三鷹駅南口 (武蔵野市、吉祥寺)、とある税理士事務所職員の日常
FC2ブログ

源泉税納付書の書き方

2019年04月11日  
国税庁ホームページJR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

いよいよ来月から元号が変わり、
新しい令和元年が始まりますが、
今回の改元を受けて税務では、
例えば源泉所得税の納付書について
どのように和暦を書くのかという話が
色々と言われていたりしました。

この件は、国税庁が既にホームページで
どのような取扱い・書き方にするべきかを
公開していますので、ここでも紹介します。

まずは、下の表をごらんください。



基本的に5月1日以降は「平成31年」ではなくて
「令和1年」という扱いになるのですけれども、
「年度」に関してだけは来年3月31日になるまで
「平成31年度」になるというようになっています。

ただ、これだけではピンと来ないでしょうから、
国税庁作成のリーフレットについても
以下にリンクを設定させていただきます。



画像をクリックしていただければPDF版の
リーフレットが別画面で立ち上がりますが、
こちらだと具体的な画像で説明されており、
かなり分かりやすいのではないかと思います。

カテゴリ : 税金・税法
テーマ : 税金 ジャンル : 政治・経済

「ハロ-・ワールド」

2019年04月08日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

現代社会に現実に存在する技術を題材に、
近い将来に実際に起こりそうな問題を描くことを
得意とするのが、藤井太洋という作家です。

今回紹介する「ハロー・ワールド」という作品は、
特段の専門を持たずに「なんでも屋」を自任する
IT系のエンジニアである主人公が友人達と
ネットの広告をブロックするアプリを開発したり、
新型ドローンの営業で訪れたタイのバンコクで
反政府デモに巻き込まれてしまったり、
行政からの干渉や盗聴を阻害する機能を持つ
Twitter の改良版を作ったりする話になります。

冒頭に書いたように本作で描かれるのは
明日にも実際に起きておかしくないことです。

そして、そのような事態から生じるであろう問題や、
描き出される未来像がなかなか刺激的であり、
考えさせられることも多い、面白い作品です。

これまでに読んできた作品もそうでしたけれど、
藤井太洋の書く作品というのは基本に、
情報系のテクノロジーの進歩であったり
人類の未来に対する信頼や希望がありますよね。

その辺りが私が藤井太洋を好きな理由の
最たるものだと言えるのかもかもしれません。

本作もそういう部分はしっかりと描かれていて、
扱われている事件は世界的規模なものであったり、
そこで主人公が置かれることになる境遇は
大変なものだったりするのですけれども、
やはりどこかに世界に対する信頼が感じられ、
読んでいても辛さのようなものはありません。

私のようにもとももと全くの文系人間であって
技術的な点で深い知識は無いような者でも、
ある程度の概略的な知識を持っていれば十分に
作中で何が起きて解決がなされて行っているのか
理解するのは難しくないので、そこはご安心を。

第40回吉川英治文学新人賞を獲得したのも
納得することができる、かなり面白い作品です。



カテゴリ : 読書
テーマ : 読んだ本の感想等 ジャンル : 小説・文学

新元号

2019年04月06日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

5月1日から使われることになる新しい元号が
「令和(れいわ)」であることが発表されて
5日が過ぎて、最初は若干の違和感のあった
「れいわ」という響きに多少馴染んできました。

ちなみに、令和をアルファベットで記載すると
「Reiwa」になるのか「Leiwa」になるのかと
いうことが元号発表後一部で話題になりました。

これについては、国の公式な文書は全て
ヘボン式のローマ字表記をすることに
決まっていることからローマ字での表記は
「Reiwa」となるということが明らかになっています。

だから、令和18年生まれは噂されたように
R18という表記をすることになるわけですね。

なお、令和を西暦に変換する際の簡単な方法は
「れいわ」を「018」と考えて、それに年を足す、
つまり、「令和1年」は「018+1=19」で2019年、
「令和2年」は「018+2=20」で2020年と
覚えると良いというのも話題になっていましたので、
既にご存知の方も多いとは思いますけれども、
一応、ここでもご紹介させていただきます。

カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

春のクラシックシーズン

2019年04月03日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

私の好きな自転車ロードレースの世界は
3月から4月にかけてのこの時期は毎年
1つのクライマクスを迎えることになります。

おそらく世の中に一番知られているレースは
7月に行われるツール・ド・フランスでしょうし、
あれが規模の点だけでなくあらゆる意味で
一番大きな大会であることは間違いありません。

しかしその一方で、この春先の時期も毎年
自転車ロードレースファンにとっては
見逃すことのできない重要な日々となっています。

その最初の大きなピークが先週開催された
ヘント~ウェヴェルヘムから始まって
週末7日のロンド・ファン・フラーンデレン
またの名をツール・ド・フランドルに続き、
再来週のパリ~ルーベまでの3レース、
いわゆる北のクラシック3連戦になります。

この辺りのレースの放映権は今現在のところ
スポーツのネット配信大手であるDAZNが
保有しているので、今年もそちら視聴予定。

有力どころの選手、チームはここに向けて
順調にコンディションを上げてきていますし、
今年も熱い戦いがバッチリ観戦できるだろうと
毎週末の中継が楽しみでなりません。

カテゴリ : 自転車レース
テーマ : 自転車ロードレース ジャンル : スポーツ

国立の夜桜

2019年04月01日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

ちょっと相談をしたいことなどもあったので
高校時代からの友人と久し振りに国立で会って
食事などをしてきたのですけれども、
特にそういう日を狙っていたわけではないものの
ちょうど駅前の大学通りの桜が満開でした。

下が、その写真です。

何のかんのいっても桜の花はやはり好きですし、
こういう夜桜の光景は痺れるくらいに美しいなと
思ってしまうのは日本人の血のなせることでしょうか。

しばし、友人と2人で見入ってしまいました。


カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

事務所のHPはこちらから
プロフィール

管理者:tap

武蔵野市吉祥寺にある税理士事務所、宮内会計事務所に勤める税理士の卵のブログです。
仕事やプライベートを通じて思ったことなどを綴っています。


[ tapのプロフへ ]
税法・会計etc. 過去ログ倉庫

過去に書いてきたエントリの内、税法や会計などに関する話題で特に大事だろうと思うものを抜粋して別途掲載している、部分的ミラーサイトのような別ブログです。

最近投稿した記事

  全タイトルを表示
月別アーカイブ
カレンダー
ブログ内検索
カテゴリ一覧
リンク

響金太郎のラジオブログ
「ジバ☆ラジ」

高校時代からの付き合いで、今は九州博多で演劇の夢を追う友人、響金太郎のブログ。
わざわざ言わなくてもそれくらい分かるよ、と言われるかもしれませんが、芸名です。
どこかで見かけたら、応援してあげてください。


私の尊敬する経営者の一人、㈱AGTの社長が書かれているブログです。
写真もふんだんに使われていますし、見て楽しく、読んで楽しいブログだと思います。
私も、いつかこんなジュエリーを誰かに贈る日が来るのでしょうか……?



国税庁

税務行政に関する企画・立案。国税局・税務署の指導監督省庁です。


国税庁タックスアンサー

各種税金の仕組みや届出書、様式の説明、用語解説や各地の税務相談室の案内を記した国税庁サイト内のコーナーです。キーワード検索もできます。


内閣府

Topページの下部に、政府税制調査会のページへのリンクがあります。そこに掲載されている議事録などから、今後の税制改正の動向を知ることができます。


国税不服審判所

国税に関する法律に基づく処分に係る審査請求について裁決を行い、納税者の正当な権利利益の救済を図る機関です。ネット上で判例集が利用できます。



宮内会計事務所

吉祥寺にある税理士事務所。私の勤務先です。

(別サイト)

上記勤務先の、新規起業者向けの特別サイトです。



最新のトラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク
Ranking
QRコード
QR
管理者
  • 管理画面