三鷹駅南口 (武蔵野市、吉祥寺)、とある税理士事務所職員の日常 2019年09月
FC2ブログ

「母になる、石の礫で」

2019年09月30日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

どこかで一度読まなければいけないと思っていた
倉田タカシの「母になる、石の礫で」という作品を、
ふと思い立ってネット通販で購入いたしました。

この作品の内容をどう説明しようかというのが、
実は悩ましいところで、端的に言ってしまえば
簡単なもののそれでいいのか少し疑問があるので、
とりあえず、裏表紙の粗筋を引用してみます。

3Dプリンタが驚異的深化を遂げ、建築物から料理まで直接出力出来る未来。禁断の実験に手を染めるため地球を脱出したファナティックな12人の科学者は、火星と木星の間の小惑星帯にコロニーを建設していた。<始祖>と呼ばれる彼らに産み出された<二世>の虹、霧、針、そしてその下の<新世代>を含む3人は、コロニーを離れ自らの<巣>を建設していた。あるとき虹は、母性の地球から威圧的に近づいてくる巨大な構造物に圧倒される。虹たちは対策を検討するため7年ぶりに<始祖>と再会するが、それは過去に2名の<二世>を失った事件に端を発する確執の再燃でもあった――未来的閉塞環境で己の存在意義を失った異形の若者たちの惑いと決意を描く本格宇宙SF


うーん、実際これで間違いではないのですけれど、
誤解を招く紹介文のような気もしないでもありません。

本作が、<二世>と<新世代>の4人が自らの
アイデンティティーを求める物語というフレームを
持つ物語であることは、明らかな事実です。

その上で、上記の粗筋から期待してしまうような
地球と<始祖>達の対立やディストピア的な未来の
地球社会といった要素が描かれていたかというと、
実のところ、そういうものはほとんど感じられない
というのが正直な感想であったりもするのです。

作者が一番描きたい部分にのみフォーカスした
一点突破作品だと考えればいいのかもしれません。

それはそれで、アリといえばアリだとは思います。

しかしながら個人的な好みで考えるのであれば、
もうちょっとその辺りも明確に示せばいいのにな
と感じてしまわずにはおれないという意味で、
ちょっとばかり残念さも感じた作品でした。

とはいえ、生体までもが出力できるようになった
3Dプリンタや「母」という言葉・概念の使い方等、
刺激的なところも多かったのも確かなことです。

微妙に評価に困る作品、というのが結論でしょうか。


カテゴリ : 読書
テーマ : 読んだ本の感想等 ジャンル : 小説・文学

「transform」

2019年09月28日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

今年の5月に発売になったアルバムですが……

デビューアルバム「Human’s Lib」の発売から
35周年という中、デビュー当時の原点回帰的な
シンセ・ポップ・アルバムをリリースするということが、
発売元であるソニーミュージックの宣伝文句だった
ハワード・ジョーンズ の新譜「transform」。

ミュージシャンとしての根っ子がクラシックにある
ピアノ弾き語りシンガーソングライターだからか、
アコースティックなアプローチで作る楽曲、
アルバムも多い彼ですが今回は宣伝通り、
前面にシンセを出したアルバムになっています。

ハワードのアコースティックな作品は、
持ち味である楽曲のメリディアスさが
際立つ方向になるなので悪くありません。

が、これぞという部分が薄なって全体的には
少々つまらないところがあるのが難点でした。

しかし、本作のようにシンセをメインに押し出した
サウンド構築にすると、今でもこうしてキラキラと
まぶしいポップなアルバムを作ってくるのだから、
やはり彼の才能は素晴らしいものがありますよね。

ハワード・ジョーンズはキャリア的には決して
恵まれているとは言えないミュージシャンで、
デビューも遅いし、メジャー契約を切られたり、
色々と苦労をしてきてもいるのですが、
それでも堅実に音楽活動を続けてきています。

