三鷹駅南口 (武蔵野市、吉祥寺)、とある税理士事務所職員の日常 70億人という重み

70億人という重み

2011年11月25日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

ちょっと前の話になってしまうのですが、
国連人口基金の「世界人口白書2011」のデータに
基づいて曰く、先の10月31日を以って、
世界の人口が70億人を突破しました。

このことは、ニュースや新聞でも
かなり大きく取り扱われていましたよね。

さすがに、手放しで喜ばしいとしているものは
どこを見ても無いようでしたが、
どこかしら祝賀ムードのようなものが
感じられなくもないコメントがあったのは、
正直、どうかと思わないでもありませんでした。

もちろん、この日に生まれた新たな命には
何の罪もあろうはずも無く、
その誕生には祝福が与えられてしかるべきです。

ただし、それはそれとして一方で、
地球上の人類の数が今現在とんでもない勢いで
増え続けていることが意味する大きな危機から
目を背けてしまうことは、許されません。

一説によると、今の耕作可能地域で
支えることができる人口は、
どんなに大きく見積もっても100億人が限界だとか。

まだ30億人も余裕があるじゃないか、
と思われるかもしれませんけれど、
では、現在から30億人少ない40億人に
世界人口が達したのがいつだったのかというと、
これは、わずか40年前の1971年です。

そこから10億人増えて50億になったのが1987年、
さらに増えて60億になったのは1998年。

つまり最近はザックリ言って、
年に1億人近いペースで人口が増えていると
言うことができます。

ということは、残り30億という数字は
決して大きなものでないどころか、
今やすぐ目の前に迫っていて、
我々はもうすでにのっぴきならないところ、
デッドライン付近まで来ているということを
これは意味しているわけです。

さて、さきほど私は100億人までだったら
いまの耕作可能地域の生産能力で
ギリギリ食べていけると書きましたが、
これはあくまで「ギリギリ」という話で、
その場合の私たちの食生活は
かなり厳しいものになるということも、
意識しておかなければならないことの1つです。

そういった事態に日本としてどのように備えるかといえば、
これはもう、肥料・飼料の国産化も含めての
食料自給率を上げることしか無いわけです。

ただ、現在の日本の人口が
この国土に対しては
多すぎるくらいかもしれないことも、
同時に記憶にとどめておくべきでしょう。

それを考えれば、少子化による人口減は、
実は、全く悪いことというわけでも無いとも考えられます。

これからの日本のあるべき姿を考えるに、
では、フランスのような農業生産大国、
農作物の輸出国になればいいというビジョンは、
確かに、理想的なものなのかもしれません。

農業生産の振興と自給率のアップは
大きな課題として存在するわけですけれど、
ただし、やみくもに税金をばらまけばいいわけではなくて、
これは、生産性の増加、効率化と同時に進めなければ
いけないものなのではないかとも思います。

この辺り、私もまだまだ勉強不足なので
具体的なことまでは一切言えずに、
ただ感覚的、直感的に書くことしかできないのですが……

産業構造の大変革も含む話ですし、
これは、もっと多くの本を読み、
もっとたくさんのことを学び、
様々な角度からの視点を踏まえて、
考えていかなければならないことだと感じました。

私の、今後ずっと追っていくべきテーマが、
あるいは、ここで決定されたのかもしれないと、
そんなことをこの1か月余り、ずっと考えているのです。

カテゴリ : ニュース
テーマ : 気になったニュース ジャンル : ニュース

コメント

非公開コメント

事務所のHPはこちらから
プロフィール

管理者:tap

武蔵野市吉祥寺にある税理士事務所、宮内会計事務所に勤める税理士の卵のブログです。
仕事やプライベートを通じて思ったことなどを綴っています。


[ tapのプロフへ ]
税法・会計etc. 過去ログ倉庫

過去に書いてきたエントリの内、税法や会計などに関する話題で特に大事だろうと思うものを抜粋して別途掲載している、部分的ミラーサイトのような別ブログです。

最近投稿した記事

  全タイトルを表示
月別アーカイブ
カレンダー
ブログ内検索
カテゴリ一覧
リンク

響金太郎のラジオブログ
「ジバ☆ラジ」

高校時代からの付き合いで、今は九州博多で演劇の夢を追う友人、響金太郎のブログ。
わざわざ言わなくてもそれくらい分かるよ、と言われるかもしれませんが、芸名です。
どこかで見かけたら、応援してあげてください。


私の尊敬する経営者の一人、㈱AGTの社長が書かれているブログです。
写真もふんだんに使われていますし、見て楽しく、読んで楽しいブログだと思います。
私も、いつかこんなジュエリーを誰かに贈る日が来るのでしょうか……?



国税庁

税務行政に関する企画・立案。国税局・税務署の指導監督省庁です。


国税庁タックスアンサー

各種税金の仕組みや届出書、様式の説明、用語解説や各地の税務相談室の案内を記した国税庁サイト内のコーナーです。キーワード検索もできます。


内閣府

Topページの下部に、政府税制調査会のページへのリンクがあります。そこに掲載されている議事録などから、今後の税制改正の動向を知ることができます。


国税不服審判所

国税に関する法律に基づく処分に係る審査請求について裁決を行い、納税者の正当な権利利益の救済を図る機関です。ネット上で判例集が利用できます。



宮内会計事務所

吉祥寺にある税理士事務所。私の勤務先です。

(別サイト)

上記勤務先の、新規起業者向けの特別サイトです。



最新のトラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク
Ranking
QRコード
QR
管理者
  • 管理画面