三鷹駅南口 (武蔵野市、吉祥寺)、とある税理士事務所職員の日常 日記

吉祥寺 → 三鷹

2017年04月04日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

……と、始めるのが、このブログのこれまでの
フォーマットとなっていたわけですけれども、
今週末の更新からは、このフレーズが変更になります。

というのも、今週末の7日を以って宮内会計事務所は
これまでの吉祥寺駅北口徒歩8分の所在地から、
三鷹駅南口徒歩5分の三鷹第二ビル203号室に
引越しをすることになっているからです。

武蔵野市から三鷹市への移動ということで
電話番号などもこれまでとは変更となりますから、
当事務所に御用の方はお気を付け下さい。

各種ホームページやポータルサイト、ブログなどの
種々のデータも変更しなければいけないのですが、
Web担当である私の時間的余裕がなかなか無くて、
現状ではまだ、さほど作業が進められていないのは、
これは申し訳ありませんとしか言えません。

早めに順次、差し替えを進めて行きますので、
ここはしばらくご容赦いただければ幸いです。

とりあえず新事務所の外観の写真と
Google MAPを貼っておきますが、
その住所は下記のとおりです。

東京都三鷹市下連雀3-33-13
三鷹第二ビル 203号室

よろしくお願いいたします。





カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

26.5 ~ 27.5

2017年04月03日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

世の中には「馬鹿の大足」という言葉もありますが、
もちろん統計に基づくものでは無いのであって
要するにただの慣用的表現に過ぎません。

続けて「間抜けの小足」ときて、
3番めに来る言葉には地域によって
幾つかパターンがあるようですけれども、
個人的にしっくりくるのはどれかと問われたら
「中途半端のろくでなし」辺りになるでしょうか。

まあそれはさておき、常識的に考えれば
大足の人というのはそれに比例して背も高く、
つまり体のパーツが全体的に大きいからこそ、
足のサイズも大きくなるというのが普通でしょう。

ちなみに私の身長はおよそ 177.5 cmであり、
高校や大学の頃は 27.5 cmの靴を履いていました。

それが、ちょうど10年ちょっと前くらいから
幅広の靴も扱っている店が日々の生活圏内に
何店舗かあるようになって状況が変わりました。

ずっと、自分の足は 27.5 センチが
適正サイズだと思っていたのですけれど、
実際にはそうでも無かったのです。

例えば3Eのスニーカーだと27センチが、
5Eの革靴だと26.5センチがピッタリ。

一番しっくりと来るのは5Eの26.5センチで、
確かに私の足は甲から指先までが幅広くて
普通の靴だとつま先があまっていたのですが、
どうやらサイズ選びをずっと間違えていたようです。

ダブつきかんのある靴を履き続けていると
踵が擦れて角質化したりしていましたから、
それが無くなっただけでもかなり嬉しいこと。

靴はオーダーメイドで自分の足の形に合わせたものを
履くというのが健康面からもベストなのだということを
これまでに雑誌やTVで何度も観てきていましたが、
なるほどそれも確かに真実だったのだなと
つくづくと実感させられたという次第です。

まあ、さすがにオーダーメイドで靴を作るような
財力は持ち合わせていないのですけれど……


 (Amazon.com より)

カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

普段使うのは何番線?

2017年03月24日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

仕事にしろプライベートにしろ普段の生活で移動には
公共交通機関、主に電車を使うことが多く、
たまにそれにバスが加わるくらいで
大抵の用事は何とかすることができます。

それは大都市圏に住んでいるからのメリットで、
ちょっと外れれば電車もバスも本数が減って
そこまで便利に使いまわせなくなるのでしょうが……

乗換駅等で目的地にまっすぐ向かう為に、
どうやって目当てのホームに辿り着くか。

東京駅等の都市に向かう方が「上り」で
その反対が「下り」になっているということは
以前から知っていたのですけれども、
そういえば、ホームの番号はどう付けられるのか、
先日、それが急に気になってしまいました。

そこで早速ネットで調べてみたところ、
どうやらJRでは駅長室に近いホームから
順番にナンバリングがされているようです。

なる程、そういうものか、という感じですね。

昨年に行った京都ではJRに0番線と30番線が
隣り合わせのようにありましたけれど、
あれはどういうことになるのかなと思いつつ、
こうなると、日本で一番ホームが多いのは
どの駅なのか、ということも気になってきます。

調べた結果、こちらはJRと私鉄をすべて含めた場合は
1日の乗降客数世界一を誇る新宿駅が36本で最多、
JRだけならば東京駅が28本で最多になるそう。

京都駅でみかけた30番線はどうなるのかと思ったら、
こちらは1番線と15~29番線までが欠番になっているので
JRのみで19本、近鉄や地下鉄を含めても25本と、
新宿や東京にはさすがに太刀打ちできない模様。

