武蔵野市(三鷹市)吉祥寺、とある税理士事務所職員の日常

データ放送の天気予報

2017年03月19日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

外回りをすることも多い職業だからなのか、
いつ頃からか毎朝目覚めるとTVの電源を入れて
地デジのデータ放送で天気予報を開き、
天候と最高気温等を確認する習慣がついています。

もちろん天気予報が必ずしも当たるとは限りませんが
指標として考えれば十分な的中率だと思いますし、
例えば「今日は午後から雨が降るんだな」と
覚悟をしているのか、していないかは、いざ雨が
降り出した時にうろたえるかどうかの差になります。

それは、結構大きな違いですよね。

もっとも、私はモットーとして「転ばぬ先の杖」や
「備えあれば憂いなし」の徹底を心がけていて、
どんなに晴れていても、あるいは出かける前から
雨が降っていて普通に傘をさして外出する時でも、
常にカバンに折り畳み傘が一本しまわれています。

だから天気予報の確認を失念した日などで
急に想定外の雨が降り出してしまったとしても、
雨具に関しては特に困ったりしなかったりします。

さて、天気といえば、ここまでの冬がどうだったのか
統計的なデータが出てくるのはこれからでしょうから、
それはさておくとして、ここ数年、四季の移り変わりが
何だか微妙なことが続いているような気がします。

世界気象機関(WMO)が一昨年11月中旬に、
2016年は観測史上最も暑い年になるという
「可能性が非常に高い」と発表していましたっけ。

地球全体の平均気温の話なので地域格差はあるでしょうが、
具体的には産業革命前に比べると約1.2度の上昇のよう。

観測史上最も暑かった上位17年に今世紀に入ってからの
16年間は漏れなく入っているという話もあって、
WMO事務局長であるペッテリー・ターラス氏が
「1年ごとに記録更新だ」という声明を出していたわけですが、
さて、実際の数値は一体どうなっていたのでしょうか。

いわゆる地球温暖化が抑制できるかどうかは、
これも昨年秋に成立したパリ協定がこれから先
どれだけその実行力を発揮できるか次第ですが、
実際のところ、各国の利害が複雑に絡み合う
この問題を綺麗に解きほぐしてくれる最適解など
始めからこの世には無いのかもしれません。

せめて、全ての関係者がベストよりはベターを、
エゴイズムに捕らわれ過ぎずに時には
大きな目標の為に妥協をすることを重視してくれれば、
状況も少しはマシになるのではないだろうか。

そんなことを考えつつ、今朝もデータ放送をつけて、
私は今日の天気を呑気にチェックしているのでした。

カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

「波の手紙が響くとき」

2017年03月16日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

オーディオルームの設計やメンテナンスを
主要業務とする武佐音響研究所に持ち込まれる
様々な依頼を、天使の声帯を持つ所長の佐敷裕一郎、
口の悪い音響技術者の武藤富士伸、
雑用係の鍋島カリンという3人の所員が
音響的な知識や技術を駆使して解決して行く物語。

それが、オキシタケヒコの「波の手紙が響くとき」です。

本作は、短編・中編合わせて全4章からなっていて、
この内、第1章はSFというよりもミステリーという印象が強く、
なんでこれが「ハヤカワSFシリーズ Jコレクション」から
出ているのかと、正直、首をひねったりもしました。

しかし、その後、物語を読み進めて行くにつれ
分かったのですが、なる程、これが確かにSFです。

登場するキャラクターが多少ステレオタイプに見えるのが
いかにも気になって仕方がないところになりますし、
そのわりに今一つキャラ立てできてない部分もありますが、
概して、いい感じの関係が描かれていたと思います。

私は結構な音楽好きでコレクターですが、それだけに、
音楽が(更に言えば「音」が)人に及ぼす影響は感じてます。

実際、テンションを上げる為にはこういう音楽、
落ち着いた気分で疲れを抜くならこういう音楽といった、
自分にとって定番のミュージシャンや楽曲もあります。

ですので、本作後半に観られる展開は、
明らかなフィクションではありつつも
あながち無茶苦茶な展開でも無いなという、
一定のリアリティーを感じさせるようなものでした。

その辺がSF的であり、本作の面白かったところです。

音楽が人の感情に働きかけるモノが大であるならば、
「いずくんぞ〇〇に対してをや」ということですね。

なお、物語はこの1冊で一応の完結を見ているものの、
佐敷所長の実家関係のアレコレが片付いていない等、
これから先に続けられる要素も幾つかあるので、
まだまだこの設定で様々なエピソードを書いて
続巻も出してほしいなと個人的には感じました。

それが叶うかどうかは分かりませんけれども、
可能性はゼロでは無いと信じたいところです。

 波の手紙が響くとき
 (2015/5/22)
 オキシ タケヒコ
 商品詳細を見る


カテゴリ : 読書
テーマ : 読んだ本の感想等 ジャンル : 小説・文学

パリ~ニース 2017 の勝者は

2017年03月15日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

パリをスタートして南仏の保養地ニースを目指すことから
「太陽のレース」とも呼ばれているパリ~ニースが、
その全8日間の日程を終えてゴールしました。

1週間の日程に劇的な展開を詰め込めるだけ
詰め込んでみましたという印象があるのが
今年のパリ~ニースという感じであり、
連日の展開の激しさには興奮させられました。

特に最終ステージ。

総合優勝の座を巡って最終山頂の1つ前の山で
早目のアタックを決めたトレック・セガフレードの
アルベルト・コンタドールは31秒のタイム差を
逆転すべくそのまま全力の力走を見せました。

