三鷹駅南口 (武蔵野市、吉祥寺)、とある税理士事務所職員の日常 「トッカン」

「トッカン」

2010年08月22日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

京橋税務署に勤める国税徴収官を主人公にした小説、
高殿円の「トッカン 特別国税徴収官」を読みました。

トッカン 特別国税徴収官トッカン 特別国税徴収官
(2010/06/24)
高殿 円
商品詳細を見る

税金の滞納者への納税相談に乗り、通知をし、
そして場合によっては滞納者の自宅に乗り込んで
所有資産の差し押さえを行なう。

そんな国税徴収官の活動を綴った小説で、
毎回、悪質な滞納者との丁々発止のバトルが
繰り広げられるのではないか。
そういう風に思ってこの作品を読み出すと、
肩透かしをくらうことになるかもしれません。

普段あまり目にすることの無い、
どんなことをやっているのか具体的な知識が無い、
一般にあまり知られていない仕事について
描いていくことを主目的とするような
単純な「お仕事小説」では、本作はありません。

池袋にあるのは池袋税務署ではなくて豊島税務署ですし、
延滞税の税率を誤記している箇所があったりと
細かい間違いは幾つかあるのですが、
しっかりとした取材を行なって資料を集め、
それを基にして充分練って書かれた作品であることは
間違いのないところだと思います。

ただ、半分くらいまで読み進めたところで私は、
本作の場合は国税徴収官の仕事内容を語ることは
目的ではくてむしろ手段の1つであって、
「金銭」「税金」という非情に生々しい世界を舞台にすることで
人間を描こうとすることが本当の目的なのではないかと感じていました。

とある滞納案件、脱税事件を通して浮かび上がるもの、
そこに隠されていた人間模様が明らかにされていくにつれ、
その印象はどんどん強くなっていきました。

そういえば、本作が連載されていたのは、
推理小説の専門誌である「ミステリマガジン」。

殺人のような派手な事件があるわけではありませんが、
物語が進むにつれて主人公達の行動により
真実が次第に白日の下にされされるという流れは、
まさしくミステリ小説のそれに他なりません。

なるほど、本作は「業界小説」よいうよりも「ミステリ」なんですね。

そう思って改めて見てみると、
キャラクター配置も典型的なバディもののそれになっています。

面白い小説を読んだという読後感の残る、良い作品です。

カテゴリ : 読書
テーマ : 小説 ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント

事務所のHPはこちらから
プロフィール

管理者:tap

武蔵野市吉祥寺にある税理士事務所、宮内会計事務所に勤める税理士の卵のブログです。
仕事やプライベートを通じて思ったことなどを綴っています。


[ tapのプロフへ ]
税法・会計etc. 過去ログ倉庫

過去に書いてきたエントリの内、税法や会計などに関する話題で特に大事だろうと思うものを抜粋して別途掲載している、部分的ミラーサイトのような別ブログです。

最近投稿した記事

  全タイトルを表示
月別アーカイブ
カレンダー
ブログ内検索
カテゴリ一覧
リンク

響金太郎のラジオブログ
「ジバ☆ラジ」

高校時代からの付き合いで、今は九州博多で演劇の夢を追う友人、響金太郎のブログ。
わざわざ言わなくてもそれくらい分かるよ、と言われるかもしれませんが、芸名です。
どこかで見かけたら、応援してあげてください。


私の尊敬する経営者の一人、㈱AGTの社長が書かれているブログです。
写真もふんだんに使われていますし、見て楽しく、読んで楽しいブログだと思います。
私も、いつかこんなジュエリーを誰かに贈る日が来るのでしょうか……?



国税庁

税務行政に関する企画・立案。国税局・税務署の指導監督省庁です。


国税庁タックスアンサー

各種税金の仕組みや届出書、様式の説明、用語解説や各地の税務相談室の案内を記した国税庁サイト内のコーナーです。キーワード検索もできます。


内閣府

Topページの下部に、政府税制調査会のページへのリンクがあります。そこに掲載されている議事録などから、今後の税制改正の動向を知ることができます。


国税不服審判所

国税に関する法律に基づく処分に係る審査請求について裁決を行い、納税者の正当な権利利益の救済を図る機関です。ネット上で判例集が利用できます。



宮内会計事務所

吉祥寺にある税理士事務所。私の勤務先です。

(別サイト)

上記勤務先の、新規起業者向けの特別サイトです。



最新のトラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク
Ranking
QRコード
QR
管理者
  • 管理画面