三鷹駅南口 (武蔵野市、吉祥寺)、とある税理士事務所職員の日常 自転車レース

ジロ・デ・イタリア 2017

2017年05月31日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

2017年における3大ツールの幕を切ったのは、
例年通り5月開催のジロ・デ・イタリアであり、
今年は記念すべき100回大会ということもあって
相当に熱く盛り上がる戦いが繰り広げられたようです。

「ようです」というような他人事の表現になるのは、
私が今回のジロの中継映像を観ていなかったから。

その辺りは、放映権を有している DAZN に感じた
不信や不満が大きく影響しているのですけれども、
まあ、それはそれとしておきましょう。

毎年、ジロを始めとする3大ツールについては
各賞の最終結果をここに書いてきているので、
DAZNの配信を観ていないからというだけで
それを今年は止めてしまうというのは、
それはそれで何だか寂しいなと感じました。

そこで、今年のジロの結果について、
この場に簡単に書いてみようと思います。

まず総合優勝ですが、かなりの激戦だったよう。

最終的に総合首位のマリア・ローザを手にしたのは
この大会で初めてのオランダ人チャンピオンとなった、
サンウェブ所属のトム・デュムランであり、
得意のタイムトライアルでいい走りを見せたこと、
山岳ステージで何とか食い下がってタイム差を
最小限に抑えることに成功したことなどが、
2位に入ったモヴィスターのナイロ・キンタナや、
3位のバーレーン・メリダのヴィンツェンツォ・ニーバリ
といったグラン・ツール優勝経験者を押さえて
総合優勝の座を勝ち取った最大の理由、なのでしょう。

次に、ポイント賞のマリア・チクラミーノですけれども、
これは最初からここの賞を狙って乗り込んできた
クイックステップ・フロアーズのフェルナンド・ガビリアが
グラン・ツール初出場であるにもかかわらず、
2位以下に大差をつけて獲得しているようです。

クイックステップ・フロアーズというチームは、
ここ、というものを狙って出場してくると、
本当にきっちりと結果を出してくるのがさすがですね。

もちろん、エースの走りが素晴らしいから、
という前提条件があればこそ、ですが。

山岳賞のマリア・アッズーラも2位との差が大きくて、
チーム・スカイのミケル・ランダが圧勝したと
言って差し支えない結果になっていますね。

ヤングライダー賞のマリア・ビアンカは1位と2位が
最後まで接戦を繰り広げていたようであり、
こちらも、最終日ミラノでの個人タイムトライアルで
クイックステップ・フロアーズのボブ・ユンゲルスが
オリカ・スコットのアダム・イェーツを破って
見事に獲得することとなったようです。

……ということは、クイックステップ・フロアーズは
100回記念大会である今回のジロ・デ・イタリアで、
特別賞ジャージを2つ手にしたということですか。

さすが、職人集団と言われるだけのことはありますね。


公式サイトはこちらから

カテゴリ : 自転車レース
テーマ : 自転車ロードレース ジャンル : スポーツ

カリフォルニアの勝者 2017

2017年05月23日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

アメリカ西海岸、カリフォルニア州において
7日間にわたって開催された自転車ロードレース、
ツール・ド・カリフォルニアがゴールを迎えました。

正直、レースの途中経過を見ている限りだと
ポーラ・ハンスグローエのラファル・マイカが
総合優勝を獲得するのではないかと
思っていたのですが、しかし終わってみると
総合首位のジャージを表彰台で纏ったのは
ロットNLユンボのジョージ・ベネットとなりました。

マイカは、コンディションのピーキングの問題も
現時点では無いわけではないのでしょうけれども、
実際、タイムトライアルの走りをもう少しでも
改善しなければこういうレースでの優勝は
まだ難しいということなのでしょうか……。

その他の各賞についても触れておきましょう。

ポーラ・ハンスグローエは総合優勝は逃したものの
ポイント賞は、ペーター・サガンが貫録の獲得。

そして山岳賞はユナイテッドヘルスケアの
ダニエル・ハラミーリョが熱戦を制して獲得し、
ヤングライダー賞はディメンションデータの
ラクラン・モートンが獲得をしています。