現在の年齢は64歳。

還暦を過ぎでこれだけ若々しい音楽をやるんだ
というのを味わうという意味でも、このアルバムを
聴いてみる価値はあるかもしれません。

もちろん、単純にポップスとして出来がかなりいい
というのが前提にあってのことですけれども。



カテゴリ : ライブ・CD
テーマ : 音楽のある生活 ジャンル : 音楽

銀行への決算書の電子的提出について

2019年09月25日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

自己資金が潤沢で無借金経営をされている
事業者様もいらっしゃいますが割合から考えれば、
事業資金を調達する為に金融機関から借入を
行っている事業者様が多いのだろうと思います。

決算を終えて申告書を税務署等に提出すると、
それ等の金融機関からも求められますよね。

金融機関は顧客(預金者等)から預かった資金を
貸出すことで利息と言う収入を得ているわけですが、
その立場は、融資した資金が企業の事業活動に
正しく使われているのかどうかということと、
返済が滞りなく行われているのかということは、
やはり、何よりも重要なことになってきます。

その為、貸出先から決算書の提出を受けて、
それ等の裏付けを得ることが必要となるのです。

自分のところは返済はきちんと毎月行っているし、
金融機関への決算書の提出は面倒なだけで、
こちらにメリットは無いと思われるかもしれません。

しかし、決算書を提出することで金融機関側が
当該事業者の最新の財務データを把握できれば、
例えば追加融資への迅速な対応が得られたり、
金融機関との間の信頼関係を深めるられもします。

となれば事業者は、金融機関への決算書の提出を、
むしろ積極的に行うべきであると言えるでしょう。

そのサポートとして、当事務所では、
「TKCモニタリング情報サービス」の
活用を顧問先にお勧めしております。

この「TKCモニタリング情報サービス」は
決算書を税務署等に提出すると同時に、
あらかじめ設定しておいた金融機関に対して、
同様のデータをネット経由で提出するものです。

現在使われている会計ソフトによっては、
をご利用できないこともあるのですが、
興味のある関与先様はお問い合わせください。

カテゴリ : 会計・経理
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

谷山浩子 猫森集会2019

2019年09月23日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

先の19日は新宿のこくみん共済coopホールで
谷山浩子のコンサート「猫森集会2019」の
チケットを購入していたのですけれども、
いざ現地についてみたらびっくりしたことに、
写真のようなことになってしまっていました。

原因はご本人のブログにも出ているのように、
「風邪による上気道炎からの声帯の浮腫」
ということであり、大きな健康問題では無いのが
まずは一安心というところではないでしょうか。

コンサートを観られなかったのは残念ですが、
また次の機会を待たせていただくとします。



カテゴリ : ライブ・CD
テーマ : 音楽のある生活 ジャンル : 音楽

「東京の子」

2019年09月20日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

刊行時に複数個所でちょっと話題になっていた
藤井太洋の「東京の子」は、来年開催される
オリンピックが開催された後の東京を舞台に
描かれた近未来社会派エンターテインメント。

実在する技術に関係するテーマで少し先の
未来を舞台にしたSFを描くことが多いという
イメージのある藤井太洋が、同時代性の高い
作品を発表していて、しかもそれが私の信頼する
書評家たちから総じてウケがいいとなれば、
これはオリンピックが実際に開催される
来年になる前に読まねばならないですよね。

そこで、オリンピック開幕までもう1年を切った
この時期にこうして読むことになったわけです。

帯に書かれていた公式の粗筋を紹介しましょう。

2023年、東京。パルクール・パフォーマーを15歳で引退した舟津怜は、戸籍を買い、過去を隠して新たな人生を歩んでいた。何でも屋として生計を立てる彼は、失踪したベトナム人、ファム・チ=リンの捜索を依頼される。美貌の才媛である彼女は、「東京デュアル」内にあるチェーン料理店のスタッフをしていた。オリンピックの跡地に生まれた「理想の大学校」、デュアル。ファムはデュアルの実情を告発しようと動いていたのだ。デュアルは、学生を人身売買しているのだという―。


パルクールが何か分からないという人は
ネット検索などで動画を見ていただくとして、
テーマ的には、読み手のフックとなる部分が
少しくらいはあっても良かった気もします。

しかし、広く読者に届けようという意味では、
これくらいフラットでいいのかもしれません。

エンターテインメントとして非常に質が高く、
そして近未来に起こりうることの予測としても
確かにこういうことは大いに有り得るなと思え、
とても興味深く面白く読ませてもらいました。

