三鷹駅南口 (武蔵野市、吉祥寺)、とある税理士事務所職員の日常 日記

手打ち蕎麦 多古福

2017年09月30日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

事務所が4月に引っ越した三鷹の地での
昼食どころの探索もそれなりの収穫があり、
けれどもどこか物足りなかったのはやはり
程よい蕎麦屋を見つけられていなかったこと。

そこで先日、以前からちょっと気になっていた
「手打ち蕎麦 多古福」 に入ってみました。

ネットではそこそこ評判が良かったので、
ちょっとした期待と共に訪れた店の場所は、
三鷹駅からほど近い路地沿いであり、
「味のグラバー亭」だったり「味の彩華」といった
以前に紹介した店と同じ並びになります。

位置的には、両店舗の間、後者よりという感じ。

下の写真でお分かりいただけるでしょうけれども、
店はマンションの地下にて営業されており、
ぱっと見では入口に気づかないかもしれません。

平日の12時過ぎだからというのもあるかもですが、
もともとそんなに席数は多くない作りとはいえ
私が入店した時にはそれなりに埋まっていて、
上手い具合にカウンターが1つ空いていたのは
ラッキーだったと言えるのかもしれません。

で、初めての蕎麦屋での私のルールに則り、
ごくオーソドックスな盛り蕎麦を注文。

個人的には、もっと田舎蕎麦っぽい方が
好きではあるものの悪い味では無くて、
なる程、一定の人気があるのも分かります。

これぞ、という決め手には欠ける印象ですが、
昼食の候補の1つにはなる、という店でした。




カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

曼珠沙華

2017年09月24日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

22日は有給休暇を取らせていただいたので、
天気はあまり良くありませんでしたけれども
西武線に乗って高麗まで行ってきました。

ちょっと前に天皇陛下が行かれたことが
ニュースとして話題になっていましたから、
ご存知の方もきっと多いことと思いますが、
西武の高麗駅から歩いて数分のところにある
巾着田の曼珠沙華群生地がその目的です。

長さにして600メートル、幅は50メートルという
かなり広い一帯一面に咲き乱れる曼珠沙華。

彼岸花(ヒガンバナ)という言い方をした方が
あるいは馴染みが深いかもしれませんけれども、
おそらくある程度以上の年代の方にとっては
山口百恵の名曲が想起されるのではないでしょうか。

「まんじゅしゃげ」と「まんじゅしゃか」とどちらの
読み方を使うかで、その人が山口百恵ファンか
どうかを判定できる……というのは、冗談ですが。

今年のシーズンは残念ながらもう終わりですけど、
これは一見の価値、大いにアリ、の光景です。


カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

お食事 樹

2017年09月20日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

新たな営業の場として三鷹に事務所が移転してから
まもなく半年が経過するわけですけれども、
このブログでは昼休み時間に昼食を採る先として
開拓してきた飲食店等を少しづつ紹介してきました。

今回は、事務所のある三鷹第二ビルから
西にちょっと歩いて三鷹通りに出た辺りにある
「お食事 樹」について書いてみたいと思います。

この店の存在に気が付いたのは4月の半ばで、
つまりは引っ越してからすぐの頃だったのですが、
店の表にはメニューの類は一切出ていないので
扉を開けて中に入るのに、何だか敷居の高さを
ずっと感じ続けていた店でもありました。

それでも、扉のガラスから覗いてみると
中にいる客はサラリーマンや作業員が主で、
どうやら定食を食べさせてくれるようだとなれば、
これは一度、試してみなければなりません。

そこで意を決して挑戦してみたという次第。

店内はカウンターとテーブル席が幾つかあって、
年配の女性2人が調理などをしていました。

メニューは下の写真のようにかなり豊富で
いわゆる普通の定食屋という感じであり、
何より値段が安いのがいい感じです。

その日に頼んだのは、下の写真の生姜焼定食。

オーソドックスなメニューを食べてみることで
店の方向性、というか特徴的なものを
ちょっと確認してみよかうと思ったからです。

味付けがちょっと濃い目なのが気になったものの
定食屋の生姜焼きとしてはスタンダードな味で、
何よりその量と、ご飯のお代わりが一杯無料なこと、
これで750円という値段というのがいいですね。

