三鷹駅南口 (武蔵野市、吉祥寺)、とある税理士事務所職員の日常

2018年、ドーフィネの勝者は

2018年06月14日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

ツール・ド・フランスの前哨戦の1つである
クリテリウム・ドゥ・ドーフィネが先日、
1週間の全日程を終了いたしました。

今年のドーフィネをひとことで言い表したら、
チームスカイはやはり強かったなあ、
ということになってしまうのではないか、
そんな風に思わず考えてしまうくらいに
チームスカイの強さが目立った大会でした。

もちろんそれ以外のチーム、それ以外の選手も
いい走りを連日見せてくれていたことには
疑いは無く、非常にいいレースだったということが
その点から強く言う事ができるのですけれど、
それを差引いてなお、ここでチームスカイが見せた
強さは相当に圧倒的であったということです。

7月のツール・ド・フランスにおいてエースの
クリス・フルームをサポートするアシストや、
彼に何かあった時のサブエースとなる選手は、
今大会出場者から多く選ばれるという
可能性も高いのかもしれませんね。

総合優勝したスカイのゲラント・トーマスは
最後に登坂に少し不安も見せました。

が、3週間開催されるツール・ド・フランスと
1週間のドーフィネとでは自ずと違うので、
ここでの状況だけで判断しては駄目でしょう。

特に、フルームには5月のジロの疲れも
まだ残っていることが想像されるだけに、
ここで結果を見せたゲラント・トーマスには
7月にいい走りをしてくれることが期待されます。

スカイとフルーム(とトーマス)に対抗する
ライバル達が当日までにどこまで仕上げてくるか、
ツールの開催がますます楽しみになってきました。


公式サイトはこちらから

カテゴリ : 自転車レース
テーマ : 自転車ロードレース ジャンル : スポーツ

「トッカン 徴収ロワイヤル」

2018年06月12日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

税務署勤務の特別徴収官付徴収官を主人公にした
シリーズ4作目となる「トッカン 徴収ロワイヤル」は、
実に6年振りに近いスパンが開いて発売された新作。

今回の帯には「<トッカン>シリーズ初の短篇集!」
との文句が踊っていて、内容的にもそんな感じです。

「税金滞納者に日々納税指導を行なう、国の取り立て屋・国税徴収官は、必要不可欠だけれど、一般には好かれにくい、厳し~い職業である。なかでも、とくに悪質な案件を扱うのが、特別国税徴収官(略してトッカン)だ。情け容赦のない取り立てで「京橋中央署の死に神」と怖れられるトッカン鏡の下、若手徴収官ぐー子が挑むのは、税金とその奥にひそむ人生の難問の数々――飲食店の巧妙に隠された滞納金捜しや、相続税が払えない老婦人の救済と公売ハウツー、税大研修での鬼畜ゼミ発表会や、ブランド品密売人を追っての対馬出張大捕物など……鬼上司・鏡によって磨かれたぐー子の徴収スキルが炸裂するとき、待ち受ける意外なラストとは? バラエティ豊かな徴収官たちの仕事ぶりを、鏡とぐー子がお伝えします。お金の勉強になりつつ、明日への希望が溢れてくる、No.1税金ミステリ『トッカン』シリーズ初の短篇集。全6篇収録。」


というのが公式の粗筋となっているのですが、
6篇のうち2つはかなり短めのものになっているので、
実質的には「全4篇+ショートエピソード×2」
というくらいが正確なのではないかなと思います。

ただし、そのことと、作品の面白さとは別の問題。

個人的に今回は、税務大学校での研修エピソードが、
若手国税職員にとってあるある的なアレコレが
ユーモアをまじえて描かれていて楽しめました。

実態が真実この通りなのかそれとも違うのかは
私は国税職員だったことがないので分かりませんが、
そこはきちんと取材をして書いているのでしょうし、
その上で作者による脚色が加えられているとしても
エンターテインメントである以上、そこそこのアレンジは
あって当たり前とも言えるので、問題はないでしょう。

