三鷹駅南口 (武蔵野市、吉祥寺)、とある税理士事務所職員の日常 「たんぽぽ娘」

「たんぽぽ娘」

2014年08月19日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

古くからのSFファンの高い評価の声は
あちこちで目にすることがありながら、
残念ながらそれが収録された文庫が絶版の為に
長らく読むことができなかった短編「たんぽぽ娘」。

河出書房新社の「奇想コレクション」シリーズから
同作が収録された短編集『たんぽぽ娘』が
刊行されたのは昨年の5月のことでした。

私がこの短編のことを知ったのは
竹宮恵子のマンガ『私を月に連れてって!』の中の
1つのエピソードで取り上げられていたからなのですが、
それ以来、一度原典を読んでみたいと思っていたので、
この復刊は非常に嬉しいことだったのです。

とはいえ、他の本から先に手を付けたり
仕事や勉強に忙殺されたりとしている内に、
気が付けば発売から1年以上が経過してから
読み始めることとなってしまいました。

ここには、「たんぽぽ娘」を始めとして
全部で13作品が収録されています。

先には一応これを「短編集」と書きましたが、
実際には、短編11に中編2つ、というところで、
ロマンスの匂いを感じる作品が多かった印象です。

表題作の「たんぽぽ娘」自体からして
もともとボーイ・ミーツ・ガールの絡む
時間SFの傑作として名高かったわけですし、
私を含む読者も、ヤングの短編集、
それも「たんぽぽ娘というタイトルの本となれば、
その手のラインナップを期待していたでしょうから、
これは妥当なところだと言えるでしょう。

この短編集全体に対してコメントするならば、
楽しめたところがあり、微妙なところもあり、
しかしまずまず面白かった、という感じ。

1960~70年代に書かれた作品がメインなので
どうしても古臭さくて今読むには物足りないことも。

とはいえ、「たんぽぽ娘」はその中でもやはり
一番と言っていいくらいに面白く、
なる程、これを読んで一発で魅了された人が
多かったというのも分かります。

そしてヤングの「たんぽぽ娘」といえば
あまりに有名なのが次のセリフ。

「おとといは兎を見たわ。きのうは鹿。今日はあなた」

どんな局面で、どんな意味を込めて言われるものなのか、
是非、本作を読んで確かめてみてください。

たんぽぽ娘 (奇想コレクション)たんぽぽ娘
(奇想コレクション)

(2013/05/30)
ロバート・F・ヤング
商品詳細を見る

カテゴリ : 読書
テーマ : 読んだ本の感想等 ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント

事務所のHPはこちらから
プロフィール

管理者:tap

武蔵野市吉祥寺にある税理士事務所、宮内会計事務所に勤める税理士の卵のブログです。
仕事やプライベートを通じて思ったことなどを綴っています。


[ tapのプロフへ ]
税法・会計etc. 過去ログ倉庫

過去に書いてきたエントリの内、税法や会計などに関する話題で特に大事だろうと思うものを抜粋して別途掲載している、部分的ミラーサイトのような別ブログです。

最近投稿した記事

  全タイトルを表示
月別アーカイブ
カレンダー
ブログ内検索
カテゴリ一覧
リンク

響金太郎のラジオブログ
「ジバ☆ラジ」

高校時代からの付き合いで、今は九州博多で演劇の夢を追う友人、響金太郎のブログ。
わざわざ言わなくてもそれくらい分かるよ、と言われるかもしれませんが、芸名です。
どこかで見かけたら、応援してあげてください。


私の尊敬する経営者の一人、㈱AGTの社長が書かれているブログです。
写真もふんだんに使われていますし、見て楽しく、読んで楽しいブログだと思います。
私も、いつかこんなジュエリーを誰かに贈る日が来るのでしょうか……?



国税庁

税務行政に関する企画・立案。国税局・税務署の指導監督省庁です。


国税庁タックスアンサー

各種税金の仕組みや届出書、様式の説明、用語解説や各地の税務相談室の案内を記した国税庁サイト内のコーナーです。キーワード検索もできます。


内閣府

Topページの下部に、政府税制調査会のページへのリンクがあります。そこに掲載されている議事録などから、今後の税制改正の動向を知ることができます。


国税不服審判所

国税に関する法律に基づく処分に係る審査請求について裁決を行い、納税者の正当な権利利益の救済を図る機関です。ネット上で判例集が利用できます。



宮内会計事務所

吉祥寺にある税理士事務所。私の勤務先です。

(別サイト)

上記勤務先の、新規起業者向けの特別サイトです。



最新のトラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク
Ranking
QRコード
QR
管理者
  • 管理画面