JR中央線 三鷹 (武蔵野市、吉祥寺)、とある所属税理士の日常 中小企業投資促進税制の車両への適用
fc2ブログ

中小企業投資促進税制の車両への適用

2021年10月02日  
JR中央線、三鷹、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める所属税理士です。

中小企業等が一定額以上の設備投資をした場合に
その取得価額の7%の税額控除(上限有り)か、
30%相当額の特別控除ができることがあります
(中古ではなく新品を購入した場合に限ります)。

それが「中小企業投資促進税制」です。

対象となる企業、資産については中小企業庁の
公式サイトから概要一覧を引用しましたので、
下の画像をご覧ください(クリックで拡大します)。


<中小企業庁HPより引用>

令和4年度の末まで(令和5年3月31日まで)に
ここに記載されている種類、金額の資産の購入を
検討している場合には、この税制の適用を
受けられる可能性があることになります。

先日、この制度のことを顧問先としていた際に、
貨物自動車(車両総重量3.5t 以上)とは
具体的にどんな車なのかという話になりました。

国税庁ホームページのタックスアンサーでは
No,5433に次のように書かれています。

車両及び運搬具のうち一定の普通自動車で、貨物の運送の用に供されるもののうち車両総重量が3.5トン以上のもの


今一つ、分かりにくいかもしれませんね。

まず、「貨物の運送の用に供されるもの」
に該当するかどうかですが、これについては
同じく国税庁の質疑応答事例の中に
次のようなものがありました。

(1) 自動車の登録及び検査に関する申請書等の様式等を定める省令第4条第1項第6号に掲げる自動車検査証(いわゆる車検証)の「最大積載量」欄に記載があること。
(2) 実際にその自動車を貨物の運送の用に供していること


要件の1つである「車両総重量3.5t 以上」も
車検証に記載されている項目ですから、
これらの点については購入前にディーラーに
確認すれば良いということになりますね。

車両総重量は車両本体の重さに定員分の
乗員の重さと最大積載時の荷物の重さを
加算したものであり、目安として、
2t 車以上だと車両総重量はこの基準を
満たすものと考えて差し支えないようです
(それでも購入前に確認はすべきでしょうが)。

ここで、国税庁タックスアンサーの「普通自動車」
という文字が気になるとの質問がありました。

私達が日常で「普通自動車」というような時には
運転免許証に記載される種類区分が念頭に
あるでしょうから、この要件では例えば7t 等の
大型車を購入した場合には適用が無いのでは、
と思ってしまうのが普通なことだと思います。

しかし、ご安心ください。

この規定で言うところの「普通自動車」は実は
免許の区分に使われる道路交通法(道交法)
ではなく、道路運航車両法(車両法)の規定する
種類で判断されることとされているのです。

その違いを比較できる表が国土交通省の
ホームページにあったので引用します
(こちらもクリックすることで拡大されます)。


<国土交通省HPより引用>

上記の7t 車は車両法の種類区分に従うと
「普通車」に分類されることになるので
この税制の適用を受けられることになりますね。

なお車検証には「車両法」に基づく車両の
種類も記載されているので、この表を見ても
よく分からないというような人であっても、
車検証を見れば確認することができます。

今回は中小企業投資促進税制のうち
車両に対する適用についてざっとした
説明をさせていただきました。

この税制に関する、より詳しい話であったり、
他の種類の資産についての説明などは、
リクエストがあれば、また別の機会を設けて
書かせていただければと思っておりますので、
今回は、長くなりましたし、この辺りで。

カテゴリ : 税金・税法
テーマ : 税金 ジャンル : 政治・経済

コメント

非公開コメント

事務所のHPはこちらから
プロフィール

管理者:tap

JR中央線、三鷹にある税理士事務所、宮内会計事務所に勤める所属税理士のブログです。
仕事やプライベートを通じて思ったことなどを綴っています。


[ tapのプロフへ ]
税法・会計etc. 過去ログ倉庫

過去に書いてきたエントリの内、税法や会計などに関する話題で特に大事だろうと思うものを抜粋して別途掲載している、部分的ミラーサイトのような別ブログです。

最近投稿した記事

  全タイトルを表示
月別アーカイブ
カレンダー
ブログ内検索
カテゴリ一覧
リンク

私の尊敬する経営者の一人、㈱AGTの社長が書かれているブログです。
写真もふんだんに使われていますし、見て楽しく、読んで楽しいブログだと思います。
私も、いつかこんなジュエリーを誰かに贈る日が来るのでしょうか……?



国税庁

税務行政に関する企画・立案。国税局・税務署の指導監督省庁です。


国税庁タックスアンサー

各種税金の仕組みや届出書、様式の説明、用語解説や各地の税務相談室の案内を記した国税庁サイト内のコーナーです。キーワード検索もできます。


内閣府

Topページの下部に、政府税制調査会のページへのリンクがあります。そこに掲載されている議事録などから、今後の税制改正の動向を知ることができます。


国税不服審判所

国税に関する法律に基づく処分に係る審査請求について裁決を行い、納税者の正当な権利利益の救済を図る機関です。ネット上で判例集が利用できます。



宮内会計事務所

吉祥寺にある税理士事務所。私の勤務先です。



最新のトラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク
Ranking
QRコード
QR
管理者
  • 管理画面