正直、ご飯を軽めに盛ってもらったとしても
私としては満腹になってしまうくらいだったので、
お代わりをするどころでは、なかったのですが。

かなり使える、良い店です。





カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

スマホとO157

2017年09月18日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

ついこの間のことですが、立て続けに複数個所で
病原性大腸菌 O157 を原因とする食中毒が
発生したというニュースが報じられていましたよね。

その後、ネットを何気なく見ていて知ったのですが、
最近は従来言われていなかった O157 の
感染経路が明らかになってきているようで、
中でもスマホ経由の感染が話題になっているそう。

どういうことかというと、トイレの個室を利用した際に
そこでスマホをいじりつつ用を足す人が案外と多く、
終わった後に手は当然洗うのですけれども、
そこでスマホも一緒に洗ったりはしないはしないから、
実は様々な菌がスマホに付着しているというのですね。

言われてみれば、それはそうだ、ということですが、
しかし、そんな、トイレの個室でまでいじる程に
みんなスマホに依存してしまっているのでしょうか。

食中毒が問題なのはもちろんですけれども、
むしろそれくらいの間もスマホを操作することを
我慢できない人が多いということの方に
驚かされるという結果になりました。

私だったら、さすがにトイレの個室の中では
スマホをいじりたくはないですからね……

もし落としたりしたら、凄い嫌ですし。

カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

健保組合で、健康診断

2017年09月10日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

今年も、健康診断を受けてきました。

一般的には年度初めで人事異動もある4月か
遅くとも翌月の5月くらいに行う健康診断ですが、
私は毎年、大体これくらいの時期に受診しています。

大概に中年な私ですので腹囲とか体重とか、
体型的な点だけでも数値が気になるところが
色々とあるというのが正直な話なのですが、
それ以外の、血液や尿検査、検便とか、
バリウムを呑んでの撮影結果とか、
結果に戦々恐々としている項目が多くあります。

これが20代とか、せいぜい30代の頃には
どうせ大丈夫な数値しか出てこないさと、
のんびりと構えていられたのですけれど……

実は、健診の前々日は飲み会でしたし、
その前の日にはガッツリと焼肉を食べてもいて、
そこから普通に考えると検査結果の数字が
ちょっとよろしくないものになる可能性も
そこそこ高いのではないかとも思われます。

それが嫌なら健診前1ヶ月くらいの期間は
節制をしていればいいじゃないかという意見も
あるのでしょうけれど、普段通りの生活をして
どんな結果になるのかを見るのでなければ
健康診断を受けてもあまり意味がないだろうと
考えれば、それもどうかという話です。

とはいえ焼肉と飲み会は、さすがにやり過ぎか。

付き合いというか、ちょっとまずいと分かっていても
それを止めることを選びたくないことがあって、
こればかりはどうしようも無いのですけれど。

カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

味の彩華

2017年09月08日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

事務所が三鷹に移転してから新たに開拓している
昼食どころの紹介もかなりの回数になっていますが、
今回は2つ目の中華料理店ということになります。

といって、ここのところは餃子店を2軒連続して
紹介していましたから、つまるところお前は
最近は中華しか食べていないのではないかと
言われてしまっても反論は難しそうに思えます。

いや、実際は、その他のところにも行っていつつ、
時に中華に行く事もある、というのが正しい表現です。

中華料理は好きですが、さすがに毎日は行きません。

それでも、三鷹で二店舗目を開拓しようとする辺り、
わたしも大概なところは否定できませんが。

話が逸れました。

今回の店は以前に紹介したグラバー亭のそば、
三鷹駅の南に伸びる通りから1本入ったところにある
マンションの1階で営業している、「味の彩華」。

ランチセットも複数ある中で私が選んだのは、
下の写真の「担担麺セット(980円)」です。

というのも、表の宣伝などを見てみるに、
どうやらこの店は担担麺(と、豆乳担担麺)を
一押しのメニューにしているようだから。

もしもそれがむやみに辛いような担担麺だと、
それは正直あまり得意では無いのですけれども
新しい店へチャレンジするのであれば、
やはり最初はそこの一押しを食べるべきでしょう。