こういう、ホーム番号の欠番というのは実際のところ
そんなに珍しいことというわけではないらしく、
東京駅も11~13番線が抜けているそうです。

線路は敷設されているけれどもホームが無い場合とか、
欠番には色々と理由があるようなのですけれど、
京都駅の例は山陰本線(“ 3 ” いんほんせん)だから
30番台、という付け方をしたかららしいですね。

……駄洒落ですか。


カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

データ放送の天気予報

2017年03月19日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

外回りをすることも多い職業だからなのか、
いつ頃からか毎朝目覚めるとTVの電源を入れて
地デジのデータ放送で天気予報を開き、
天候と最高気温等を確認する習慣がついています。

もちろん天気予報が必ずしも当たるとは限りませんが
指標として考えれば十分な的中率だと思いますし、
例えば「今日は午後から雨が降るんだな」と
覚悟をしているのか、していないかは、いざ雨が
降り出した時にうろたえるかどうかの差になります。

それは、結構大きな違いですよね。

もっとも、私はモットーとして「転ばぬ先の杖」や
「備えあれば憂いなし」の徹底を心がけていて、
どんなに晴れていても、あるいは出かける前から
雨が降っていて普通に傘をさして外出する時でも、
常にカバンに折り畳み傘が一本しまわれています。

だから天気予報の確認を失念した日などで
急に想定外の雨が降り出してしまったとしても、
雨具に関しては特に困ったりしなかったりします。

さて、天気といえば、ここまでの冬がどうだったのか
統計的なデータが出てくるのはこれからでしょうから、
それはさておくとして、ここ数年、四季の移り変わりが
何だか微妙なことが続いているような気がします。

世界気象機関(WMO)が一昨年11月中旬に、
2016年は観測史上最も暑い年になるという
「可能性が非常に高い」と発表していましたっけ。

地球全体の平均気温の話なので地域格差はあるでしょうが、
具体的には産業革命前に比べると約1.2度の上昇のよう。

観測史上最も暑かった上位17年に今世紀に入ってからの
16年間は漏れなく入っているという話もあって、
WMO事務局長であるペッテリー・ターラス氏が
「1年ごとに記録更新だ」という声明を出していたわけですが、
さて、実際の数値は一体どうなっていたのでしょうか。

いわゆる地球温暖化が抑制できるかどうかは、
これも昨年秋に成立したパリ協定がこれから先
どれだけその実行力を発揮できるか次第ですが、
実際のところ、各国の利害が複雑に絡み合う
この問題を綺麗に解きほぐしてくれる最適解など
始めからこの世には無いのかもしれません。

せめて、全ての関係者がベストよりはベターを、
エゴイズムに捕らわれ過ぎずに時には
大きな目標の為に妥協をすることを重視してくれれば、
状況も少しはマシになるのではないだろうか。

そんなことを考えつつ、今朝もデータ放送をつけて、
私は今日の天気を呑気にチェックしているのでした。

カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

今だけは、陽当たり良好

2017年03月13日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

確定申告業務もそろそろ終わろうかというところで、
この1ヶ月のあまりの慌ただしさや忙しさは
今はまだ振り返りたくもないくらいだったりしますが、
日々春に近付いている気候に関しては、
スギ花粉の存在を除けば、実に気持ちのいいものです。

宮内会計事務所が入っているビルの南側は
ちょっと前まで家が建っていたのですけれども、
今は新たにマンションを建てる計画の元に
すっかり取り壊されて更地になっています。

連日書類をにらみつつパソコンに向かって
一心不乱に仕事をしている中での解体工事は、
なかなか五月蠅くて仕方が無かったのですが、
それはさておき、写真のようになっている現在は
事務所の陽当たりがかなり良好になっています。

ただし、それは新しいビルができるまでのこと。

それに、これからいよいよ基礎の工事が始まると、
騒音だけでなくて振動も発生してくるでしょうから
それはなかなか大変なことになりそうです。

こちら側から何かができることでも無いですから、
考えても仕方がないのですけれども、ね。


カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

杉並区≠墨田区

2017年03月09日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

ちょっと前に用事で墨田区役所に行くことがありました。

必要なことを一通り済ませて表に出たところで
東に聳えるスカイツリーを見上げていたのですが、
その姿を半ば呆っとしながら眺めていたら、
ふと、昨年5月半ばくらいに中央線に乗っていた際に
阿佐ヶ谷と高円寺の間くらい聞いた、
大学生らしき男性2名の会話を思い出しました。