ちょっとでも説教くさい部分があったり、
思想的に偏りがあったりというような、
「匂い」のあるものを嫌う人も多いですけれど、
そういう作品になる可能性もあるところを
きっちりコントロールして書かれている、
誰にでも安心してお勧めできる娯楽作です。

その、コントロールされているという部分を
物足りないと思う人もいるでしょうけど……



カテゴリ : 読書
テーマ : 読んだ本の感想等 ジャンル : 小説・文学

ブエルタ・ア・エスパーニャ 2019を制したのは

2019年09月18日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

2019年のブエルタ・ア・エスパーニャで
総合優勝のマイヨ・ロホをまとったのは、
ユンボ・ヴィズマのプリモシュ・ログリッチェ。

以前はスキージャンプの選手だったという
ちょっと異色の経歴の持ち主な彼ですが、
今年5月のジロ・デ・イタリアでは途中まで
順調に総合首位を守りながらも落車などの
影響もあったとはいえ後半にかけて大失速した
という手痛い経験をした選手でもあります。

その反省も当然あったはずの今回のブエルタは
横風分断で遅れてしうステージはあったものの、
基本的には終始安定していたという印象です。

得意のタイムトライアルでライバル達から
タイム差を奪った後はその総合順位は概ね
盤石だったのですから、総合首位という結果と、
そしてそれと同時にポイント賞も獲得したのは、
ある意味で当然の結果と評してもよさそうです。

山岳賞は、アージェードゥゼール・ラ・モンディアルの
ジョフレ・ブシャールが後半の厳しい山岳で着実に
ポイントを稼ぎ、狙うべきステージとポイントを
しっかりと得ていく走りでジャージを獲得しています。

新人賞のマイヨ・ブランコは今大会最年少である
20歳のUAEチームエミレーツ、ダディ・ポガチャル。

なんと彼は今大会でステージ優勝も3回しており、
総合順位でも2位のアレハンドロ・バルベルデと
最後まで争って最終的に20秒ほどのタイム差で
バルベルデには及ばず、総合3位でフィニッシュし、
最終日に表彰台に上がる権利を手にしています。


公式サイトはこちらから

カテゴリ : 自転車レース
テーマ : 自転車ロードレース ジャンル : スポーツ

台風15号等の被害への国税庁の対応

2019年09月15日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

9月8日の夜から10日にかけて関東に上陸した
台風15号は甚大な被害を各所にもたらしましたが、
その状況が徐々に明らかになってくるにつけ、
被害額の大きさ、深刻さが問題になってきました。

被害にあわれた方は、この先どうするのか等、
まだまだ検討も付かないかと思いますが、
国税庁の側では、災害により損失を受けた場合の
各種の特例を受けられる可能性があるとして、
最寄りの税務署への相談を呼び掛けています。

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/saigai/r1/0019009-039/index.htm

リンク先である 「災害関連情報」ページには、
以下のような内容の案内が掲載されています。

1) 期限内に申告・納税等をできない場合の
  「災害による申告、納付等の期限延長申請」
2) 財産に相当な損失を受けた場合の
  「納税の猶予」
3)住宅や家財などに損害を受けた場合の
  「所得税及び復興特別所得税の
   全部または一部の軽減」
4) 災害等の生じた日の属する課税期間からの
  消費税等 簡易課税制度の適用または不適用

これ等の特例は何をしなくても適用されるという
ようなものではなくて、納税者の側からの
申告作業が必要であることが通常なので、
個人・法人を問わず、どういう特例が使えるのか、
その適用を受けるにはどういった手続きが
必要になるのかということを落ち着いたところで
税務署に問い合わせされることをお勧めします。

顧問契約されている税理士がある場合には、
そちらにご相談されるのもいいと思います。

カテゴリ : 税金・税法
テーマ : 税金 ジャンル : 政治・経済

神保町「ろしあ亭」

2019年09月12日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

過去に何度かこのブログでも書いてきているので
ご存知の方も多いのではないかと思いますが、
私は昔からロシア料理のことがかなり好きです。

都内のロシア料理店もいくつか回っていて、
これまで紹介してきたのはそういった店ですが、
さすがに全てのロシア料理店を網羅している
というレベルまでは行っていません。

