三鷹駅南口 (武蔵野市、吉祥寺)、とある税理士事務所職員の日常

クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ 2018

2018年06月04日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

自転車ロードレースの年間スケジュールで
間違いなく最大の大会といえばやはり、
7月に行われるツール・ドフランスです。

そのツールの前哨戦として知られるレースは
幾つかあるのですけれども、その中の1つが、
フランスの南東部のドーフィネ地方開催の
1週間のクリテリウム・ドゥ・ドーフィネです。

ここで使われるコースがそのままツールでも、
というようなことがあるわけではないのですが、
同じフランス開催で、主催者も同じASOだから
他のレースではなくてこのドーフィネに出て
最終調整をしようという選手も多いです。

所属しているバーレーンメリダのエース、
ヴィンツェンツォ・ニーバリのアシストとして
新城幸也が出場しているのですけれど、
ということは、彼はツールにも……?

ツールの優勝候補である選手たちが今現在
どのようなコンディションになっているのか
ということの確認という意味もありますし、
純粋にこのレースでの優勝を目指す選手が
どのような走りを見せてくれるのかという
楽しみ方もできるというのが、ドーフィネです。


公式サイトはこちらから

カテゴリ : 自転車レース
テーマ : 自転車ロードレース ジャンル : スポーツ

「機巧のイヴ」

2018年06月02日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

昨年秋に本屋の文庫新刊コーナーで見かけ
ちょっと興味を惹かれて購入しておいたのが、
江戸時代後期辺りがモデルと思われる架空世界を
舞台にした時代小説風SFの「機巧のイヴ」。

内容的には、機械人形、オートメイルには
心が宿るのか、ということを描いた作品になります。

SFとしては非常にオーソドックスな題材ですね。

巻末の解説で大森望も書いていますが、
こういう話ならばいわゆるスチームパンクな
世界観にしてきそうなところを本作はあくまで、
江戸時代の風俗や技術に即した描き方を
しているところが大きなポイントとないます。

その中で人と比べて違和感のない動作や表情、
そして会話を繰り広げられる伊武の異質さが
際立ってくることになっていくのですけれども……

作中には、何故そのような時代にそぐわない技術が
そこにあったのかについての言及はありません。

こういう場合の常套として何者かがその技術を与えた、
宇宙からの来訪者か未来からの使者かというような
そういうお約束を踏襲しているネタが隠れているのか、
あるいはそれ以外のことが構想されているのか、
正解は現時点で明らかにされていないのです。

その辺は続編を読んでから判断、でしょうか。



カテゴリ : 読書
テーマ : 読んだ本の感想等 ジャンル : 小説・文学

ジロ・デ・イタリア2018の勝者は

2018年05月30日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

2018年のジロ・デ・イタリアが、先週末に終了しました。

今年のジロをもしも一言で表現しようとするならば、
やはり「奇跡の大逆転」ということに尽きるでしょう。

正直なところ、こういうスポーツの結果などについて
安易に「奇跡の」というフレーズを使ってしまうのは
あまり好きではないのですが、しかし、それにしても、
今年のジロは「奇跡の」と言わざるを得なかったです。

それくらいに凄い大逆転劇でした。

第19ステージは今大会の最高峰(チマ・コッピ)を含む
厳しい山岳山頂ゴールステージだったのですけれど、
ここの中盤移行に連続する登坂の最初、
山頂付近に無舗装区間を含むフィネストレ峠で、
総合首位のサイモン・イェ-ツが集団から遅れだします。

それを受けて活性化した中から、なんと3分程度の差で
総合4位につけるリストファ・フルームが単独アタック。

フルームまでは比較的大きなタイム差があること、
残り距離がまだ80キロ以上残っていること、
フルームただ独りのアタックであること等から、
集団はこれを一旦見送ることを選択しました。

残ったメンバーが協調して徐々にタイム差を縮め
どこかでフルームを捕まえようという判断であり、
通常であれば、それで全く問題はありません。

ところが、今回は通常通りには行かなかった。

協力して先頭交替をするべき総合上位の選手の中に
ヤングライダー賞を争っている2人がいたこと、
その2人は総合5位であるティボー・ピノとのタイム差も
逆転可能なレベルだったこと等の思惑が絡んだりして、
フルームを追う追走の動きが噛み合わなかったのです。

そうこうしている内にフルームの逃げはさながら
長距離山岳個人タイムトライアルの様相を呈し、
その走りはタレるどころか、ますます鋭さを増し、
集団とのタイム差をどんどん広げて行きます。

結局フルームは2位に3分以上の差をつけて
第19ステージでステージ優勝を飾りました。

80キロの大逃げを成功させた結果、
2位のドゥムランに40秒という差を得て
総合首位の座に一気に躍り出たのです。

フルームは続く第20ステージも無事に走り切り、
最終日のローマに表彰台の真ん中に立つと、
総合優勝の証であるピンクのジャージ、
マリア・ロ-ザを誇らしげに着用しました。

3大ツールはとかくドラマを生みがちなのですが、
それにしても今年のジロは凄く劇的でした。

こういうレースは、そうそう見られません。


公式サイトはこちらから

カテゴリ : 自転車レース
テーマ : 自転車ロードレース ジャンル : スポーツ

ホーム番号

2018年05月28日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

この間、駅で電車を待っていてふと思ったのですが、
そういえば、ホームに付いているホーム番号って、
どのようなルールに則っているものなのでしょうか。

そこで、早速ネットで調べてみたのですけれども、
どうやらJRでは、駅長室に近いホームから順番に
ナンバリングがされているといことのようであり、
一方、私鉄はそれぞれの基準がある模様でした。

