JR中央線 三鷹 (武蔵野市、吉祥寺)、とある所属税理士の日常 建物の購入に係わる消費税のスキーム封じ その2
FC2ブログ

建物の購入に係わる消費税のスキーム封じ その2

2020年04月04日  
国税庁ホームページJR中央線、三鷹、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める所属税理士です。

今回は前回のエントリーに
引き続いて建物の購入に係わる
支払消費税の取り扱いに関する
改正の話をさせていただきます。

課税売上割合が低くなってしまう為に
仕入税額の全額控除が適用されず、
建物購入の消費税が控除できない。

ならば、購入日の属する事業年度において
消費税の非課税売上が発生していなければ
いいという考えから、何らかの課税売上を
計上した事業年度に建物を購入し、
実際に賃貸するのは翌事業年度にする
というスキームが昔から存在しました。

こうすれば課税売上割合は100%になるので、
建物の購入に係わる消費税は控除対象となり
還付を受けることが可能になるという仕組みです。

これを封じるべく課税当局側は特定の課税資産を
購入した翌年以降3年間の通算で計算した
課税売上割合が大きく変動している場合には
購入時に控除した仕入税額のうち一定の金額を
その事業年度の消費税納付額の計算にあたって
加算する(実際の取り扱いはもっと複雑ですが、
とりあえずはこの認識でいいと思います)という
調整を行うという改正を実施しました。

それに対し納税者側は年間の課税売上割合が
著しく減少してしまうということがないように、
毎年、上記の調整の要件を満たさないための
課税売上を作るという方法で対応しました。

そこで使われたのが、単価が高く市場が存在し、
かつ価値が安定している金の地金の売買です。

金の売却によって一定額の課税売上高を
作り出すことによって、課税売上割合が
建物を購入した事業年度と比べた時に
著しく減少していることが無いようにする。

これが、このスキームの目的です。

この行為に対し課税当局側は今回の改正で
「出口で取り締まれないのであれば入り口で」
ということなのか、住宅の貸付の用に供さない
ことが明らかでない建物以外の建物であって
高額特定資産に該当するものについては、
そもそも最初から仕入税額控除の対象に
しないということを打ち出してきたのです。

これにより、上記の金地金売買を使った
スキームは完全に封じられたと言えます。

なお、これに該当する建物であっても
購入の日の属する事業年度を含む
3年以内に居住以外の用に供すれば、
それに対応する部分の消費税については
改めて仕入税額控除に加算できるようです。

これに、実際に消費税を支払っているのに
その控除を認めないというのは問題だ、
という意見もあるかとは思いますけれども、
そもそも消費税は、最終消費者が負担する
税を事業者側が預かって納付する構造であり、
それを考えれば、こういう扱いになっていくのも
あながち取扱いとして間違っているとまでは
言えないのかなとも私は感じています。

あくまで個人的な見解としては、ですけれど。


なお、金地金と消費税ということでいえば、
密輸により国内に持ち込んだ金の地金を
国内の下取り業者に販売したうえで、
それを再度海外に(今度は正式に)
輸出することで、国内での売却時に
受け取った消費税相当額を詐取する
違法取引も以前から問題になっています。

これはこれで、説明を始めると長くなるので
いずれ別の時に機会があればということで
今回は触れずにおくことにしますけれども、
興味のある方は、ちょっとご自分で調べて
みるというのも面白いかもしれません。

カテゴリ : 税金・税法
テーマ : 税金 ジャンル : 政治・経済

コメント

非公開コメント

事務所のHPはこちらから
プロフィール

管理者:tap

JR中央線、三鷹にある税理士事務所、宮内会計事務所に勤める所属税理士のブログです。
仕事やプライベートを通じて思ったことなどを綴っています。


[ tapのプロフへ ]
税法・会計etc. 過去ログ倉庫

過去に書いてきたエントリの内、税法や会計などに関する話題で特に大事だろうと思うものを抜粋して別途掲載している、部分的ミラーサイトのような別ブログです。

最近投稿した記事

  全タイトルを表示
月別アーカイブ
カレンダー
ブログ内検索
カテゴリ一覧
リンク

私の尊敬する経営者の一人、㈱AGTの社長が書かれているブログです。
写真もふんだんに使われていますし、見て楽しく、読んで楽しいブログだと思います。
私も、いつかこんなジュエリーを誰かに贈る日が来るのでしょうか……?



国税庁

税務行政に関する企画・立案。国税局・税務署の指導監督省庁です。


国税庁タックスアンサー

各種税金の仕組みや届出書、様式の説明、用語解説や各地の税務相談室の案内を記した国税庁サイト内のコーナーです。キーワード検索もできます。


内閣府

Topページの下部に、政府税制調査会のページへのリンクがあります。そこに掲載されている議事録などから、今後の税制改正の動向を知ることができます。


国税不服審判所

国税に関する法律に基づく処分に係る審査請求について裁決を行い、納税者の正当な権利利益の救済を図る機関です。ネット上で判例集が利用できます。



宮内会計事務所

吉祥寺にある税理士事務所。私の勤務先です。



最新のトラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク
Ranking
QRコード
QR
管理者
  • 管理画面