ですから、いつかは行ってみたいと思いつつも
まだ利用していないロシア料理店というのも
それなりの数、まだまだ存在しているのです。

今回紹介するのは、そんな未体験だった店の
1つである、「ろしあ亭」という店になります。

店の所在地は千代田区神田神保町1-13。

神保町交差点から少しだけ南に歩いて
すずらん通りに入ったすぐのところにある、
今年で創業25周年だという店です。

神保町辺りにちょうど用事があったので、
ランチタイム開始に合わせて行ってみました。

私がついたのは開店5分前くらいでしたが
既に店の前で待っている人がいましたし、
開店してすぐに席が埋まるくらいの人気です。

ランチセットは値段も手頃でいい感じ。

まずは複数のメニューを味わいたかったので、
さすがにスペシャルセットは止めておきましたが、
今回は通常セットの中では最も品数が多いと
思われるSランチを奮発してオーダーしました。

「ロシアサラダ」「壺焼きマッシュルーム・クリーム」
「ボルシチ」「ロールキャベツ」「自家製パン」に
「デザート」がついて税込みで1,400円というのは
結構リーズナブルな値段ではないでしょうか。

サラダの量が少なすぎるのは気になりましたが
それ以外の料理は普通のボリュームでしたし、
これでこの値段はお手頃だと思います。

肝心の味も良くて、なるほどこれは人気が
出るわけだなと納得させられました。

以前にここでも紹介した新宿のスンガリーで
修行した人がシェフらしいのですが、
そう言われれば、そういう味かもしれません。

私も機会を見つけてまた行ってみたいですし、
もし神保町界隈に行かれる予定がある場合は
すずらん通りに行ってこの「ろしあ亭」で
食事をして見るというのもお勧めですね。

神保町(正確には小川町ですが)にはもう1軒
有名なロシア料理店があるのですけれども、
そこもいつかは行ってみたいなと思っています。




カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

Googleへの広告出稿と消費税の特定課税仕入

2019年09月09日  
国税庁ホームページJR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

消費税は「事業者が」「事業として」
「対価を得て行う」「資産の譲渡等」
に対して課税されると規定されています。

そしてこれは日本の税金ですから当然、
国外で行われる消費活動に対しては
例えそれが上記の4つの要件を満たしても
消費税は課税されないのが原則です。

この時に、実際にモノが動くのであれば
国内か国外かの判断は付きやすいのですが、
それがサービスなどの役務の場合はどうでしょう。

「国境を越えた役務の提供への消費税の課税」
は現在はリバースチャージ方式と呼ばれる
方法で国内取引の判定と計算を行うことに
なっていて、代表例としてよく挙げられていたのが
国外法人への広告料の支払取引として
事例も多い、Googleの広告サービスでした。

リバースチャージ方式については以前にここで
説明をしているので今回は省略しますけれども、
この Googleの広告サービスは具体的には
検索での上位表示サービスであったり、
G-mail でのバナー表示サービスであったり、
Youtube での広告動画サービスであったり、
Googleのネットワークへのアプリに関する広告の
表示サービスであったりといったものです。

これ等のサービスは従前は取引先が
日本国外の Google となっていた為に、
リバースチャージの対象となっていました。

それが、今年の4月以降については取引相手が
国内に所在がある Google合同会社に変わり、
つまりは通常の国内取引と同じ課税仕入扱いに
なっているのですけれども、それに気付かずに
今まで通りリバースチャージとして会計処理を
し続けている場合は、訂正仕分けが必要です。

切り替え時に Google からは事前通知が
送付されてきたいたはずではあるのですが、
それを見落としてしまっている事業者様も
結構いらっしゃるらしいことが分かったので、
改めてここでお知らせをさせていただきます。

なお、自己運営のサイトへの広告掲載により
得られるクリック報酬(Google Adsense)は
従来通りに国外事業者との取引のままなので、
家事対象外の不課税売上で会計処理します。

