
税率変更後の8%とその前の8%とでは
地方消費税のパーセントが違っています。

経過措置による8%は平成26年改正時のまま
地方消費税は1.7%なのですけれども、
来年10月以降の軽減税率8%の場合は
地方消費税のパーセントは1.76%になります。

これを一覧表としてまとめてみたのが、下の図です。

図の上にカーソルを合わせてクリックしていただくと
別ウィンドウが開いて拡大表示されますので、
是非一度ご覧になっていただければと思います。

なお、合計したら8%なのが同じであるならば
結局なにも変わらないのではないかと
思われる人もいらっしゃるかもしれませんけれど、
それは実はそうでもなかったりするのです。

とはいえ少しばかり話が長くなってしまいましたので、
その辺りのことはまた別の機会に説明いたします。


カテゴリ : 税金・税法
テーマ : 税金 ジャンル : 政治・経済

「HYBRID FUNK」

2018年12月09日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

KINKI KIDS の堂本剛が ENDRECHERI 名義で
2018年の5月頭にリリースしたのが
現時点の最新アルバム「HYBRID FUNK」です。

突発性難聴を患ってしまっている彼ですが、
このアルバムのレコーディングがどのタイミングか、
発症前か、それとも後なのかを確認しようと
ネット検索したら本人のインタビュ-がありました。

それによると、ほぼ全ての楽曲について
発症前に歌入れまでが終わっていたそうで、
発症後のものは1曲だけだとのことでした。

難聴といっても片方の耳は聴こるんだろうとか、
決して歌えなくなったわけではないだろうとか、
そういう声もあるでしょうけれども、実際問題、
耳の調子が悪いとしたら上手く歌うことは
相当に難しいんだろうなと思われます。

そんな中、音楽活動を続けてる人も多いですよね。

例えば私の知るところだと moonriders で
ボーカル&ギターを担当しているフロントマン
鈴木慶一も、難聴を患ってから明らかに
音の取り方が微妙になっていましたし。

堂本剛も不安定なボーカルを生かした
楽曲のスタイルを鈴木慶一の様に
模索していくことになる、のかな?

ともあれ、それはこれから先のこと。

とりあえずこのアルバムについていえば
いかにも彼らしい渋いファンクが聴けて、
なかなかのものだと感じられました。

ジャニーズのタレントが出すような内容の
アルバムではないですね、いい意味で。


カテゴリ : ライブ・CD
テーマ : 音楽のある生活 ジャンル : 音楽

東京カテドラル関口教会

2018年12月06日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

東京都文京区の椿山荘のそばにに古くからある
丹下健三の設計した聖マリア大聖堂で知られる
カトリック東京カテドラル関口教会で行われた
クリスマスチャリティーコンサートに行ってきました。

聖マリア大聖堂は東京大司教区の司教座聖堂
になっていますし、独特の形状で有名ですから
ああ、あれかとご存知の方も多いかもしれません。

コンサートやライブの類に行くのも随分久し振りで、
なおかつカトリック教会の大聖堂での公演なんて
おそらく生まれて初めてのことになりますから、
結構わくわくしながら会場に向かいました。

交通アクセスは決していいとはいえない
場所にある東京カテドラル関口教会ですが、
私は運動がてら東京メトロの早稲田駅から
おおよそ20~30分くらいかけて徒歩で
てくてくと向かうことに今回はしてみました。

最後に神田川から目白台に向かうところで
ちょっと急な胸突坂の登りがありますが、
疲れる程のものではありませんしね。

コンサートは、クラシック系のオペラ歌手が
4名登場してアリアや讃美歌、ポップスを
歌っていくというような趣向のものであり、
当然ですがマイクなどは通さない生歌です。

天井の高いコンクリートうちっ放しの聖堂内は
残響が多くて音に独特の豊かさがあります。

そこにクラシック系のオペラ歌手の歌声は
いい感じにツボにはまってくるものがあり、
実に楽しい時間を過ごすことができました。

普段聞いているようなロックやポップスも
もちろんいいものであることに違いありません。

しかし、こうして実際に生で聴いてみると、
やはりクラシックもいいものであるなあと
思わずにはいられないのでした。



カテゴリ : ライブ・CD
テーマ : 音楽のある生活 ジャンル : 音楽

事務所のHPはこちらから
プロフィール

管理者:tap

武蔵野市吉祥寺にある税理士事務所、宮内会計事務所に勤める税理士の卵のブログです。
仕事やプライベートを通じて思ったことなどを綴っています。


[ tapのプロフへ ]
税法・会計etc. 過去ログ倉庫

過去に書いてきたエントリの内、税法や会計などに関する話題で特に大事だろうと思うものを抜粋して別途掲載している、部分的ミラーサイトのような別ブログです。

最近投稿した記事

  全タイトルを表示
月別アーカイブ
カレンダー
ブログ内検索
カテゴリ一覧
リンク

響金太郎のラジオブログ
「ジバ☆ラジ」

高校時代からの付き合いで、今は九州博多で演劇の夢を追う友人、響金太郎のブログ。
わざわざ言わなくてもそれくらい分かるよ、と言われるかもしれませんが、芸名です。
どこかで見かけたら、応援してあげてください。


私の尊敬する経営者の一人、㈱AGTの社長が書かれているブログです。
写真もふんだんに使われていますし、見て楽しく、読んで楽しいブログだと思います。
私も、いつかこんなジュエリーを誰かに贈る日が来るのでしょうか……?



国税庁

税務行政に関する企画・立案。国税局・税務署の指導監督省庁です。


国税庁タックスアンサー

各種税金の仕組みや届出書、様式の説明、用語解説や各地の税務相談室の案内を記した国税庁サイト内のコーナーです。キーワード検索もできます。


内閣府

Topページの下部に、政府税制調査会のページへのリンクがあります。そこに掲載されている議事録などから、今後の税制改正の動向を知ることができます。


国税不服審判所

国税に関する法律に基づく処分に係る審査請求について裁決を行い、納税者の正当な権利利益の救済を図る機関です。ネット上で判例集が利用できます。



宮内会計事務所

吉祥寺にある税理士事務所。私の勤務先です。

(別サイト)

上記勤務先の、新規起業者向けの特別サイトです。



最新のトラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク
Ranking
QRコード
QR
管理者
  • 管理画面