三鷹駅南口 (武蔵野市、吉祥寺)、とある税理士事務所職員の日常 今年もツールが終わりました

今年もツールが終わりました

2015年07月28日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

今年も、ツール・ド・フランスが終わりました。

自転車ロードレースという競技を好きになったのは
大学浪人時代なのでもうずっと前のことですけれども、
転職を機にケーブルテレビの放送を観るようになった
ここ10年ちょっとのレースを振り返ってみて、
近年は以前と比べ全3週間のステージ構成に
変化が出ているのではないかと感じています。

それだけが原因では無くて、
技術的なことや科学的なこと等、
色々なことが絡み合って
レースの傾向が変わってきた。

最初の1週間は逃げとスプリンターが中心の
総合争いとしては比較的のんびりしたもので、
ピレネーもしくはアルプスで2~3日の
ちょっと厳しい山岳ステージがあった後は
再び移動区間の平坦ステージがあって、
もう一度山岳ステージが2~3ステージ、
そしてパリに向かって移動する平坦ステージ、
最後はシャンゼリゼでのスプリント合戦というのが、
私が熱心な観戦を始めた頃のイメージでした。

今は、TV放送などを介したマーケットの拡大や
アメリカ的なショーアップの考えの導入もあったのか、
日程の全般にわたってスリリングな勝負が
繰り広げられるようなコース設定にしている感じです。

それが果たして良い事なのか悪い事なのかは
単純に決めたりできないことなのでしょうが、
その結果、レースの質が変わってきたのは事実かも。

そんな印象を改めて強く覚えた今大会でした。

今年のツール・ド・フランスは「酷暑」というのが
相応しいくらいの熱さに襲われたステージも多く、
落車が多いのもその影響もあったでしょうし、
勝負の行方を左右した大きな要素だったと思います。


厳しかった3週間を終えて総合首位を手にしたのは
チーム・スカイのクリストファー・フルーム。

第1回目の休息日明けだった第10ステージ、
ピレネー山脈での今大会初の超級山頂ゴールで
ライバル達を突き放す圧巻の登坂を見せました。

そうして総合首位の地位を大差で手にした後は
得意としているチームワークと安定した走りで
終盤のアルプスまでは危なげなく首位をキープ、
しかしアルプスではそれまでの隙の無い登坂から
一転して調子を落としピンチになりながらも、
なんとか逃げ切りに成功することとなりました。

スプリント賞はティンコフ・サクソのペーター・サガン。

昨年に続き今大会でもステージで1勝もできないまま
この賞を受賞したサガンではありますけれども、
スプリントステージ以外でも積極的な走りを見せ、
特に第14~17ステージでは4日連続で逃げに乗り
中間ポイントのみならずゴールスプリントでも
きっちりと上位1ケタでポイントを加算していたので、
これは誰が見ても彼が最強だったと言えるでしょう。

山岳賞は、終盤のアルプスで総合上位勢が
非常に熱い戦いを繰り広げた結果として
ここに焦点を合わせていたクライマーでは無く、
総合首位のフルームが獲得しています。

新人賞は、モヴィスターのナイロ・キンタナ。

もちろん彼が欲しかったのはこれではなくて
総合優勝の黄色いジャージだったわけですが、
しかしこれも名誉であることは間違いありません。

彼が総合でもフルームを脅かす2位になるくらいの
強い走りをしたからこそ大差で獲得できたわけですしね。

むしろ、キンタナが新人賞の対象になることが
なんだかずるいような気にもなりますが、
これは「新人賞」とはいいながらも実際は25歳以下で
一番成績のいい選手に与えられる賞なので、
例えば2012年から連続してツールに出場して
毎年ポイント賞を獲得している上記のサガンも
実はまだ新人賞対象者だったりします。


以上が、2015年のツールの主だった結果です。

この世界にも世代交代の波が徐々にではありますが
押し寄せつつあるのがここ数年の現状ですから、
来年はどうなるのか、どんな選手が活躍するのか、
どんな走りを観ることができるのか、今から楽しみです。


<公式サイトはこちらから>

カテゴリ : 自転車レース
テーマ : 自転車ロードレース ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

No title

今年は、あまり映像を追えなかったので、気持ちが大きく揺さぶられる熱いものが残っていないのですが、Live で観た石畳コースの引き込まれるような迫力は忘れられません。
他のステージも観ていたかったです。
特に、お山のコースは1回もLive で観られませんでした。
とっても残念でした。
ただ、Contador のバンビちゃんみたいな若々しい走りが懐かしくなるほどに、時は流れているんだ・・・と感じるツールではありました。
・・・そうだね、あれから10年経つものね・・・・。
それを思うと、Contador は頑張っているね・・・。

No title

いらっしゃいませ。

実は私も、勉強しながら、そして時に寝落ちしながらの観戦でしたので、そこまで真面目に見ていたわけではなかったりします。

ジロとツールでのダブルツールというのは、やはりかなり難しいと言わなければならないでしょうね。
一方で、ジロとブエルタなら、まだ可能性は高いのかもしれません。

私が中継観戦を始めた頃はまだ、(今は剥奪されていますが)アームストロングがツールの連覇をしていましたから、コンタドールについては、彼が表舞台に出てきた辺りからずっと見続けていることになります。
そんな彼にも引退を語る時期が来ている。
なんだかしみじみとした気分になってしまいますよね。
事務所のHPはこちらから
プロフィール

管理者:tap

武蔵野市吉祥寺にある税理士事務所、宮内会計事務所に勤める税理士の卵のブログです。
仕事やプライベートを通じて思ったことなどを綴っています。


[ tapのプロフへ ]
税法・会計etc. 過去ログ倉庫

過去に書いてきたエントリの内、税法や会計などに関する話題で特に大事だろうと思うものを抜粋して別途掲載している、部分的ミラーサイトのような別ブログです。

最近投稿した記事

  全タイトルを表示
月別アーカイブ
カレンダー
ブログ内検索
カテゴリ一覧
リンク

響金太郎のラジオブログ
「ジバ☆ラジ」

高校時代からの付き合いで、今は九州博多で演劇の夢を追う友人、響金太郎のブログ。
わざわざ言わなくてもそれくらい分かるよ、と言われるかもしれませんが、芸名です。
どこかで見かけたら、応援してあげてください。


私の尊敬する経営者の一人、㈱AGTの社長が書かれているブログです。
写真もふんだんに使われていますし、見て楽しく、読んで楽しいブログだと思います。
私も、いつかこんなジュエリーを誰かに贈る日が来るのでしょうか……?



国税庁

税務行政に関する企画・立案。国税局・税務署の指導監督省庁です。


国税庁タックスアンサー

各種税金の仕組みや届出書、様式の説明、用語解説や各地の税務相談室の案内を記した国税庁サイト内のコーナーです。キーワード検索もできます。


内閣府

Topページの下部に、政府税制調査会のページへのリンクがあります。そこに掲載されている議事録などから、今後の税制改正の動向を知ることができます。


国税不服審判所

国税に関する法律に基づく処分に係る審査請求について裁決を行い、納税者の正当な権利利益の救済を図る機関です。ネット上で判例集が利用できます。



宮内会計事務所

吉祥寺にある税理士事務所。私の勤務先です。

(別サイト)

上記勤務先の、新規起業者向けの特別サイトです。



最新のトラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク
Ranking
QRコード
QR
管理者
  • 管理画面