三鷹駅南口 (武蔵野市、吉祥寺)、とある税理士事務所職員の日常
FC2ブログ

神楽坂で馬肉

2019年08月08日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

結構前のことになるのですけれども、
いつも誘ってくださる先生主催の飲み会で
神楽坂(正確にはその隣の軽子坂ですが)の
ゆうゆう という店で馬肉料理を食べてきました。

この店は別に馬肉専門店ではないのですが、
昔から馴染みだという人が予約を入れてくれて
特別に馬肉尽くしのコースとなっていた、
その最初に出てきた馬刺しと最後に出てきた
桜鍋を写したものが下の写真になります。

もちろん、これだけ特盛な量になっているのは
特別コースの予約であったことに加えて
それなりの大人数で行ったからになります。

馬肉は例えばいくつかの居酒屋などで
過去に食べたことがありましたけれど、
今回の ゆうゆう で食べた馬肉料理は
これまでのどんなものより美味しかったです。

馬肉に対する認識を改めなければならないだろう。

そんなことを考えたなと、2~3日前に
吉田うどんを食べて思い出した次第です。



カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

「シンフォニア・タプカーラ」と「新世界より」

2019年08月06日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

3つ年上の兄が「多分、これ好きだと思う」と
私に貸してくれたCDがあるのですけれども、
それが彼の狙い通りにツボにハマったのが
何となく悔しかったり有難かったりします。

伊福部昭の「シンフォニア・タプカーラ」がそれ。

1954年に作曲され、その後1979年になって
作曲者自身の手によって改訂されたという
全3楽章からなる交響曲になるのですけれど、
伊福部昭の音楽はこういうものである、
という私のイメージそのものの楽曲でした。

日本的なもの、土着的なものを取り込んで
力溢れるオーケストラ作品に仕上げている。

これは、いいものを教えてもらいました。

なお、その際に借りた3枚のCDのうちの
1枚にはドヴォルザークの交響曲第9番、
「新世界より」の演奏も収録されていました。

「新世界より」はクラシックの中から特に好きな
楽曲のベスト10を選べともしも言われたならば
間違いなく上位に挙げられる楽曲であり、
全4楽章のどの部分についても「捨て」がない、
まさに完璧な曲であると個人的には思ってます。

なぜ「シンfニア・タプカーラ」と「新世界より」を
同時収録することにしたのかと最初は少しだけ
頭を捻ったのですがブックレットの解説を読んで
その疑問はすっかり氷解することとなりました。

なる程、そういうことであればこの2つの曲には
確かに共通項があると言うことができそうです。



カテゴリ : ライブ・CD
テーマ : 音楽のある生活 ジャンル : 音楽

東京都も自転車保険を義務化へ

2019年08月03日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

健康志向の高まりや自転車ロードレースを
題材にした小説やマンガが多く出版されて
認知度が高まってきたりしたこともあり、
町中でロードレーサーを見ることも増えました。

それだけが原因でもないとは思いますが、
一般の人が運転するロードレーサーが
増えたのと時期を同じくするように、
自転車が歩行者と接触して起きた事故の
報道も増えてきたように感じています。

このブログでも過去に何回か書いてますが、
中には死亡事故にまでなってしまって
多額の賠償金が発生したこともあります。

もちろん事故を起こし相手に怪我をさせたり
あまつさえ命を奪ったりしてしまうことが、
避けるべき事態なことは間違いないですが、
事故の被害者の側にとっては加害者側の
保険契約の有無も気になるところですよね。

東京都の調査だと保険の加入率は53.5%。

多いとみるか少ないとみるかは受け止める人
それぞれの考え方になりますけれども、
重大事故にあった時に相手が無保険という
可能性が約半分ということになるわけです。

被害者救済の為に自転車でも任意保険の
加入を義務付ける自治体も増えていますが、
先日のニュースで見たのですけれども、
東京都も損保契約の加入を義務付けるべく
9月の都議会に条例改正案を出すそうです。

8月2日からパブリックコメントの受付を
するということも書かれていましたから、
昨日から開始されていることになりますね。

カテゴリ : ニュース
テーマ : 気になったニュース ジャンル : ニュース

ツール・ド・フランス2019 の勝者は

2019年08月01日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

2019年のツール・ド・フランスが終わりました。

毎年のように色々なことが起きるのというのが
ツールという大会ですが、今回も同じでした。

レースの最終盤まで総合首位をキープしたのは
ドゥクーニンク・クイックステップのフランス人エース、
ジュリアン・アラフィリップだったのですけれども、
彼は今年は春先から絶好調で、そのままの勢いで
今年のツールに乗り込んできていました。

昨年と同じように山岳賞を狙っていくのか、
それとも複数のステージ優勝を狙っていくのか、
そんな感じなんだろなと思っていたのですけれど、
想定通りに第3ステージでステージ優勝を獲得して
ボーナスのようにマイヨ・ジョーヌを着用できたことが、
彼とチームの今年のツールを大きく変えました。

つまり、その後もシーズン開始以来の好調さを維持し
ライバル達の攻撃を交わして総合順位を守る
ということをアラフィリップが見事に達成し続けて、
チームもそれを積極的にアシストしていったのです。