「阿佐ヶ谷って何区だっけ」と1人が言うのに
「杉並区だよ」ともう1人が答えていたのですが、
それを受けて「ああ、スカイツリーがある」と頷いたのに
「いやいや、それは墨田区じゃないか」と指摘され、
「でも名前は似ているだろう」と返していたのです。

最後のは照れ隠しで言ったことかもしれませんが、
いくらなんでもスカイツリーが区内にあれば
駅からも中央線からもはっきりとそばに見えるはずだし、
浅草辺りから隅田川越しのスカイツリーを眺める
というのは写真撮影の定番のアングルだから、
さすがにその間違いはどうなんだと思ったのですが……

例えば、彼が東京では無くてどこか地方から
その春に八王子辺りの大学に進学してきた大学生だ、
と仮定してみたならば、どうなるでしょうか。

つまり、彼はその日、東京出身の友人と一緒に
都内の方に遊びに行く途中だったとして、
上京して間もないので、まだスカイツリーの場所や
23区の位置関係もはっきりと認識していなかった。

それならば、杉並と墨田の勘違いも無くは無いと、
そんなことを、思ったりした、そんな車内でした。

まもなくそれから1年が経ちますが、
さすがにあの時の彼もスカイツリーの場所は、
もう間違えなくなっているんでしょうね。


カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

餡は何味を選びますか

2017年03月02日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

ちょっと久し振りに食べたくなってしまったのと、
たまたま某「餃子の王将」のある街に行ったので、
ランチの天津飯セットを食べてきました。

どうせ「王将」なら一緒に餃子も食べようということで
天津飯の単品注文では無くてセットにしたのですが、
これが、かなりボリュームのあるセットで、
さすがに腹に重たくてちょっとキツかったです。

ちなみに 「王将」の天津飯は上にかける餡の味を
「甘酢」「醤油ダレ」「塩ダレ」の3種類から選べて、
関東と関西の両方のスタイルをそれぞれの客が
自分で決めることができるわけですが、
私にとって天津飯というのは絶対的に
とろみの付いた甘酢餡と決まっています。

甘酢が関東風、醤油と塩が関西風で、その境界線は
確か結構前に「秘密のケンミンSHOW」か何かで
実地調査を行って浜名湖の辺りとなっていたはず。

「王将」ではありませんが醤油ダレのものについては
10年くらい前に一度食べたことがあって、
悪い味では無かったという記憶がありますけれど、
やっぱり、天津飯は甘酢餡のかかった食べ物だと
インプリンティングされてしまっているので、
それ以降、気分に応じて醤油ダレも注文するように
なったのかといえば、そんなことは全く無いのでした。


カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

新大久保 Cafe Dolce Vita

2017年02月15日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

以前、ビッグバンドジャズを聴きに行ったと書いた
サックスを趣味にしている大学時代の友人が、
今度はアコースティックユニットのゲストとして
サックスを吹くということでしたので、
大久保にある Cafe Dolce Vita に行ってきました。

非常にこじんまりとしたライブスペースで、
なかなかに雰囲気のいい店でした。

ライブは、3つのユニットが順番に出演するもので、
友人のサポートするユニットはオリジナルだけでなく
カバー曲も交えての全8曲を演奏しました。

なかには、ちょっとされはさすがにこなれていないな
というような楽曲もあったのですが、全体的には
いい感じに音楽を楽しんでいるなというのが
伝わってくるようないいライブだったと思います。

大人数のビッグバンドもいいですけれども、
こういう最少人数のユニットもいい感じですね。




カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

バックギアは逆走か

2017年02月12日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

ちょっと前に、お客様のところへ向かおうと
事務所を出て吉祥寺駅へと歩きだした時に、
吉祥寺のメインストリートの1つ吉祥寺通りの
武蔵野八幡様の横辺りのところで
信号の合間を狙ってバックギアを入れて
200メートルくらいを逆進していく車を見かけました。

それは、某ダ〇キンの営業車だったのですけれど、
どうやら手前の集合住宅から出てきた同僚を拾い、
歩道に置かれていた荷物を積み込む為に
そのような行為をしていたようなのですが……

吉祥寺通りは自転車も多く走っていますし、
信号では無いところで車の流れの切れた瞬間を
うかがって横断する歩行者も意外と多いところです。

つまり、事故の元になる危険性が高いわけですね。

本人達は気を付けているつもりでしょうけれど、
正直、どうかと思ってしまう行いとしか言えません。

この辺りは大通りから中に入ると一方通行も多いし、
逆進せずに回り込んでこようとしたならば、
どうしても五日市街道を使うことになるでしょうから
ある程度時間もかかってしまうのは、分かります。