そうして食べてみた担担麺。

一口すすってみて、辛さはほぼ感じなくて、
むしろスープのコクだったり甘味だったりが
いい感じに麺に絡みついて美味しかったです。

これは、時々食べたくなるような味かもしれず、
さらにマイルドになるのであろう豆乳担担麺や
その他のメニューも色々と試してみたくなる、
そんな印象を強く受けた次第です。

中華料理 虎坊 がちょっと洗練されたハイソな中華なら、
この 味の彩華 は、いわゆる町の中華食堂という
感じだと言えばお分かりいただけるでしょうか。

さて、次は何を試してみるとしましょうか?




カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

白髪のメカニズム 2

2017年08月31日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

懲りずに、白髪話の続きなのですが……

白髪というものが、肉体の老化によって
毛根にあるメラノサイトという細胞にある
メラニン色素を作らせて髪の毛を黒くする酵素、
チロシナーゼの分泌が欠乏するようになることが、
白髪化の原因であること前回は書きました。

で、その後もちょっと調べたりしていたところ、
どうやら最近は、老化や先天的遺伝子異常だけではなく
生活習慣などから来る、言ってみれば機能不全の
ようなことが原因で髪の毛が白くなってしまう人、
つまり、いわゆる「若白髪」になっている人も、
以前と比べて何だか増えてきているのだそうです。

これについては、老化とは事情が異なる話ですし、
バランスの取れた食生活とか、血行を良くするとか、
十分な睡眠とか、ストレスレスな生活を心がけるとか、
そういうことを心掛けてれば予防できるようです。

具体的には、夜更かしをして睡眠時間が少なくなったり、
「〇〇ダイエット」的に偏った食生活になったり、
仕事などでストレスを溜めこんだりしては、
駄目だということになるわけですが、うーん、
「〇〇ダイエット」はしていませんけれども、
それ以外は、結構該当してしまうような気がします。

食生活では、髪の毛そのものを作る良質なタンパク質や
各種のビタミンやミネラルをしっかりと摂取すること、
後は、良く言われているワカメなどの海藻も、
タンパク質の合成等に役立つ甲状腺ホルモンヨウ素を
多く含んでいるので効果的だそうだから、
それに加えて頭皮マッサージをするというのが、
当面、できる範囲の有効な方法かと思われます。

税理士資格取得の勉強で夜更かしは多くなりますし、
仕事他のストレスは、どうしたって発生しますからね。

ここで、しばしばマンガやアニメその他の創作物で見られる
強い恐怖等が原因で人の髪の毛が一瞬にして
白髪化するという描写についても書いておきましょう。

もともとは無色透明な人の髪の毛に色を付けているのが
毛根にあるメラノサイトであり、その働きが
恐怖から来るストレスで損なわれることはあっても、
それで白髪化するのはこれから伸びて行く部分の
髪の毛の話であって、すでにメラニン色素が混ざっている
既存の髪の毛が急に白髪になるということはありません。

ですからこれは嘘……というか、物語上の演出効果に過ぎず、
現実にはそんなことはあり得ない、ということになります。

確かに、インパクトのある描写ですから
演出としては、大いにアリですけれど、
それをそのまま鵜呑みにしてはいけません。

もし精神的衝撃を受けて総白髪になるのであれば、
一気にでは無くて、段々と白くなっていくのですね。

カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

白髪のメカニズム

2017年08月29日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

ここ数年、鏡を見る度に白髪が少しずつ
増えてきていることに気が付きくのですけれども、
自分の年齢を考えればそれは当然のことですし、
別にそれが嫌だというわけではありません。

髪の毛が額からどんどん後退して行くよりは
総白髪のジジイになりたいと思っているので、
抜け毛が多くなってきた云々では無くて、
髪の毛が白くなってきたとここで書いているのは、
むしろ私にとっては平和なことかもしれません。

人が白髪になるのは、通常、自然な老化現象です。

ちなみに髪の毛はもともとは無色透明なものであり、
そこに毛根にあるメラノサイトという細胞が作りだす
黒色のメラニン色素が混ざっていくことで、
私たちの黒い髪の毛ができあがっています。