中継放送は早朝に行われていましたし
何かと忙しくもあったので、録画したものを
1.5倍速の再生で観るというスタイルで
時にはチャプターを飛ばしたりしていたので、
各ステージをきちんと観戦していたとは
お世辞にも言えない状況ではありました。

それでも、要所はしっかりと観ていましたし、
結構な面白い大会だったと思います。


公式サイトはこちらから

カテゴリ : 自転車レース
テーマ : 自転車ロードレース ジャンル : スポーツ

ツアー・オブ・カリフォルニア 2017

2017年05月13日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

イタリアでは現在、3大ツールの最初の1つである
ジロ・デ・イタリアが絶賛開催中なわけですが、
だからといって他の地域で別のレースが
一切行われていない、というわけではありません。

明後日の15日から1週間、北米大陸における
最大のレースと言ってもいいのであろう
ツアー・オブ・カリフォルニアが開催されます。

厳しい山岳ステージが続くジロを回避し
こちらでの勝利を狙う選手だったり、
もともとここでの勝利を目指す選手だったり、
ともあれ、毎年、なかなかのメンバーが
出場してくるという大きな大会です。

ジロは DAZN が放送権を取得している為に
観戦することができていない(していない)私も、
J-Sports が中継放送をしてくれるこちらは
しっかりと毎ステージを見ることができます。

もっとも、時差の関係で放送が早朝ですから、
録画しておいて後から再生するのですが。

ともあれ、これから1週間、楽しませてもらいます。


公式サイトはこちらから

カテゴリ : 自転車レース
テーマ : 自転車ロードレース ジャンル : スポーツ

ツール・ド・ヨークシャー 2017

2017年05月03日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

Jリーグの放映権が長年放送してきた スカパー! から
スポーツ中継のネット配信をしている DAZN に移動、
これまで同競技を楽しんで来ていた人が
のきなみ不平不満を訴えたことは記憶に新しいところ。

それは自転車ロードレースについても、実は同じ。

DAZN がイタリア、ベルギー等で行われる
一連のレースの放送権を取得している為に、
去年まで日本で精力的に生中継放送をしていた
J-Sports がそれ等のレースに関しては
放送ができないという事態になっています。

それでも DAZN がまともにネット配信してくれていれば
まだしもマシな話となるところだったのですけれど……

サーバーや回線の容量が理由なのかどうか、
4月にあったビッグレース、ツール・デ・フランドルでは
権利だけ持って実際には配信をしないという事件が
発生しており、正直、私としては現状は最低最悪で
DAZN のことは一切評価できないと思っています。

ジロ・デ・イタリアの放送権も DAZN が保有していますが、
配信内容が充実するかどうかは見込み薄ですし、
そもそもこれも配信をやらないの可能性も高いと思われ、
私としては DAZN と契約する気は現状、ありません。

一方、DAZN に放映権を奪われた J-Sports は
それでも視聴者、契約者を離さないようにしようと
色々と努力をしていて、今年の4月末には
イギリスで開催された3日間のステージレース、
ツール・ド・ヨークシャーを放送してくれました。

今年が第3回目と、まだ若い大会なのですけれども、
沿道の応援も大層なにぎわいとなっており、
イギリスでの同競技の人気の程がうかがえました。

第1、第2ステージはスプリント勝負となりましたが、
総合で勝負の行方を決めたのは最終第3ステージ。

厳しい山岳の続くこのステージで最も輝いたのは
ディメンションデータのセルジュ・パウエルスであり、
彼はこのステージにおけるステージ勝利と
総合優勝の2つを見事に獲得することになりました。

昨年のディフェンディングチャンピオンであり、
今年のツールでの引退を発表している
ディレクト・エナジーのトマ・ヴォクレールが、
連続する厳しい登坂に耐え切れなかったのか
途中で千切れてしまったのが残念ですが、
しかしパウエルスの走りは素晴らしかった。