久し振りの「トッカン」シリーズ新刊となりましたが、
ページを捲りだしてみると、やはりこの作品は面白い。

今回は全体的にぐー子の物語としての色味が
今まで以上に強くて鏡特官の出番が少なかったので、
次回作では鏡無双を存分に楽しませてほしいものです。



カテゴリ : 読書
テーマ : 読んだ本の感想等 ジャンル : 小説・文学

ガス欠

2018年06月10日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

何らかの「やらなければいけないと」だったり
「やりたいこと」を抱えているのが常になっていて、
仕事が終わって帰宅した後の深夜や休日とか、
そういったゆっくりとくつろげばいいような時間でも
それ等の「己に課している任務的なもの」を
やっているのが通常運転となってしまっています。

そのように絶えず何かしらをやっている私でも、
たまに、何もやる気がしなくなってしまう日、
どうにもダルくて仕方ない日というのがあります。

無気力はいけないという考えは根底にあれど、
どうしても気力の出ない日はあるわけで、
場合によってはマンガを読む気もおきないような、
完全な虚脱状態になったりもするわけです。

そういう時には下手にあがいても仕方が無いので
何も考えないで済むバラエティー番組でもつけて、
それを漠然と眺め時間を過ごしたりもします。

だったらいっそ寝てしまえばいいのではないか
という指摘ももっともではあるのでしょうけれども、
中途半端な時間に睡眠をとってしまうと、
夜になって、眠らなければいけないが眠れない
という、それはそれで困った事態に陥ってしまいます。

それも避けたいですよね。

だから勢い、ただただ呆ける時間を過ごしてしまい、
ただし一人で呆けているだけというのも寂しいから
その隙間を埋める為にバラエティー番組を活用する
という流れになるというわけなのです。

望まずしてそんな時間を送ってしまった翌日の
「1日を無駄にした」脱力感といったらありません。

体力や気力が回復すれば、御の字なのですが……

カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

「MTV UNPLUGGED SUMMER SOLSTICE」

2018年06月08日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

A-ha が行った MTV でのアンプラグドライブを
収録した2枚組のライブ盤になるのが、
「MTV UNPLUGGED SUMMER SOLSTICE」です。

この商品は幾つかのバージョンがあるのですが
私が買ったのは DVD や Blu-ray 等の
映像ソフトがついていない CD2枚 だけという
一番シンプルなパッケージになります。

A-ha がこのようなライブ盤を出したことを知って
まず最初に私がほとんど直感的に感じたのは、
なる程、A-ha というグループがアンプラグドな
アコースティックライブをやるというのは、
そのサウンドに合っていて大いにアリだなということ。

実際このCDを聴いてみると分かるのですけれども、
もともと彼らの楽曲が持っていた透明性とか
メロディアスな部分といったものがこのライブでの
アコースティックなアレンジに実にはまっています。

なかなかに優れたライブ盤だと言っていいでしょう。

アンプラグドなライブ盤ということで考えると、
個人的な最高傑作は Howard Jones であり、
A-ha はそこまでは惜しくも届いていないかな
とは感じましたけれど、なかなかのお薦め盤です。

ECHO & THE BUNNYMEN のフロントマン
Ian Mcculloch がゲスト参加して演奏された
彼等の名曲「THE KILLING MOON」があるのも、
何気にポイントが高いなと感じられますし、
この内容でこの値段はお買い得だと思います。


カテゴリ : ライブ・CD
テーマ : 音楽のある生活 ジャンル : 音楽

連れ子の養子縁組と相続権

2018年06月06日  
国税庁ホームページJR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

相続税に関するエントリを前回
書いてから、気が付いて見たならば
随分と日数が開いてしまいました。

ちなみに、相続税関係の話題だと、ここ何回かは
相続税や贈与税の課税価額を構成する
財産の評価方法の話ばかりをしていました。

資産税関係の説明をさせていただくに際し、
その資産がどのような財産評価を受けるのかは、
相続発生後の財産分割協議のみならず
納付税額の計算上も大切なことですから。