このメラノサイトにメラニン色素を作らせるチロシナーゼ
という酵素は若い事には普通に分泌されているのですが、
肉体の老化と共にその量が減ったり機能が低下したりして
毛根細胞から延びる髪の毛にメラニン色素が混ざらなくなり、
無色透明な髪が生まれるようになる、というわけです。

なお、白髪は白く見えるからこそ「白髪」なのに
無色透明とは何事かと思われるかもしれませんが、
これは、光の屈折の問題で、白に見えています。

細かいことを書きだすときりがないので
ここでは割愛させていただきますけれど、
いわゆるアルピノというものは、
このメラニン色素の欠乏が原因だったはず。

となれば、根本的な「白髪」治療方法はというと、
白髪が治療しなければいけないものだとして、
素人考えではありますけれども、
チロシナーゼの分泌を正常化させるのが
最大の目的ということになるのではないでしょうか。

アルピノなどの先天性のものなら遺伝子治療であり、
そうではなくて老化に伴うものであれば
細胞の若返り処置ということになりますけれど、
どちらも、容易なものではない、ということは分かります。

前者が簡単に解決できればアフリカ南東部などで
今でも行われてしまうことがあるという、
土着信仰に根付いたアルピノ狩り、虐殺、売買、
カニバリズム(アルピノの肉体から作られた薬が
幸運と繁栄をもたらすという迷信があるのだそうです)とか、
アルピノとの性交渉でエイズが治ると俗説からくるレイプ等から、
アルピノの人々を救えるようになるかもしれません。

また、有害な紫外線の悪影響を防いでくれるはずの
メラニン色素が欠乏することから来る皮膚がんの怖れも、
多少なりと解消できるとうことにもなることでしょう。

しかし、実際には、まだまだそんな状況には
なれていないのが現実ですよね。

後者に至っては、要するにそこらのアンチエイジングが
目では無いくらいの根本的な老化防止、若返り、
ということになるわけで、そんなものが実現できたら、
それはもう、とんでもないニュースになるでしょう。

まあ、基本的に、今の技術では無理、無茶な話です。

SF作品などでは、若返り処置なんていうものも、
そこまで珍しいことではありませんけれど。

カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

膝毛

2017年08月23日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

先日、入浴していてふと気が付いたのですが、
何だかいつの間にやら左右両方の膝の
外側の部分だけ毛が濃い目になっていました。

そもそも肌を覆う体毛の本来的な大きな役割は
身体の保護と保温にあるわけですよね。

衣服を纏う習慣を身に着けた人間が
脳という重要な器官が詰まっている頭を除いて
体毛が少なくなっていったのは進化の流れに
よるものだ、というのを踏まえた上で、
日常的に圧迫や摩擦を受けたりしているところは
体毛が濃くなる傾向にあるという事実から考えると、
つまり私は普段この部分に何らかの刺激を
恒常的に与えているということになるわけでしょうか。

例えば、同じように内股の毛が少し多めだったのは
自転車に乗ることで服でこすれたりするからでしょう。

健康診断で運動不足を指摘されてしまっている今は、
本当はもっと色々と自転車で出かけたりしたいものの
なかなかその余裕が確保できないのが悩みですが、
中学・高校は自転車で通学をしていましたし
その頃からしばしば擦っていた箇所だと思えば、
それはそれで大いに納得できることです。

ただ膝の外側というのは自転車では無いでしょうし、
これはどういうことかという疑問が湧いてきます。

そこでしばし考えて、その答えに辿り着きました。

これはアレですね、普段から、家具調炬燵に座椅子で
あぐらを組みながら勉強などをしているせいですね。

炬燵の高さは無理のないよう調整していますが、
解答用紙などに計算だったり文章だったりを
素早く一気に書き込もうとするとどうしても
体重が前に乗るようになってしまいます。