とはいえ、事故の可能性を回避する為だったら
それくらいどうということ無いだろうと思います。

駐車場への駐車や自宅の車庫入れだったり、
あるいは縦列駐車をする時だったり
運送業のトラックなどの荷物の積み下ろし時に、
バックギアに入れて後進することは普通にあります。

そこでちょっと調べてみたところ、公道上において
バックギアで後進すること自体は道路交通法上、
原則的には違反ではないようです。

ただし、状況により安全運転義務違反ということで
違反点数が与えられて反則金の支払を
しなければならなくなる可能性があるそうですし、
やはり事故防止の為にも公道での逆進は
極力避けるのが正しいということになるのでしょう。


カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

「沈黙 -サイレンス-」

2017年02月01日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

遠藤周作の代表作をマーティン・スコセッシ監督が
原作と出会ってから28年の構想期間を経て
映画化したのが 「沈黙 -サイレンス-」です。

以前に観た予告編で興味を覚えていたので、
公開から1週間の先週末に劇場に行ってきました。

そもそも原作自体が非常に有名とはいえども、
細かい内容を書いてしまうのはいかにも興醒めですから
ここでは基本的にそこには触れずに置きますけれども、
簡単に触りだけを書いておくとしたならば、江戸時代初期、
幕府によるキリシタン弾圧が激しく行われていた長崎で
日本で捕えられて棄教したとされる宣教師を追って
密入国した2人の宣教師の物語になります。

宗教的な話題はデリケートなことではありますが、
この作品で描かれている題材やテーマは、
キリスト教に限らないある種の普遍性も
あるのではないか、というようにも感じました。

神とは、信仰とは、罪とは、強さと弱さ、許し。

私はクリスマスにケーキを食べて寺で厄除け祈祷をし
新年や受験前には神社でお祈りをするというような
典型的な日本人で特定の宗教を信じたりは
していない人間なわけですけれども、それでも、
色々と考えさせられずにおれない映画でした。

主演のアンドリュー・ガーフィールドを始めとする
役者陣の演技も非常に素晴らしくて、
個人的にはイッセー尾形と浅野忠信の2人が
とりわけ強い印象を残したと感じました。

また、主に台湾で撮影したという映像も美しく、
極力音楽の主張を排した抑制された演出も
作品に合っていて良かったと思います。

2時間40分の上映時間が長く感じない、
それだけの力を持った力作でした。


公式サイトは こちら から



カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

事務所のHPはこちらから
プロフィール

管理者:tap

武蔵野市吉祥寺にある税理士事務所、宮内会計事務所に勤める税理士の卵のブログです。
仕事やプライベートを通じて思ったことなどを綴っています。


[ tapのプロフへ ]
税法・会計etc. 過去ログ倉庫

過去に書いてきたエントリの内、税法や会計などに関する話題で特に大事だろうと思うものを抜粋して別途掲載している、部分的ミラーサイトのような別ブログです。

最近投稿した記事

  全タイトルを表示
月別アーカイブ
カレンダー
ブログ内検索
カテゴリ一覧
リンク

響金太郎のラジオブログ
「ジバ☆ラジ」

高校時代からの付き合いで、今は九州博多で演劇の夢を追う友人、響金太郎のブログ。
わざわざ言わなくてもそれくらい分かるよ、と言われるかもしれませんが、芸名です。
どこかで見かけたら、応援してあげてください。


私の尊敬する経営者の一人、㈱AGTの社長が書かれているブログです。
写真もふんだんに使われていますし、見て楽しく、読んで楽しいブログだと思います。
私も、いつかこんなジュエリーを誰かに贈る日が来るのでしょうか……?



国税庁

税務行政に関する企画・立案。国税局・税務署の指導監督省庁です。


国税庁タックスアンサー

各種税金の仕組みや届出書、様式の説明、用語解説や各地の税務相談室の案内を記した国税庁サイト内のコーナーです。キーワード検索もできます。


内閣府

Topページの下部に、政府税制調査会のページへのリンクがあります。そこに掲載されている議事録などから、今後の税制改正の動向を知ることができます。


国税不服審判所

国税に関する法律に基づく処分に係る審査請求について裁決を行い、納税者の正当な権利利益の救済を図る機関です。ネット上で判例集が利用できます。



宮内会計事務所

吉祥寺にある税理士事務所。私の勤務先です。

(別サイト)

上記勤務先の、新規起業者向けの特別サイトです。



最新のトラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク
Ranking
QRコード
QR
管理者
  • 管理画面