そんな中、お久し振りの相続税話となる今回は
財産評価ではなく、相続人の判定に係る話です。

以前に「「相続」と「遺贈」」と題して
基本的なことは既に書いているのですが、
改めてここで説明させていただくと、
法定相続人は「配偶者」と「血族相続人」の
2種類からなり、さらに「血族相続人」は
「子」「父母や祖父母など」「兄弟姉妹」という
3つの段階に区分することができます。

「子」がいなければ「父母や祖父母」、
それもいなければ「兄弟姉妹」というように
相続人となる者は変わっていくのですが、
「子」については注意すべき点があります。

それが、結婚した相手に既に子供がいた場合、
いわゆる連れ子がいるというケースになります。

相続権の有無では血縁が重視されますので、
結婚の結果として家族になったとしても、
血の繋がりが存在しない連れ子には
どんなに実の親子のように仲良くなっても
残念ながら相続権は発生しないのです。

つまり、何もしないままだと自分が死んだ後に
自分の財産を譲り渡していくことができません。

そのような事態になってしまうことを回避したい、
配偶者の連れ子にも自分の財産を相続して
引き継いでいってもらいたい、と考えるなら、
採るべき手段は1つ、養子縁組です。

ちなみに養子には2種類がありますが、これは、
特別養子縁組でなくて普通養子縁組でOKです。

そうすれば連れ子との間に法的な血縁ができて
自分に何かがあった時に財産を承継できる
相続人に連れ子がなることができるのです。

なお養子については、この日に書いたように
幾つかの制限があるので、注意が必要です。

カテゴリ : 税金・税法
テーマ : 税金 ジャンル : 政治・経済

事務所のHPはこちらから
プロフィール

管理者:tap

武蔵野市吉祥寺にある税理士事務所、宮内会計事務所に勤める税理士の卵のブログです。
仕事やプライベートを通じて思ったことなどを綴っています。


[ tapのプロフへ ]
税法・会計etc. 過去ログ倉庫

過去に書いてきたエントリの内、税法や会計などに関する話題で特に大事だろうと思うものを抜粋して別途掲載している、部分的ミラーサイトのような別ブログです。

最近投稿した記事

  全タイトルを表示
月別アーカイブ
カレンダー
ブログ内検索
カテゴリ一覧
リンク

響金太郎のラジオブログ
「ジバ☆ラジ」

高校時代からの付き合いで、今は九州博多で演劇の夢を追う友人、響金太郎のブログ。
わざわざ言わなくてもそれくらい分かるよ、と言われるかもしれませんが、芸名です。
どこかで見かけたら、応援してあげてください。


私の尊敬する経営者の一人、㈱AGTの社長が書かれているブログです。
写真もふんだんに使われていますし、見て楽しく、読んで楽しいブログだと思います。
私も、いつかこんなジュエリーを誰かに贈る日が来るのでしょうか……?



国税庁

税務行政に関する企画・立案。国税局・税務署の指導監督省庁です。


国税庁タックスアンサー

各種税金の仕組みや届出書、様式の説明、用語解説や各地の税務相談室の案内を記した国税庁サイト内のコーナーです。キーワード検索もできます。


内閣府

Topページの下部に、政府税制調査会のページへのリンクがあります。そこに掲載されている議事録などから、今後の税制改正の動向を知ることができます。


国税不服審判所

国税に関する法律に基づく処分に係る審査請求について裁決を行い、納税者の正当な権利利益の救済を図る機関です。ネット上で判例集が利用できます。



宮内会計事務所

吉祥寺にある税理士事務所。私の勤務先です。

(別サイト)

上記勤務先の、新規起業者向けの特別サイトです。



最新のトラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク
Ranking
QRコード
QR
管理者
  • 管理画面