三鷹駅南口 (武蔵野市、吉祥寺)、とある税理士事務所職員の日常 「アルテミス」
FC2ブログ

「アルテミス」

2018年06月22日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

デビュー作「火星の人」が実写映画化されるなど
したことで(映画のタイトルは「オデッセイ」)、
全世界的に話題になったりしたアンディ・ウィアーの、
長編2作品目となるのが「アルテミス」です。

火星を舞台にして1人取り残された宇宙飛行士が
何とか地球に戻ろうとするサバイバルを描いた
「火星の人」(「オデッセイ」)に対し、今回のこちらは
近未来の月面に建設された観光・資源開発都市
「アルテミス」を舞台にした作品となっています。

火星の次は月、というわけですね。

ジャンル的には一応、SF+サスペンスということに
なるのであろう本作の、上下巻の公式の粗筋を
軽く編集した上で、以下に掲載してみましょう。

「人類初の月面都市アルテミス──直径500メートルのスペースに建造された5つのドームに2000人の住民が生活するこの都市で、合法/非合法の品物を運ぶポーターとして暮らす女性ジャズ・バシャラは、大物実業家のトロンドから」、企業買収が絡んだ破壊工作の仕事を受ける。「普段の運び屋仕事と違う内容に戸惑うジャズ。だが、彼女は破格の報酬に目がくらみ、仕事を引き受ける。溶接工を父にもち、自らも船外活動の心得があるジャズは、友人の凄腕科学者スヴォボダの助けを借り、ドーム外での死と隣り合わせの作業計画を練っていく。」



本品はジャズの1人称語りで進むのですが、
ここのノリが完璧にアメリカンな感じなのが
最後まで微妙な違和感を感じさせたのが
個人的にちょっと乗り切れなかった部分でした。

一応ジャズは物心ついた頃からアルテミス在住で
親の母国の記憶などは持ってはいないという
設定なのですが、アラブ系の移民なのだから、
小さいころからアラブ系のコミュニティーに
接していたはずなのではないのかな……。

そこに目をつぶれば、前作には少々劣るものの、
概ね、今回もまずまずといえる作品でした。

突出して何か凄いことがあるわけではなく、
またその逆に酷く批判したいこともなくて、
普通に面白いと言えば分かりやすいでしょうか。

上巻の後半ぐらいまでは物語のドライブ感が足りず、
読んでいて今一つページの進みが遅かったけれども、
そこから先はグッとテンションが高まる感じで
わりと一気に最後まで読み切らせてもらいました。




カテゴリ : 読書
テーマ : 読んだ本の感想等 ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント

事務所のHPはこちらから
プロフィール

管理者:tap

武蔵野市吉祥寺にある税理士事務所、宮内会計事務所に勤める税理士の卵のブログです。
仕事やプライベートを通じて思ったことなどを綴っています。


[ tapのプロフへ ]
税法・会計etc. 過去ログ倉庫

過去に書いてきたエントリの内、税法や会計などに関する話題で特に大事だろうと思うものを抜粋して別途掲載している、部分的ミラーサイトのような別ブログです。

最近投稿した記事

  全タイトルを表示
月別アーカイブ
カレンダー
ブログ内検索
カテゴリ一覧
リンク

響金太郎のラジオブログ
「ジバ☆ラジ」

高校時代からの付き合いで、今は九州博多で演劇の夢を追う友人、響金太郎のブログ。
わざわざ言わなくてもそれくらい分かるよ、と言われるかもしれませんが、芸名です。
どこかで見かけたら、応援してあげてください。


私の尊敬する経営者の一人、㈱AGTの社長が書かれているブログです。
写真もふんだんに使われていますし、見て楽しく、読んで楽しいブログだと思います。
私も、いつかこんなジュエリーを誰かに贈る日が来るのでしょうか……?



国税庁

税務行政に関する企画・立案。国税局・税務署の指導監督省庁です。


国税庁タックスアンサー

各種税金の仕組みや届出書、様式の説明、用語解説や各地の税務相談室の案内を記した国税庁サイト内のコーナーです。キーワード検索もできます。


内閣府

Topページの下部に、政府税制調査会のページへのリンクがあります。そこに掲載されている議事録などから、今後の税制改正の動向を知ることができます。


国税不服審判所

国税に関する法律に基づく処分に係る審査請求について裁決を行い、納税者の正当な権利利益の救済を図る機関です。ネット上で判例集が利用できます。



宮内会計事務所

吉祥寺にある税理士事務所。私の勤務先です。

(別サイト)

上記勤務先の、新規起業者向けの特別サイトです。



最新のトラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク
Ranking
QRコード
QR
管理者
  • 管理画面