該当する取引をされている事業者様は
一度処理を確認してみてください。

カテゴリ : 税金・税法
テーマ : 税金 ジャンル : 政治・経済

「僕らの世界が終わる頃」

2019年09月07日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

過去の著作を少しずつ読み進めようと思う
作家の1人が彩坂美月の作品から今回は
「僕らの世界が終わる頃」を紹介します。

これまでに数作を読んだところの感想では
青春のちょっとした苦みと、何よりも純粋さを
ベースにしたミステリー小説というのが
得意ジャンルなのかなと思っている作家です。

それは私の好みとするところでもあります。

不登校になって早一年、14歳の工藤渉は暇を持て余し、軽い気持ちで小説を書き始める。物語を作るのは想像以上に難しく、だが驚くほど楽しかった。初めての小説『ルール・オブ・ルール』をネット上で公開すると、予想外の反響が。けれどその途端、渉の身辺で怪事が続く。脅迫メール、不審な電話、そして作中の場面に酷似した殺人未遂事件。現実と物語が交錯する高次元ミステリー!!


というのが公式の粗筋になるのですけれども、
これが、ベストセラー作家の熱狂的な愛読者の
犯行だと、スティーブン・キングの作品
「ミザリー」そのままになってしまいますね。

本作は「ミザリー」とは違ってアマチュアの、
それも中学1年の時に学校で起きた事件が
原因で不登校の引き篭もりとなった主人公が
ネット上の投稿サイトに掲載した自作の
ミステリー作品がきっかけとなって起きる
事件を描くような作品となっています。

ここに、主人公が登校となった事件の関係者や
友人だったり兄弟や家族との関係だったり、
さらに初恋というような要素が絡んできて、
ちょっとした青春小説の様相もあるところが
本作の読みどころになっていると思います。

一部の登場人物に納得の行かないところが
無いわけではありませんが、それもそこまで
大きな瑕疵になっているわけではないですし、
かなり面白く読ませてもらった印象です。



カテゴリ : 読書
テーマ : 読んだ本の感想等 ジャンル : 小説・文学

事務所のHPはこちらから
プロフィール

管理者:tap

武蔵野市吉祥寺にある税理士事務所、宮内会計事務所に勤める税理士の卵のブログです。
仕事やプライベートを通じて思ったことなどを綴っています。


[ tapのプロフへ ]
税法・会計etc. 過去ログ倉庫

過去に書いてきたエントリの内、税法や会計などに関する話題で特に大事だろうと思うものを抜粋して別途掲載している、部分的ミラーサイトのような別ブログです。

最近投稿した記事

  全タイトルを表示
月別アーカイブ
カレンダー
ブログ内検索
カテゴリ一覧
リンク

響金太郎のラジオブログ
「ジバ☆ラジ」

高校時代からの付き合いで、今は九州博多で演劇の夢を追う友人、響金太郎のブログ。
わざわざ言わなくてもそれくらい分かるよ、と言われるかもしれませんが、芸名です。
どこかで見かけたら、応援してあげてください。


私の尊敬する経営者の一人、㈱AGTの社長が書かれているブログです。
写真もふんだんに使われていますし、見て楽しく、読んで楽しいブログだと思います。
私も、いつかこんなジュエリーを誰かに贈る日が来るのでしょうか……?



国税庁

税務行政に関する企画・立案。国税局・税務署の指導監督省庁です。


国税庁タックスアンサー

各種税金の仕組みや届出書、様式の説明、用語解説や各地の税務相談室の案内を記した国税庁サイト内のコーナーです。キーワード検索もできます。


内閣府

Topページの下部に、政府税制調査会のページへのリンクがあります。そこに掲載されている議事録などから、今後の税制改正の動向を知ることができます。


国税不服審判所

国税に関する法律に基づく処分に係る審査請求について裁決を行い、納税者の正当な権利利益の救済を図る機関です。ネット上で判例集が利用できます。



宮内会計事務所

吉祥寺にある税理士事務所。私の勤務先です。

(別サイト)

上記勤務先の、新規起業者向けの特別サイトです。



最新のトラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク
Ranking
QRコード
QR
管理者
  • 管理画面