そういえば、以前に行った京都ではJRの構内で
0番線と30番線が隣り合わせのようにありましたが、
あれはどういうことになるのかなと思いつつ、
なる程、そういうものか、と頷いていたのですが、
確か京都は33番線まであったはずなので、
日本で一番ホームが多いのはどの駅なのか
ということも気になってきてしまいました。

そこでこちらも調べた結果、JRと私鉄を全て含めれば
1日の乗降客数世界一を誇る新宿駅が36本で最多、
JRだけならば東京駅が28本で最多になるそうです。

ならば京都駅で見た33番線はどういうことかというと、
実は、あそこは1番線と15~29番線までが欠番であって、
JRのみで19本、近鉄や地下鉄を含めても25本と、
さすがに新宿や東京には太刀打ちできないようです。

こういう、ホーム番号の欠番というのは実際のところ
そんなに珍しいことというわけではないらしく、
実は東京駅も11~13番線が抜けているのだそう。

線路は敷設されているけれどもホームが無い場合とか、
欠番には色々と理由があるようなのですけれど、
京都駅の例は山陰本線(“3”いんほんせん)だから
30番台という付け方をしたからということらしいですね。

それが悪いとは言いませんが……まさかの駄洒落ですか。


カテゴリ : 日記
テーマ : 日記 ジャンル : 日記

「EXITENTIALIST A XIE XIE」

2018年05月26日  
JR中央線三鷹駅、吉祥寺の税理士事務所、
宮内会計事務所に勤める税理士の卵です。

私の好きなグループの1つ moonriders の
リードギターでありフロントマンである鈴木慶一と
元 YMO のドラマー高橋幸宏が1981年に結成し、
不定期に活動をしているユニット THE BEATNIKS の
実に7年ぶりとなるニューアルバムを購入しました。

これが通算5枚目のオリジナルアルバムになります。

ちょっと記憶に曖昧なところもあるものの、
前々作の時だったか、どこかの雑誌のインタビューで、
彼等が世間に対して何らかの怒りを覚えた時が
THE BEATNIKS の活動をする時だというようなことを
2人が語っていた覚えがあるのですけれども、
では、今回はどんな怒りが製作動機となったのか。

まあ、それを追求する気は全く無いのですけれども、
ちょっとそんなことも思ったのでここに書いておきます。

THE BEATNIKS のアルバムはそれぞれがそれぞれに
味が異なっているのですが、一聴した限りでは、
今回のものはかなりポップにしてきたなと感じました。

2nd の「EXITENTIALIST A GO GO ビートで行こう」ほど
底抜けの明るさがあるというわけではないのですけれども、
正直、2人の年齢その他を考えればもう少しどっしりした
サウンドで来るのではないかなと思っていたので、
拍子抜けしたところもあり、嬉しい誤算だと思ったところもあり。

ただ、ポップであると感じられるアルバムだからといっても、
いかにも鈴木慶一と高橋幸宏の作った音楽だなと
思わせるようなクセのある内容になっていますから、
誰しもに勧められるタイプにはなっていないかもしれません。

その分、2人のどちらか、あるいは両方のファンだ、
というような人にはとことん楽しめる1枚になっている
と言っていいのではないだろうかと思っています。

何気に高い完成度のなかなかの傑作です。



カテゴリ : ライブ・CD
テーマ : 音楽のある生活 ジャンル : 音楽

事務所のHPはこちらから
プロフィール

管理者:tap

武蔵野市吉祥寺にある税理士事務所、宮内会計事務所に勤める税理士の卵のブログです。
仕事やプライベートを通じて思ったことなどを綴っています。


[ tapのプロフへ ]
税法・会計etc. 過去ログ倉庫

過去に書いてきたエントリの内、税法や会計などに関する話題で特に大事だろうと思うものを抜粋して別途掲載している、部分的ミラーサイトのような別ブログです。

最近投稿した記事

  全タイトルを表示
月別アーカイブ
カレンダー
ブログ内検索
カテゴリ一覧
リンク

響金太郎のラジオブログ
「ジバ☆ラジ」

高校時代からの付き合いで、今は九州博多で演劇の夢を追う友人、響金太郎のブログ。
わざわざ言わなくてもそれくらい分かるよ、と言われるかもしれませんが、芸名です。
どこかで見かけたら、応援してあげてください。


私の尊敬する経営者の一人、㈱AGTの社長が書かれているブログです。
写真もふんだんに使われていますし、見て楽しく、読んで楽しいブログだと思います。
私も、いつかこんなジュエリーを誰かに贈る日が来るのでしょうか……?



国税庁

税務行政に関する企画・立案。国税局・税務署の指導監督省庁です。


国税庁タックスアンサー

各種税金の仕組みや届出書、様式の説明、用語解説や各地の税務相談室の案内を記した国税庁サイト内のコーナーです。キーワード検索もできます。


内閣府

Topページの下部に、政府税制調査会のページへのリンクがあります。そこに掲載されている議事録などから、今後の税制改正の動向を知ることができます。


国税不服審判所

国税に関する法律に基づく処分に係る審査請求について裁決を行い、納税者の正当な権利利益の救済を図る機関です。ネット上で判例集が利用できます。



宮内会計事務所

吉祥寺にある税理士事務所。私の勤務先です。

(別サイト)

上記勤務先の、新規起業者向けの特別サイトです。



最新のトラックバック
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク
Ranking
QRコード
QR
管理者
  • 管理画面