景色も綺麗でしたし、来年も中継してほしいレースです。



公式サイトはこちらから

カテゴリ : 自転車レース
テーマ : 自転車ロードレース ジャンル : スポーツ

リエージュ~バストーニュ~リエージュ 2017

2017年04月25日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

その歴史の古さから(何しろ今回が第103回です)、
「ラ・ドワイエンヌ」すなわち「最古参」とも呼ばれる
リエージュ~バストーニュ~リエージュ。

ベルギーのワロン地方で行われるこのレースを以って
春のクラシックシーズンは終わりを告げることになります。

水曜日のフレーシュ・ワロンヌを制して絶好調の
アレハンドロ・バルベルデを優勝候補筆頭として、
今年も様々な有力選手が出走するこのレースで
一番最初にゴールラインを走り抜けるのが誰になるのか、
大いに興味を覚えつつ、生中継を待っていたのですが……


この週末は、リエージュの事よりも何よりも、
2011年にジロ・デ・イタリアで総合優勝をした
偉大なるチャンピオン、ミゲーレ・スカルポーニが、
まもなく始まる今年のジロに備えた早朝練習で
自宅から出た後に、交差点にさしかかったところで
前方不注意のトラックと衝突、亡くなってしまったという
ニュースの衝撃が、あまりに大きすぎました。

穏やかな性格の人格者として知られたスカルポーニ。

最近はアシストとしてグラン・ツールでエースを
アシストする姿を見ることが多かったですが、
その雄姿は、今でも私の記憶に残っています。


そんなスカルポーニへと勝利を捧げるのか、
ライバルを振り切って天を指さしながら
ゴールラインを先頭で通過したのが、
優勝候補のアレハンドロ・バルベルデ。

スカルポーニとバルバルデは同年代ですし、
方やイタリア、方やスペインと国籍は違えども
おそらくジュニア時代から多くのレースを
一緒に走ってきたという長い付き合いの
友人とも言える間柄だったことでしょう。

バルベルデはこのレースこれで4勝目。

今年も好調な彼は今年も秋のシーズン終了まで、
勝利を量産して行くのでしょうね、きっと。


公式サイトはこちらから

カテゴリ : 自転車レース
テーマ : 自転車ロードレース ジャンル : スポーツ

フレーシュ・ワロンヌ 2017

2017年04月21日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

いわゆる北のクラシックが終わればその次は
アルデンヌ・クラシック3連戦というのが
例年、春の自転車ロードレースの流れです。

今年はネットでスポーツ中継を配信するDAZNが
日本でサービスを本格的に開始したことで、
放映権のアレコレによってJ-Sportsでの
生中継がグッと少なくなってしまっているのですが、
アルデンヌ第2戦のフレーシュ・ワロンヌは
19日夜に今年も無事(?)に放送。

ツール・デ・フランドルに勝ち、さらに前週の
アムステル・ゴールドレースでも勝つなど、
現在絶好調のフィリップ・ジルベールが
アムステルでの落車の影響で欠場しましたが、
5度目の優勝にして4連覇という偉業を狙う
モヴィスターのアレハンドロ・バルベルデ他、
有力選手の熱い戦いが繰り広げられました。

勝つだろう、最有力優勝候補だ、と言われる者が
下馬評通りにきっちりと勝利を手にしてみせる
というのは決して簡単なことではありません。

そんな中、ゴール前でレース名(フレーシュ)である
矢を射るポーズを見せつける余裕もある、
他を寄せ付けない圧倒的な走りを見せたのは、
やはりこの人が来たか、としか言えないバルベルデ。

「ユイの壁」と呼ばれるゴール直前の激坂で
他チームの選手のアタックに反応した彼は
そのままその選手を抜いて最終アタックを開始、
一気に他のライバル達を引き離してゴールすると
チームスタッフらと歓喜を爆発させました。