つまり、今回の問題となっている膝の外側部分に
いい感じに荷重がかかってくるというわけです。

分かってしまえば、非常にシンプルな話でした。

カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

元祖 ハルピン

2017年08月21日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

前回 の最後に予告した通りに三鷹に事務所移転してから
開拓している幾つかの昼食どころを紹介する第6弾は、
「餃子のハルピン」 の裏にある「元祖ハルピン」。

下に掲載した「元祖ハルピン」の建物の写真と、
前回の「餃子のハルピン」の建物の写真とを並べれば
この両者が並んで建っている……というか、
背中合わせの関係なのがお分かりいただけるでしょう。

特に連続して食べに行ったわけでは無くて
実際には 「餃子のハルピン」 で昼を食べてから
1週間以上が経って 「元祖ハルピン」 に行っているので、
はっきりと両者の味を比べようとかいうような意図は
ほぼ無いのですが、ともあれ、ここでも注文は
とりあえずオーソドックスにランチの餃子セット。

何となく、ですけれども、「餃子のハルピン」の方が
若干マイルドだったような気もしますけれども、
そこは姉妹店なので基本的には同じタイプの味。

多分、八角なのだろうなと思うのですけれども、
どちらも、餡に入っている香辛料が効いていました。

とはいえもちろん同じものというわけではなくて、
サラダやスープだけでなく、皮と餡のバランスとか、
それぞれ微妙に違いはあったと思います。

また、店に入って受ける印象としても、
建物の外観から事前に想像ができるように、
内装的にはこちらの方は昔ながらの飲食店で、
先の 「餃子のハルピン」 はそれに比べると
ちょっとおしゃれに洗練されている感じです。

色々とちょっと雑なところがあるのも含めて
昭和な匂いもする 「町の餃子屋さん」 が「元祖」なら、
今風にすっきりさせたのが 「餃子のハルピン」。

そんな風に考えても、いいのかもしれません。

ルーツ的には 「餃子のハルピン」 の方が元祖で、
「元祖ハルピン」 はそこから分かれたというのが
どうやら正解なようなのですけれども、
まあ、それはそれというところでしょう。

どちらが好きか、通うのかは人それぞれ、
自分が惹かれる方に行くことにすれば
それでいいのではないかと思います。

どちらも、それぞれに魅力的ですよ。




カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

事務所のHPはこちらから
プロフィール

管理者:tap

武蔵野市吉祥寺にある税理士事務所、宮内会計事務所に勤める税理士の卵のブログです。
仕事やプライベートを通じて思ったことなどを綴っています。


[ tapのプロフへ ]
税法・会計etc. 過去ログ倉庫

過去に書いてきたエントリの内、税法や会計などに関する話題で特に大事だろうと思うものを抜粋して別途掲載している、部分的ミラーサイトのような別ブログです。

最近投稿した記事

  全タイトルを表示
月別アーカイブ
カレンダー
ブログ内検索
カテゴリ一覧
リンク

響金太郎のラジオブログ
「ジバ☆ラジ」

高校時代からの付き合いで、今は九州博多で演劇の夢を追う友人、響金太郎のブログ。
わざわざ言わなくてもそれくらい分かるよ、と言われるかもしれませんが、芸名です。
どこかで見かけたら、応援してあげてください。


私の尊敬する経営者の一人、㈱AGTの社長が書かれているブログです。
写真もふんだんに使われていますし、見て楽しく、読んで楽しいブログだと思います。
私も、いつかこんなジュエリーを誰かに贈る日が来るのでしょうか……?



国税庁

税務行政に関する企画・立案。国税局・税務署の指導監督省庁です。


国税庁タックスアンサー

各種税金の仕組みや届出書、様式の説明、用語解説や各地の税務相談室の案内を記した国税庁サイト内のコーナーです。キーワード検索もできます。


内閣府

Topページの下部に、政府税制調査会のページへのリンクがあります。そこに掲載されている議事録などから、今後の税制改正の動向を知ることができます。


国税不服審判所

国税に関する法律に基づく処分に係る審査請求について裁決を行い、納税者の正当な権利利益の救済を図る機関です。ネット上で判例集が利用できます。



宮内会計事務所

吉祥寺にある税理士事務所。私の勤務先です。

(別サイト)

上記勤務先の、新規起業者向けの特別サイトです。



最新のトラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク
Ranking
QRコード
QR
管理者
  • 管理画面