三鷹駅南口 (武蔵野市、吉祥寺)、とある税理士事務所職員の日常 2019年08月11日
FC2ブログ

「ヒト夜の永い夢」

2019年08月11日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

あちこちで作者の最高傑作ではないかと言われ、
読んでみて実際その通りだなと私も思ったのが、
今年の4月に出た柴田勝家の「ヒト夜の永い夢」。

彼の著作は単行本・文庫になっているものは
これまでに一通りを読んできているのですが、
ジャンル的に昭和伝奇SFといえる本作は
過去の作品に感じてきた物足りなさもなく、
かなり厚めの文庫を最初から最後まで
一気に読み切らせる面白さがありました。

ちょっと粗筋を紹介してみましょう。

昭和2年。稀代の博物学者である南方熊楠のもとへ、超心理学者の福来友吉が訪れる。福来の誘いで学者たちの秘密団体「昭和考幽学会」へと加わった熊楠は、そこで新天皇即位の記念行事のため思考する自動人形を作ることに。粘菌コンピュータにより完成したその少女は天皇機関と名付けられるが―時代を築いた名士たちの知と因果が二・二六の帝都大混乱へと導かれていく、夢と現実の交わる日本を描いた一大昭和伝奇ロマン。


本作は一部で「昭和やべえ奴大集合」だと
言われたりもしているらしいのですけれど、
登場する実在人物たちのキャラが濃くて、
クラクラしそうになりつつ読了しました。

物語は、大きく2部に分かれてる構成です。

まず第一部は、熊楠が「昭和考幽学会」に
誘われて天皇機関の完成に協力し、
昭和天皇にそれをお披露目しようとするまで。

第二部は、お披露目が意図せぬ結果に
終わってしまった後に、天皇機関を巡って
様々な人々の思惑が錯綜していって
陰謀・野望が渦巻いていく様を描いています。

そして550ページを超える物語のヤマ場は
昭和史に残る一大事件となっています。

最後に熊楠の前に立ちはだかるのは、北一輝。

これをさながら南北対決と評した紹介記事も
あったというのはさすがに余談ですけれども、
天皇機関は、そして熊楠達はどうなってしまうのか、
それは、是非ともこれから本作を読むことで、
ご自身の眼で確認してもらいたいところです。

面白い作品だということは、保証いたします。

こうなると、帝都を舞台にして実在の人物が
活躍する伝奇モノ繋がりということで、
以前から一度読んでみようかと思いつつ
保留にしてきてしまっていた荒俣宏の
「帝都物語」も読まなければなりませんね。



カテゴリ : 読書
テーマ : 読んだ本の感想等 ジャンル : 小説・文学

事務所のHPはこちらから
プロフィール

管理者:tap

武蔵野市吉祥寺にある税理士事務所、宮内会計事務所に勤める税理士の卵のブログです。
仕事やプライベートを通じて思ったことなどを綴っています。


[ tapのプロフへ ]
税法・会計etc. 過去ログ倉庫

過去に書いてきたエントリの内、税法や会計などに関する話題で特に大事だろうと思うものを抜粋して別途掲載している、部分的ミラーサイトのような別ブログです。

最近投稿した記事

  全タイトルを表示
月別アーカイブ
カレンダー
ブログ内検索
カテゴリ一覧
リンク

響金太郎のラジオブログ
「ジバ☆ラジ」

高校時代からの付き合いで、今は九州博多で演劇の夢を追う友人、響金太郎のブログ。
わざわざ言わなくてもそれくらい分かるよ、と言われるかもしれませんが、芸名です。
どこかで見かけたら、応援してあげてください。


私の尊敬する経営者の一人、㈱AGTの社長が書かれているブログです。
写真もふんだんに使われていますし、見て楽しく、読んで楽しいブログだと思います。
私も、いつかこんなジュエリーを誰かに贈る日が来るのでしょうか……?



国税庁

税務行政に関する企画・立案。国税局・税務署の指導監督省庁です。


国税庁タックスアンサー

各種税金の仕組みや届出書、様式の説明、用語解説や各地の税務相談室の案内を記した国税庁サイト内のコーナーです。キーワード検索もできます。


内閣府

Topページの下部に、政府税制調査会のページへのリンクがあります。そこに掲載されている議事録などから、今後の税制改正の動向を知ることができます。


国税不服審判所

国税に関する法律に基づく処分に係る審査請求について裁決を行い、納税者の正当な権利利益の救済を図る機関です。ネット上で判例集が利用できます。



宮内会計事務所

吉祥寺にある税理士事務所。私の勤務先です。

(別サイト)

上記勤務先の、新規起業者向けの特別サイトです。



最新のトラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク
Ranking
QRコード
QR
管理者
  • 管理画面