三鷹駅南口 (武蔵野市、吉祥寺)、とある税理士事務所職員の日常 「王様は島にひとり」

「王様は島にひとり」

2010年08月17日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

税理士試験が迫ってくるにつれて
読書は封印していましたから、
購入するだけして読むことは先延ばしにしていた
いわゆる「積読本」がかなりの数、溜まってしまっています。

文庫になっている小説だけで、
机上に山が幾つも出来上がっているのですけれど、
とりあえず今回紹介するのは
「東京在住八重山人」池上永一のエッセイ第2弾
「王様は島にひとり」です。

王様は島にひとり王様は島にひとり
(2010/01/19)
池上永一
商品詳細を見る

ちょうど2年前の2008年8月に出した
絢爛たるドラマティックな琉球王国ジェットコースター絵巻
「テンペスト」(角川書店 上下巻)は話題になりましたし
一定の部数の売上もあったようですから、
池上永一という作家をご存知の方もいらっしゃるでしょう。

日本ファンタジーノベル大賞の出身で、
デビュー2作目の「風車祭」は直木賞の候補にもなりましたね。

その作品には出身地である沖縄を題材にした小説が多く、
特に伝統的かつ精神的な沖縄的世界観の扱いが非常に上手くて
一度はまるとクセになってしまうような
良い意味での下世話さや猥雑さが持ち味だと私は思っています。

特に、直木賞を狙うことを
すっぱりとやめたのであろう頃からは、
作品の内容がエンターテインメントに徹していて
作家として油が乗ってきた感じ。

このエッセイ集はそんな池上永一が
ユーモアたっぷりの肩の力の抜けきった文章で、
日常の中で思い感じたことをつらつらと書き綴ったもの。

ところどころに混ざるシニカルな視線が良いアクセントとなり
巻末の書き下ろしを含めて38編のエッセイを
しばしば爆笑しながら、一気に読み終えました。

うーん、やっぱり私、
この人の文章センスや、
こういう感覚、
好きです。

教養を深めようとか、そういう目的で読むようなエッセイでは無くて、
単純に、気楽に、楽しんで読む為に読むエッセイ集。
疲労が蓄積していたり落ち込んでいたりする時に読むのに
あるいは最適な本かもしれません。

それに、仮に教養は深まらないとしても、
精神世界を豊かにするのには大いに貢献しそうな気がしますし。

カテゴリ : 読書
テーマ : エッセイ ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント

事務所のHPはこちらから
プロフィール

管理者:tap

武蔵野市吉祥寺にある税理士事務所、宮内会計事務所に勤める税理士の卵のブログです。
仕事やプライベートを通じて思ったことなどを綴っています。


[ tapのプロフへ ]
税法・会計etc. 過去ログ倉庫

過去に書いてきたエントリの内、税法や会計などに関する話題で特に大事だろうと思うものを抜粋して別途掲載している、部分的ミラーサイトのような別ブログです。

最近投稿した記事

  全タイトルを表示
月別アーカイブ
カレンダー
ブログ内検索
カテゴリ一覧
リンク

響金太郎のラジオブログ
「ジバ☆ラジ」

高校時代からの付き合いで、今は九州博多で演劇の夢を追う友人、響金太郎のブログ。
わざわざ言わなくてもそれくらい分かるよ、と言われるかもしれませんが、芸名です。
どこかで見かけたら、応援してあげてください。


私の尊敬する経営者の一人、㈱AGTの社長が書かれているブログです。
写真もふんだんに使われていますし、見て楽しく、読んで楽しいブログだと思います。
私も、いつかこんなジュエリーを誰かに贈る日が来るのでしょうか……?



国税庁

税務行政に関する企画・立案。国税局・税務署の指導監督省庁です。


国税庁タックスアンサー

各種税金の仕組みや届出書、様式の説明、用語解説や各地の税務相談室の案内を記した国税庁サイト内のコーナーです。キーワード検索もできます。


内閣府

Topページの下部に、政府税制調査会のページへのリンクがあります。そこに掲載されている議事録などから、今後の税制改正の動向を知ることができます。


国税不服審判所

国税に関する法律に基づく処分に係る審査請求について裁決を行い、納税者の正当な権利利益の救済を図る機関です。ネット上で判例集が利用できます。



宮内会計事務所

吉祥寺にある税理士事務所。私の勤務先です。

(別サイト)

上記勤務先の、新規起業者向けの特別サイトです。



最新のトラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク
Ranking
QRコード
QR
管理者
  • 管理画面