ゴール前が彼の得意とする地形だからとしても、
30代半ばで4連勝達成というのは凄いです。

同じようなコースを得意とするジルベールがいれば
バルベルデといい勝負ができたかもしれませんが、
「たられば」をここで言っても仕方がないですよね。


公式サイトはこちらから

カテゴリ : 自転車レース
テーマ : 自転車ロードレース ジャンル : スポーツ

パリ~ルーベ 2017

2017年04月11日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

自転車ロードレース、2017年の春のクラシックも
いよいよその本番が到来ということで、
先週末は「北の地獄」「クラシックの女王」と呼ばれる
パリ~ルーベが今年も華々しく開催されました。

パヴェと呼ばれる石畳の区間が多く存在し、
非常にタフなことで知られるこのレース。

今年はずっと好きだった選手の1人である
「ベルギーの王様」トム・ボーネンがこのレースを最後に
現役を引退すると宣言していることもあって、
例年以上に私としても注目している一戦です。

キングカズのような例外もありますけれども
一般にスポーツ選手が第一線で活躍するのは
おおよそ10年くらいというところでしょうから、
私が現在の事務所に転職した頃から応援し始めた
ファビアン・カンチェラーラやホアキン・ロドリゲス、
そしてこのトム・ボーネン等が現役から
去っていくのも仕方の無い時の流れではあります。

レースは、やはりトム・ボーネンを絶対に勝たせたい
クイックステップ・フロアーズの走りだったり、
世界チャンピオンのペーター・サガンだったりという
事前に予想された有力選手を中心に展開しました。

しかし展開の中でこの両名がどちらも先頭から
取り残されるということになって勝負は混沌化。

結局、この日の勝利はBMCレーシング所属、
昨年のリオオリンピックの金メダリストでもある
苦労人のファン・アーベルマートとなりました。

ボーネンは結局、勝負には絡めずじまい。

それが勝負というものなので致し方が無いのですが、
やはり、彼が優勝する姿、あるいはそこまででなくとも
表彰台に上がってくる姿を最後に見たかったな、
と思ってしまうのは、好きな選手の引退レースだから、
これはやむを得ないのですけれども……


公式サイトはこちらから

カテゴリ : 自転車レース
テーマ : 自転車ロードレース ジャンル : スポーツ

パリ~ニース 2017 の勝者は

2017年03月15日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

パリをスタートして南仏の保養地ニースを目指すことから
「太陽のレース」とも呼ばれているパリ~ニースが、
その全8日間の日程を終えてゴールしました。

1週間の日程に劇的な展開を詰め込めるだけ
詰め込んでみましたという印象があるのが
今年のパリ~ニースという感じであり、
連日の展開の激しさには興奮させられました。

特に最終ステージ。

総合優勝の座を巡って最終山頂の1つ前の山で
早目のアタックを決めたトレック・セガフレードの
アルベルト・コンタドールは31秒のタイム差を
逆転すべくそのまま全力の力走を見せました。

一方で前日終了の時点で総合1位だった
チームスカイのエナオ・モントーヤも
逃げて行くコンタドールとのタイム差を
何とか詰めようと必死に走っており、
結局、ステージ2位に入ったコンタドールとの
最終的な差はわずか2秒という僅差で
最終的な総合優勝をギリギリで守りました。

秒差での決着は、これまでこの競技を観てきて
過去に幾度かあったのですけれども、
それにしてもこれはドラマティックな結末。

実に、いいレースだったと思います。


公式サイトはこちらから

カテゴリ : 自転車レース
テーマ : 自転車ロードレース ジャンル : スポーツ

パリ~ニース 2017 開幕

2017年03月06日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

J-Sportsによる2017年の自転車ロードレース放送、
初めての生中継となるのはフランスのパリ郊外から
地中海のリゾート都市ニースを目指す
1週間のステージレース、パリ~ニースです。

この大会が、今年も昨日から始まりました。

何しろ確定申告業務も大ヤマ場を迎えていますから
夜に行われるこの中継をじっくり楽しめるほどの
体力もなかなか残っていなかったりして、
観ながら寝落ちしてしまったり、場合によっては
放送開始を待たずに布団に入ってしまったりと、
そんな感じになってしまうこともあるのが毎年の常ですが、
それでも、待ちに待った春のレースの時期が
いよいよ到来したという喜びは沸き立っています。