一方で前日終了の時点で総合1位だった
チームスカイのエナオ・モントーヤも
逃げて行くコンタドールとのタイム差を
何とか詰めようと必死に走っており、
結局、ステージ2位に入ったコンタドールとの
最終的な差はわずか2秒という僅差で
最終的な総合優勝をギリギリで守りました。

秒差での決着は、これまでこの競技を観てきて
過去に幾度かあったのですけれども、
それにしてもこれはドラマティックな結末。

実に、いいレースだったと思います。


公式サイトはこちらから

カテゴリ : 自転車レース
テーマ : 自転車ロードレース ジャンル : スポーツ

今だけは、陽当たり良好

2017年03月13日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

確定申告業務もそろそろ終わろうかというところで、
この1ヶ月のあまりの慌ただしさや忙しさは
今はまだ振り返りたくもないくらいだったりしますが、
日々春に近付いている気候に関しては、
スギ花粉の存在を除けば、実に気持ちのいいものです。

宮内会計事務所が入っているビルの南側は
ちょっと前まで家が建っていたのですけれども、
今は新たにマンションを建てる計画の元に
すっかり取り壊されて更地になっています。

連日書類をにらみつつパソコンに向かって
一心不乱に仕事をしている中での解体工事は、
なかなか五月蠅くて仕方が無かったのですが、
それはさておき、写真のようになっている現在は
事務所の陽当たりがかなり良好になっています。

ただし、それは新しいビルができるまでのこと。

それに、これからいよいよ基礎の工事が始まると、
騒音だけでなくて振動も発生してくるでしょうから
それはなかなか大変なことになりそうです。

こちら側から何かができることでも無いですから、
考えても仕方がないのですけれども、ね。


カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

THE MOODY BLUES

2017年03月12日  
吉祥寺(武蔵野市、三鷹市)の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

THE MOODY BLUES が1969年リリースした
4thアルバムから1972年リリースの8thアルバムまでを
簡易型紙ジャケット版でBOXセットにしたものを購入。

ここに納められたアルバムそれぞれの邦題は、
順に『夢幻』、『子供たちの子供たちの子供たちへ』、
『クエスチョン・オブ・バランス』、『童夢』、
『セヴンス・ソジャーン』となっています。

この頃の、特にプログレ関係洋楽の邦題は
かなりイマジネーション豊かなものが付されていて、
「突拍子もない」と言いたくなることも多いですけれど、
そこから考えるとこれ等については
どちらかと言えばかなり素直な方に思えます。

こういう前振りをしたことからお分かりでしょうが
彼等の音楽は基本的にプログレッシブロックで、
ただ、激しさがあるようなものではなくて、
どちらかというと静かに燃え上がる炎という感じ。

発表年が発表年だけに、今の時代の耳で聴いた時に
古臭いと感じないかどうかというのは多少あって、
さすがにサウンドの新しさ等は感じられません。

当然、デジタルで録音されたものではなく、
それでも音についてはリマスター作業が
施されているということなのですけれども、
クリアになりきれていないところもあります。

もとよりプログレ好きの要素もある私としては
こういうのは聴いていると落ち着くのですけれど、
そうではない、という人にはちょっと厳しいかも。

 5 Classic Albums
 (2015/12/4)
 THE MOODY BLUES
 商品詳細を見る

カテゴリ : ライブ・CD
テーマ : 音楽のある生活 ジャンル : 音楽

事務所のHPはこちらから
プロフィール

管理者:tap

武蔵野市吉祥寺にある税理士事務所、宮内会計事務所に勤める税理士の卵のブログです。
仕事やプライベートを通じて思ったことなどを綴っています。


[ tapのプロフへ ]
税法・会計etc. 過去ログ倉庫

過去に書いてきたエントリの内、税法や会計などに関する話題で特に大事だろうと思うものを抜粋して別途掲載している、部分的ミラーサイトのような別ブログです。

最近投稿した記事

  全タイトルを表示
月別アーカイブ
カレンダー
ブログ内検索
カテゴリ一覧
リンク

響金太郎のラジオブログ
「ジバ☆ラジ」

高校時代からの付き合いで、今は九州博多で演劇の夢を追う友人、響金太郎のブログ。
わざわざ言わなくてもそれくらい分かるよ、と言われるかもしれませんが、芸名です。
どこかで見かけたら、応援してあげてください。


私の尊敬する経営者の一人、㈱AGTの社長が書かれているブログです。
写真もふんだんに使われていますし、見て楽しく、読んで楽しいブログだと思います。
私も、いつかこんなジュエリーを誰かに贈る日が来るのでしょうか……?



国税庁

税務行政に関する企画・立案。国税局・税務署の指導監督省庁です。


国税庁タックスアンサー

各種税金の仕組みや届出書、様式の説明、用語解説や各地の税務相談室の案内を記した国税庁サイト内のコーナーです。キーワード検索もできます。


内閣府

Topページの下部に、政府税制調査会のページへのリンクがあります。そこに掲載されている議事録などから、今後の税制改正の動向を知ることができます。


国税不服審判所

国税に関する法律に基づく処分に係る審査請求について裁決を行い、納税者の正当な権利利益の救済を図る機関です。ネット上で判例集が利用できます。



宮内会計事務所

吉祥寺にある税理士事務所。私の勤務先です。

(別サイト)

上記勤務先の、新規起業者向けの特別サイトです。



最新のトラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク
Ranking
QRコード
QR
管理者
  • 管理画面