そしてアラフィリップもそのチームの動きに応え、
実力の限界を押し上げる走りを見せてくれました。

具体的には、第19ステージまで。

第19ステージと第20ステージはアルプス山脈での
山岳ステージでライマーではないアラフィリップには
もともと荷が重いステージだったのですけれども、
ライバルに置いていかれたのを得意のダウンヒルで
何とか挽回しようとしたところで、アルプスを襲った
時ならぬ集中豪雪(雹)によりステージが途中終了。

続く第20ステージもコースが大幅に短縮されました。

このこともあって、総合優勝は第19ステージで
集団からアタックをかけて一気に抜け出していた
チーム・イネオスの若きコロンビア人ライダー、
エガン・ベルナルが獲得することになりました。

コロンビア人がツール・ド・フランスを制したのは
これが初めてということで母国から大挙して
フランスに来た応援団も大喜びでした。

3週間、全21ステージの勝負。

終わってみれば、あっという間だった気もしますが、
ここ数年で一番面白いツールだったと思います。


公式サイトはこちらから

カテゴリ : 自転車レース
テーマ : 自転車ロードレース ジャンル : スポーツ

「三体」

2019年07月29日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

6月の発売以来、静かに流行しているらしい
中国SFの世界的傑作との評価も高い、
劉慈欣の「三体」をようやく読みました。

発売前に重版だとか、発売一週間で10刷超えとか、
各書店においても特設コーナーができているとか、
出版各社の文芸担当がいかにして「三体」ブームに
乗っかろうかとしているとか、色々言われている本作。

バラク・オバマ前アメリカ大統領が絶賛したり、
マーク・ザッカーバーグやジェームズ・キャメロンも
唸ったという「三体」の粗筋は、次のようなものです。

物理学者の父を文化大革命で惨殺され、人類に絶望した中国人エリート女性科学者・葉文潔(イエ・ウェンジエ)。失意の日々を過ごす彼女は、ある日、巨大パラボラアンテナを備える謎めいた軍事基地にスカウトされる。そこでは、人類の運命を左右するかもしれないプロジェクトが、極秘裏に進行していた。数十年後。ナノテク素材の研究者・汪淼(ワン・ミャオ)は、ある会議に招集され、世界的な科学者が次々に自殺している事実を告げられる。その陰に見え隠れする学術団体〈科学フロンティア〉への潜入を引き受けた彼を、科学的にありえない怪現象〈ゴースト・カウントダウン〉が襲う。そして汪淼が入り込む、三つの太陽を持つ異星を舞台にしたVRゲーム『三体』の驚くべき真実とは?


前情報からハードなSF作品であるということで、
ちょっと覚悟をして本作を読み始めたところ、
いきなり文化大革命期の知識人迫害の容赦ない
描写から幕が上がったのでちょっとびっくりしました。

しかし本作においては、この文化大革命において
登場人物の1人が体験することになる出来事が
重要な意味を持つことが後から分かってきます。

今回の「三体」は全3部作の1作目なのですが、
物語としてはまだまだ導入部というところであり、
内容的にもボリューム的にも第2部・第3部と
進むにつれてグレードアップをしていくらしいです。

今回だけでもストーリーはかなり面白いので、
これがここから先にどのようになるのか、
かなり先が楽しみになってくる1刷でした。



カテゴリ : 読書
テーマ : 読んだ本の感想等 ジャンル : 小説・文学

事務所のHPはこちらから
プロフィール

管理者:tap

武蔵野市吉祥寺にある税理士事務所、宮内会計事務所に勤める税理士の卵のブログです。
仕事やプライベートを通じて思ったことなどを綴っています。


[ tapのプロフへ ]
税法・会計etc. 過去ログ倉庫

過去に書いてきたエントリの内、税法や会計などに関する話題で特に大事だろうと思うものを抜粋して別途掲載している、部分的ミラーサイトのような別ブログです。

最近投稿した記事

  全タイトルを表示
月別アーカイブ
カレンダー
ブログ内検索
カテゴリ一覧
リンク

響金太郎のラジオブログ
「ジバ☆ラジ」

高校時代からの付き合いで、今は九州博多で演劇の夢を追う友人、響金太郎のブログ。
わざわざ言わなくてもそれくらい分かるよ、と言われるかもしれませんが、芸名です。
どこかで見かけたら、応援してあげてください。


私の尊敬する経営者の一人、㈱AGTの社長が書かれているブログです。
写真もふんだんに使われていますし、見て楽しく、読んで楽しいブログだと思います。
私も、いつかこんなジュエリーを誰かに贈る日が来るのでしょうか……?



国税庁

税務行政に関する企画・立案。国税局・税務署の指導監督省庁です。


国税庁タックスアンサー

各種税金の仕組みや届出書、様式の説明、用語解説や各地の税務相談室の案内を記した国税庁サイト内のコーナーです。キーワード検索もできます。


内閣府

Topページの下部に、政府税制調査会のページへのリンクがあります。そこに掲載されている議事録などから、今後の税制改正の動向を知ることができます。


国税不服審判所

国税に関する法律に基づく処分に係る審査請求について裁決を行い、納税者の正当な権利利益の救済を図る機関です。ネット上で判例集が利用できます。



宮内会計事務所

吉祥寺にある税理士事務所。私の勤務先です。

(別サイト)

上記勤務先の、新規起業者向けの特別サイトです。



最新のトラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク
Ranking
QRコード
QR
管理者
  • 管理画面