この辺は、プロ野球ファンやサッカーファンの方には、
要するに開幕が到来したんだなと考えてもらえれば
「ああ、そういう感じね」と理解していただけるかも。

個人的には、クイックステップ・フロアーズの
若きエースであるジュリアン・アラ・フィリップとか、
トレック・セガフレードのアルベルト・コンタドール
といった辺りの選手の走りに注目したいところ。

もちろん、その他の選手にも、是非とも素晴らしい
レースを作り出してほしいと思っているのですが。


公式サイトはこちらから

カテゴリ : 自転車レース
テーマ : 自転車ロードレース ジャンル : スポーツ

ツアーダウンアンダー 2017 の結果は…

2017年02月26日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

オーストラリアのアデレード周辺を舞台にして
約1週間にわたって行われたステージレース、
ツアー・ダウンアンダーの録画放送が終わりました。

南半球で行われるシーズン序盤のレースだけあって
多くの選手がこれをシーズンインにおける
調整の為のものと位置付けているわけですけれど、
地元オーストラリアの選手にとってみれば、
自国で最大級のこのレースでのステージ勝利や
総合優勝の座はどうしても欲しいものです。

だから、今年の大会でも活躍したのはオージー選手。

ステージでのスプリント勝利を量産したのは、
小柄な若手の、オリカ・スコットのカレブ・ユアン。

初日のクリテリウムを含めると7レースで5勝です。

総合優勝は、グラン・ツールでも上位を狙える選手、
BMCレーシングのリッチー・ポートが獲得しました。

出走選手の名前を観た時点で、こうなるだろうなと
事前に予想していたままとなったのですが、
そういう期待を裏切らずに結果を出してくるのは
高い実力があればこそできること、ですよね。

これから他の選手も徐々に調子を上げてくるはずで、
春のクラシックシーズンではどうなってくるのか、
これは、今年も非常に楽しいことになってきそうです。


公式サイトはこちらから

カテゴリ : 自転車レース
テーマ : 自転車ロードレース ジャンル : スポーツ

事務所のHPはこちらから
プロフィール

管理者:tap

武蔵野市吉祥寺にある税理士事務所、宮内会計事務所に勤める税理士の卵のブログです。
仕事やプライベートを通じて思ったことなどを綴っています。


[ tapのプロフへ ]
税法・会計etc. 過去ログ倉庫

過去に書いてきたエントリの内、税法や会計などに関する話題で特に大事だろうと思うものを抜粋して別途掲載している、部分的ミラーサイトのような別ブログです。

最近投稿した記事

  全タイトルを表示
月別アーカイブ
カレンダー
ブログ内検索
カテゴリ一覧
リンク

響金太郎のラジオブログ
「ジバ☆ラジ」

高校時代からの付き合いで、今は九州博多で演劇の夢を追う友人、響金太郎のブログ。
わざわざ言わなくてもそれくらい分かるよ、と言われるかもしれませんが、芸名です。
どこかで見かけたら、応援してあげてください。


私の尊敬する経営者の一人、㈱AGTの社長が書かれているブログです。
写真もふんだんに使われていますし、見て楽しく、読んで楽しいブログだと思います。
私も、いつかこんなジュエリーを誰かに贈る日が来るのでしょうか……?



国税庁

税務行政に関する企画・立案。国税局・税務署の指導監督省庁です。


国税庁タックスアンサー

各種税金の仕組みや届出書、様式の説明、用語解説や各地の税務相談室の案内を記した国税庁サイト内のコーナーです。キーワード検索もできます。


内閣府

Topページの下部に、政府税制調査会のページへのリンクがあります。そこに掲載されている議事録などから、今後の税制改正の動向を知ることができます。


国税不服審判所

国税に関する法律に基づく処分に係る審査請求について裁決を行い、納税者の正当な権利利益の救済を図る機関です。ネット上で判例集が利用できます。



宮内会計事務所

吉祥寺にある税理士事務所。私の勤務先です。

(別サイト)

上記勤務先の、新規起業者向けの特別サイトです。



最新のトラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク
Ranking
QRコード
QR
管理者
  • 管理画面