三鷹駅南口 (武蔵野市、吉祥寺)、とある税理士事務所職員の日常 図書館での新刊貸出は「悪」なのか

図書館での新刊貸出は「悪」なのか

2015年11月14日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

書籍の売上が減少していることの背景には
図書館が新刊を貸し出していることが一因としてある、
として新潮社の社長が一部の刊行物につき
著者と出版社の合意がある場合という限定付で、
図書館での貸し出し開始を1年間猶予してほしいと
いうことを図書館サイドに求めたという記事を読みました。

うん、まあ、分からなくはない主張ではあります。

ただし、図書館での貸し出しが書籍の販売数に
どれだけの影響を与えているかという
具体的かつ実証的なデータは存在しないとのこと。

となると、これではただ単に感情的になって
「だってあんた等がタダで人に貸しているから
うちの商品が売れなくなっちゃったんだよ」
と言っていることと大差ないのではないか、
というような指摘もできてしまうわけです。

図書館が新刊本を貸し出すという行為は
最近になって始まったことでは無い一方で、
この10年の間に全国の公共図書館の数が
400館以上増えて3,246館になったという資料もあり、
これは一度本当にこの辺りの因果関係の有無を
きっちりと調査してみた方がいいのかもしれません。

その上で、新刊書籍の図書館での貸し出しに
猶予期間という制限を設けるのか否か、
その是非を広く問うてみるべきなのではないか。

このニュースを目にして私は、そう思いました。

猶予期間という考え方そのものについては、
かつてレンタルレコード等でもあった話ですし
別にそれはそれでアリだろうとも感じています。

それにしても、出版不況の根っこにあるのは
図書館云々ということよりもむしろ、
そもそも本を読む人が減っているということで、
そこの対策を考えて行かなければ
本質的な状況改善は無いのではないでしょうか。

カテゴリ : ニュース
テーマ : 気になったニュース ジャンル : ニュース

コメント

非公開コメント

事務所のHPはこちらから
プロフィール

管理者:tap

武蔵野市吉祥寺にある税理士事務所、宮内会計事務所に勤める税理士の卵のブログです。
仕事やプライベートを通じて思ったことなどを綴っています。


[ tapのプロフへ ]
税法・会計etc. 過去ログ倉庫

過去に書いてきたエントリの内、税法や会計などに関する話題で特に大事だろうと思うものを抜粋して別途掲載している、部分的ミラーサイトのような別ブログです。

最近投稿した記事

  全タイトルを表示
月別アーカイブ
カレンダー
ブログ内検索
カテゴリ一覧
リンク

響金太郎のラジオブログ
「ジバ☆ラジ」

高校時代からの付き合いで、今は九州博多で演劇の夢を追う友人、響金太郎のブログ。
わざわざ言わなくてもそれくらい分かるよ、と言われるかもしれませんが、芸名です。
どこかで見かけたら、応援してあげてください。


私の尊敬する経営者の一人、㈱AGTの社長が書かれているブログです。
写真もふんだんに使われていますし、見て楽しく、読んで楽しいブログだと思います。
私も、いつかこんなジュエリーを誰かに贈る日が来るのでしょうか……?



国税庁

税務行政に関する企画・立案。国税局・税務署の指導監督省庁です。


国税庁タックスアンサー

各種税金の仕組みや届出書、様式の説明、用語解説や各地の税務相談室の案内を記した国税庁サイト内のコーナーです。キーワード検索もできます。


内閣府

Topページの下部に、政府税制調査会のページへのリンクがあります。そこに掲載されている議事録などから、今後の税制改正の動向を知ることができます。


国税不服審判所

国税に関する法律に基づく処分に係る審査請求について裁決を行い、納税者の正当な権利利益の救済を図る機関です。ネット上で判例集が利用できます。



宮内会計事務所

吉祥寺にある税理士事務所。私の勤務先です。

(別サイト)

上記勤務先の、新規起業者向けの特別サイトです。



最新のトラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク
Ranking
QRコード
QR
管理者
  • 管理画面